警察官の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

警察官の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

警察官専門学校比較!評判&口コミの人気警察官予備校おすすめランキングの大発表です。大手スクール講座が密集している地域として挙げられるのは北海道の札幌市、宮城県の仙台市、そして首都圏である千葉、埼玉、東京(渋谷、新宿、池袋)、東海地方では愛知県の名古屋市、静岡県の浜松市、近畿・関西地方についてはやはり目玉になるのは大阪市(梅田・難波)を中心に京都市、兵庫県の神戸市、おすすめ警察官予備校の資格スクール大栄が力を入れている福岡県(北九州市・福岡市・久留米市)についても必見です。

 

仕事内容・業務内容

 

一括りに警察官と言っても様々な業務が細分化されている組織になります。ちなみに警察組織は公安委員会→警察庁→都道府県警察で大きく構成されています。よく、警察庁と警視庁を違いが分からないと言われる方がいますが、これについては簡単に言えば警察庁は国の組織で都道府県警察を管轄する立場にあります。警視庁は加担に言えば千葉県警察の東京版のようなもので、身分は地方公務員になります。

 

警察官の仕事内容は国家公務員である警察庁採用組と地方公務員の都道府県警察採用組に大きく分かれます。警察庁のキャリア官僚・準キャリアは現場に出るより本部で適切な指示出すような職員というイメージを持っておくといいでしょう。ただ、キャリア官僚は新卒で警部補、準キャリアは新卒で巡査部長ですので、採用後しばらくは現場で活躍することになりますが、キャリア官僚の場合ですと採用後数年で警察署長クラスの階級を任されることになりますので、その期間は短いと言えるでしょう。簡単に言えば警察庁キャリア採用組は将来の地方警察組織又は警察庁の将来の上級幹部候補ということになります。地方公務員採用組と比較すると出世のスピードは一目瞭然で、30年くらい早いスピードで出世すると一説では言われています。実際に新卒で警部補の階級に就く官僚を考えると地方公務員は50代で警部補になれない人もいますので、あながち30歳説は間違えではないのかもしれません。

 

最終的に言えば頭脳的な仕事は官僚に、身体を使った仕事は地方警察官の仕事になるケースが多いのです。

 

実際に警察庁の官僚は知識面では優秀の方が多いのですが、体力面については地方警察官に劣っている方は結構多いのが特徴的です。また、東京大学出身で警察庁総合職(旧Ⅰ種)を目指せる方でも仕事のやりがいや魅力を求めて都道府県警察官採用試験を受験する方も中にはいます。自分がどのような仕事をしたいのか?で要は変わってくるということなのです。なお、警察官専門学校おすすめランキングについては後々紹介していきたいと思います。先に平均年収・ボーナス情報等を紹介していきますので、警察官通信講座おすすめをチェックしたい方についても今しばらくお待ちください。

 

また、地方自治体の警察官の仕事を簡単に説明すると総務部、交通部、刑事部、地域部、生活安全部、警備部などなどいろいろあって幅広いのが特徴的です。勤務先については交番、警察署、警察本部の3種類が基本になります。若手の頃は基本的に交番勤務が多いのですが、ある程度出世するようになると警察署・警察本部での事務的な仕事が増えてくるのが特徴的です。また、部署内でも様々な仕事内容に分かれているのが特徴的です。例えば一括りに刑事部と言っても殺人罪・強盗罪など凶悪犯を取り扱う部署から詐欺など知能犯を捜査する部署など様々な業務の役割に分かれているのが特徴的です。その他、白バイ・機動隊などを目指すこともできますので、意外の仕事内容は幅広い!続いては難易度・倍率等について紹介しています。まだ、警察官予備校費用・学費安い比較については先になりますので、一部飛ばして頂いても構いません。また、警察官予備校広島、岡山、高松市、松山市をお探しの方におすすめは東京アカデミーです。

 

難易度・倍率【競争率】

 

警察官試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

国家公務員総合職(昔は国家Ⅰ種)警察庁の難易度については半端じゃなく難しい。国家総合職試験の難易度が高いのは誰でも知っていると思いますが、警察庁はその中でも別格でトップ3に入る難易度と言われています。実際に合格者の大半は例年ですと東京大学出身者です。高卒でもチャレンジすることはできますが、合格するのはなかなか難しいと言えるでしょう。

 

一方地方公務員の警視庁や県・府・道警察官の難易度は公務員試験の中でも難易度は低い。消防士試験と言えば簡単に合格できる試験の1つと言われていますが、警察官試験はそれ以上に易しい試験なのです。受験生の学力レベルについても全体的に低いので筆記試験の難易度は低いのですが、その分面接試験の倍率が高く、2次の人物試験で落とされるケースが多いのが特徴的です。また、消防士ほどではありませんが、体力試験を重要視している公務員試験の1つですので、勉強だけできるような人だと合格は難しいと考えられます。ある程度は試験に備えて体力をつけておきたいところです。

 

年収・給料・ボーナス・出世事情

 

難易度が低いのに平均年収・給料・ボーナスはビックリするほど高いのが公務員を目指す高校生や大学生を引き付ける理由の1つになっています。実際に私自身も警察官の高収入に目を光らして憧れをもった時期もありました。警察官の魅力は大卒・短大卒、高卒など学歴によって給与がそれほど左右されない点ですね。同じ勤務年数であれば若干の差はやはりありますが、民間企業と比較すると本当に少ない幅に成ります。警察官の平均年収については近年、公務員給与削減の影響で若干下がってはいますが、平均年収は780万くらいと言われています。民間でこれぐらいの給料を貰える会社って少ないですからね。さらに言えば体力系の仕事と絞れば平均年収700万円以上の会社はほとんどないでしょう。

 

警察官は体を動かして働きたい方、地域の安全を守りたい方、高い年収を得たい方などに人気があります。

 

続いては出世・昇任について紹介していきたいと思います。ハッキリ言えば大卒程度、短大卒程度、高卒程度の学歴ごとに若干の出世・昇任スピードは差はありますが、ある程度の階級まで実力主義の昇任試験を受験するのが基本になりますので、大卒だからすぐに出世できるとか、高卒はなかなか出世できないなどということはありません。

 

ただ、前述でも紹介しましたが、地方警察官で出世街道に乗った方でもいいところ警察署長レベルです。ほとんどの方は警部、警部補、巡査部長クラスで退職することになります。警察組織でバリバリ階級を上げていきたいのであれば超難関試験である国家総合職警察庁で合格する必要があります。

 

警察官予備校比較&口コミランキング

 

警察官専門学校おすすめランキングを作成しました。【警察官予備校を含んで比較】