消防士の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

消防士の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

消防士の専門学校費用安い・格安や評判・口コミ評価の高い消防予備校比較や通信講座・スクール塾をまとめて調査・分析しました。札幌市、仙台市、さいたま市(大宮)、千葉県(津田沼・柏市)、渋谷、新宿、池袋、水道橋、八王子市、横浜市、京都、大阪、神戸市、名古屋市、福岡県は消防士予備校が密集してるので、注目しておきたい地域です。

 

消防士の仕事内容・業務内容について

 

将来、漠然と公務員になりたいと考えている、高校生や大学生は結構多いのではないでしょうか?その中でもスポーツ選手や体育会系の学生に人気の職業と言われているのが消防士・消防官ですね。アメリカなど海外では日本以上に人気のある職業で、地域によっては英雄扱いされるケースもあると言われています。そのためモテる職業ランキングではかなり上位に入りますね。

 

それではこれから市や東京消防庁試験を目指す方のために仕事内容や業務内容について簡単に説明して行きたいと思います。本音、辛い・大変、魅力・やりがいや種類に等について徹底解説していきたいと思います。

 

特徴を言えばまず挙がってくるのは交替制勤務が基本になるという点です。ある程度出世している人や本庁・本部勤務の方であれば、決まった時間に曜日に勤務するようになるケースもありますが、災害は土日祝日はもちろん24時間発生する可能性がありますので、常に誰かが出動することができる準備をする必要があります。そのため消防士の多くは交替制の勤務体系・体制になっているのです。交替制については2部、3部に分かれています。

 

2部は勤務→非番→休日→勤務の流れになります。24時間勤務もありますが、実際に1日フルで働いている訳ではなく、仮眠する時間などもありますので、辛いと言えば辛いですが、消防士の仕事のやりがいや魅力を考えると頑張れる方も多いと思います。消防士通信講座おすすめ&学費安いについてコンテンツ最後に掲載しています。

 

3部については基本的に24時間勤務はなく、日勤・当番・非番でルーティンする形になります。不規則な勤務体系になりますので、その点で消防士の仕事は大変と言われてしまうケースがあります。実際に不規則な生活リズムになると不眠症・鬱病のきっかけになる可能性もありますからね。年齢を重ねるとデスクワークを希望する消防官もいるようです。

 

ちなみに消防士仕事は主に消化、救急になります。知らない人も多いと思いますが、消防車に乗っている職員も救急車に乗っている職員も同じ消防士です。仕事のやりがいについてはやはり市民・国民の生活の安全を守ることができる点ですね。そのためには日々訓練する必要性が高く、スポーツ経験者などで自分の肉体を仕事に活かしたいと消防士を希望する方は結構多いようです。消防士はパワーも重要ですが、機敏性など様々な身体能力を求められますので、運動経験者で合格する方は結構多いですね。体力試験もある程度基準が設けられているので、運動神経に自信がない方は早急に対策する必要があると思います。消防士専門学校比較ランキングについてはページ最後に紹介していますので、消防予備校評判&口コミ情報が気になる方は先に見てくださいね。

 

難易度・倍率【競争率】

 

消防士試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

難易度をザックリ言えば公務員試験全体で考えるのであれば、易しい試験であると言えます。消防士の難易度は低いと言えます。ただ、注意が必要なのは消防士採用試験は警察官の都道府県ごとに実施されている公務員試験とは異なり、市町村ごとに基本実施されていますので、1つひとつの自治体の募集人数が少ないので、消防官採用試験によって難易度・倍率が大きく異なるという特徴がありますので、年度によって全く異なるレベルの試験になるケースがありますので、注意が必要です。

 

比較的安定感があるのは東京消防庁です。国内最大規模の職員募集を実施している規模の大きな試験ですので、是非視野に入れておいてください。ちなみに東京消防庁予備校おすすめについても紹介しますので、今しばらくお待ちください。

 

年収・給料・ボーナス・出世事情

 

収入面で恵まれていると言われている理由の1つが不規則な勤務体系にあります。消防士は基本給こそそれほど高くないのですが、手当が兎に角いろいろ付きますので、平均年収・給料が公務員の中でも高い水準になっています。但し、自治体によって予算が異なりますので、政令都市・中核市の消防士の平均年収・給料が引き上げているだけで、小規模の自治体の場合はそれほど収入は高くないと口コミ体験談もあります。

 

ザックリ言えば全体的に750万円程度と言えるでしょう。警察官より平均年収が低い理由はやはり自治体によっての安定感が無いためだと思われます。ただ、政令都市クラスになると賞与・ボーナス(期末勤勉手当)を含めると40代で年収900万円を超える方も結構います。自治体によって差がある点に注意が必要です。

 

消防士専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

評判&口コミ評価、さらには教材・テキストの質など様々な点をふまえて、消防士専門学校おすすめランキングを作成しました。【消防士予備校を比較】