介護福祉士専門学校比較

公務員専門学校比較

MENU

介護福祉士専門学校比較ランキング&おすすめ

超高齢化社会において需要と供給のバランスが取れていないと言われているのが介護業界になります。

 

老老介護という言葉が先走りになるように60代~70代が80代~90代を支えているような家庭は意外と多いのが現状になります。

 

それくらい若い力が足りていない状況で需要はあるけど供給が追い付いていない状況が続いています。今後もそれについてはさらに広がってくると見込まれていて、「現場で働く方の待遇が労働に見合っていないから給料アップをしよう!」みたいな意見も多いようです。

 

さて、紹介するのは介護福祉士専門学校比較ランキングを紹介するページになります。東京、千葉、埼玉、横浜(神奈川県)、川崎、札幌、仙台、神戸、大阪、名古屋、福岡、京都、広島、鹿児島、茨城、静岡、愛知、沖縄、香川、長崎、青森、新潟、長野、群馬など主要エリアの介護資格の予備校やスクールおすすめ特集の企画を参考にしたいのであればページ最後の人気ランキングコーナーをチェックして頂ければと思います。通学だけではなく、通信講座・通信教育を提供している専門学校なども紹介していますので、自宅から通うことが出来ない方でも自分に合った学校を見つけることができると思います。

 

どこにするか?

 

選び方で特に気になるのが介護福祉士専門学校安い学費・格安費用になると思います。それらは複数のサービスを徹底比較すれば料金・価格相場を理解することができ、どこがコストパフォーマンスを考えた時に安いのか?高いのか?が分かるようになります。しかし、安さを追い求めるだけではなく、実際に試験に合格するために最適な勉強をすることができるのか?講座・コースなのか?を考えることが大切になる点についても覚えておきたいところではありますね。

 

なお、介護福祉士専門学校おすすめランキングを解説付きで発表する前に資格の基礎知識について身に着けて頂きたいと思います。

 

介護福祉士になるには?資格取得までの流れ・道のり

 

資格を取って介護業界で活躍したい!そのような方のために具体的な手順をまとめてみましたので、どうぞご確認くださいませ。

 

種類としては国家資格になりますので、試験合格には登録を行う必要があります。介護福祉士になるためのルートとしては大きく3つの方法があります。

 

  1. 実務経験ルート
  2. 福祉系高等学校ルート
  3. 養成施設ルート

 

どれが一番近道か?という問いについては1人一人の状況によって異なりますので、何とも言えないのが現状になります。中学生の頃から目指してるのであれば福祉系ルート、高校の頃から目指しているのであれば養成施設ルートが理想的になると思います。働きながらの社会人・民間企業で勤めるサラリーマン及びOLで目指すのであれば実務経験ルートがいいのかな~とは思いますね。それぞれの資格取得までの道のりをチェックしましょう。

 

実務経験ルートの取得までの流れ

 

「実務経験3年以上」+「実務者研修修了」

 

上記が主な受験資格になりますので、シンプルにそれを満たせばOKということになります。このルートでのポイントは単純にすぐに試験を受けて合格・・・みたいな簡単な道のりではないという点になります。実際に現場で働いて一定の経験を積むことが重要になります。

 

介護施設・老人ホームなどは非常に離職率の高い職場になりますので、実際に働いてみてやりがいを見つけることが出来ればキャリアアップの1つとして受験するのも1つの手になりますね。

 

なお、注意が必要なのは「介護職員基礎研修課程」+「喀痰吸引等研修(3号研修を除く)」の両方の課程を修了されている場合においては「実務者研修修了者」と同様に受験資格が与えられます。

 

ちなみに実務経験ルートの場合ですと介護福祉士試験は筆記試験のみで実技試験は免除されます。まあ、実際に働いて経験豊富の方が試験にチャレンジする訳ですので改めて実技を見る必要性は薄いということでしょう。

 

福祉系高等学校ルートの取得までの流れ

 

シンプルに福祉系高校から介護福祉士試験を受験するプランになります。

 

但し、その中でもいくつか種類があるので覚えておきたい。

 

  1. 旧カリキュラム(平成20年以前入学者)
  2. 特例高校等(平成21年度以降入学者)
  3. 新カリキュラム(平成21年度以降入学者)

 

①旧カリキュラムの場合ですと試験内容は筆記試験+実技試験がオーソドックスになります。

 

②特例高校等の場合ですと卒業後に実務経験9ヶ月以上+介護技術講習を修了することで「実技試験の免除」を申請することができます。簡単に言えば筆記試験のみになるということです。

 

③新カリキュラムの場合ですと筆記試験(実技試験免除)になります。

 

養成施設ルートの取得までの流れ

 

高等学校卒業後に・・・

 

①介護福祉士養成施設2年以上

 

②福祉系大学等→介護福祉士養成施設1年以上

 

③保育士養成施設等→介護福祉士養成施設1年以上

 

簡単に言えば養成施設を卒業すれば介護福祉士の資格を取得することができます。この辺りについては最新情報をシッカリと確認しておきたいところではありますね。

 

介護福祉士試験の難易度・合格率について

 

続いて紹介するのは「私でも試験突破できるの?」と不安を持っている方のために試験の難易度レベル、合格率率について解説していきたいと思います。

 

受験者数においては近年のデータを見るとザックリ15万人前後になります。数ある国家資格の中でも非常に人気があるのです。

 

合格率については平成22年までのデータを見ると概ね半分(50%)くらいの受験者が合格をしていたのですが、近年については60%台前半~中盤とやや合格しやすい試験になっているのが特徴的になります。既に察しの通りですが、女性が中心となる業界の1つになりますので、受験の割合的に言えば女7~8割、男2~3割となっています。資格と言えば若い人が取得するイメージを持っている方もいると思いますが、実は30代、40代、50代とある程度の社会経験を積んでいる方で挑戦される方も少なくはないのです。

 

シッカリと試験対策をすれば決して難しい訳ではないので積極的にチャレンジしてみてくださいませ。

 

ザックリ難易度を言えば”中の下”くらいの評価ですね。簡単ではないのですが、通信講座・予備校などで効率的に学習を進めれば45歳を超えても十分に目指せる!人手が足りない業界になりますので、主婦の力を借りたいと考えている老人福祉施設、社会福祉施設も多いのではないでしょうか?最近では様々なサービスが出てきていて訪問介護においてもトレンドの1つになりますね。

 

介護福祉士試験対策の勉強法とは?

 

ザックリ言えば合格するまでの道のりとしては下記のパターンが挙げられます。

 

  • 独学
  • 通信講座・通信教育
  • 通学予備校・専門学校

 

費用・学費面を安い・格安で抑えることができるのは言うまでもなく独学による勉強方法になります。このケースであれば参考書、過去問等の購入代だけですので数万円あれば十分に学習を進めることができるはずです。

 

一方、通信講座・通学の専門学校や予備校の場合ですと効率的な学習を進めることができる優良教材や講師による授業を提供してもらう代わりにある程度の学費・料金を覚悟しなければいけません。但し、通信講座などであればアルバイト代くらいで十分に支払うことができる学校もありますので、基本的には独学よりもスクールのノウハウを借りて対策するのがベストであると個人的には思います。

 

介護福祉士学校・講座おすすめランキング【最新版】

 

注目は東京アカデミー!日本を代表する資格予備校になりますので、候補には絶対に入れておきたいところですね。

 

介護福祉士専門学校比較ランキングについて紹介!介護福祉士専門学校おすすめはココだ!

 

なお、当サイトは評判&口コミ評価の人気介護福祉士スクールを比較してランキングを作成しています。

 

介護福祉士予備校・講座・塾をお探しの方はまずは気軽に複数の学校へ資料を請求しておきましょう!