地方中級の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

地方中級の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

地方中級の専門学校・予備校で評判・口コミ評価の高いスクールをまとめて調査・分析しました。

 

その結果をふまえて、地方中級専門学校おすすめランキングを作成しました。【地方中級予備校を含んで比較】

 

地方中級専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

 

 

 

魅力・難易度・倍率【競争率】

 

地方中級試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

短大卒程度の地方公務員試験ですが、自治体によっては試験が自体が実施していないというようなケースも多いのが地方中級試験の特徴です。また、地方中級試験は自治体によっては2類、2種などの名称で実施されているケースもあります。地方中級試験にチャレンジする受験生は専門学生・短大生・フリーター・浪人生・社会人など様々です。その中でも公務員専門学校に通っている学生で受験する人が多いのが目立ちますね。公務員専門学校の例を挙げるとすれば資格の大原などですね。専門学校ではなく公務員予備校で地方中級試験にチャレンジする手もありますので、自分に合った学習方法をよく検討してみましょう。

 

地方中級公務員の立場はザックリ言えば上級、初級に挟まれた中間的な位置にあります。多くの県庁・政令都市などではどちらかと言えば初級と同等の扱いになっているケースが多いのが特徴的です。ただ、学校事務・警察事務などは自治体によっては高卒程度・短大卒程度しか実施されていないケースもあります。そのようなケースの場合は地方中級が将来の幹部候補になることもあります。魅力はやはり地方初級に比べて若干給料水準が高い点ですね。とは言っても2000円~3000円程度の差が一般的ですが、積み重ねると結構大きい金額になりますからね。また、出世スピードについても若干初級公務員より早いケースが多いです。
難易度・倍率についてはどうでしょうか?実は元々の募集枠が少ないので倍率は非常に高くなっているケースが多いのです。実は地方上級試験より地方中級試験の方が倍率・競争率が高いことは決して珍しいことではないのです。特に行政職・事務系公務員試験の場合は倍率が20倍を超えるケースもよくあります。地方初級に比べると格段に難易度は上がるので注意が必要です。

 

地方中級試験の概要例(受験資格・科目)

 

短大卒程度の地方中級の募集枠が多い平成26年度千葉県庁採用試験【一般行政区分】を例に試験概要を見ていきましょう。

 

年齢条件:昭和57年4月2日~平成7年4月1日までに生まれた人

 

1次試験実地場所:日本大学生産工学部津田沼キャンパス

 

試験科目【1次】:教養試験、専門試験、論文試験

 

試験科目【2次】:口述試験、適性検査、身体検査、受験資格調査

 

専門試験分野:国際関係、財政学、労働法、民法、経済学、政治学、行政学、社会学、社会事情、憲法、行政法

 

主な配属先:知事部局、県立学校、各委員会事務局、各種公営企業

 

年収・給料・ボーナス・出世事情

 

地方中級の給料・年収はそれほど多くはありません。実は自治体によって同じ地方中級でも給料の格差はあります。場合によっては地方中級でも他の自治体の地方上級より年収が多いケースもありますし、地方初級の職員より年収が低いケースもあります。賞与・ボーナスについては公務員は民間企業に比べて安定的に貰うことができるのでメリットは大きいと考えられます。

 

「地方中級の専門学校」のページは終了しました。

 

*上記の内容は一部情報が古い可能性があります。正確な情報については採用試験公式ページをご覧ください。