学校事務の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

学校事務の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

学校事務の専門学校・予備校で評判・口コミ評価の高いスクールをまとめて調査・分析しました。

 

その結果をふまえて、学校事務専門学校おすすめランキングを作成しました。【学校事務予備校を含んで比較】

 

学校事務専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

 

 

 

魅力・難易度・倍率【競争率】

 

学校事務試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

教育事務・学校事務は市町村区・都道府県の2つの採用に主に分かれています。一般的に市町村区は小学校・中学校の学校事務、都道府県は高等学校の事務として募集しています。詳しい内容については受験する自治体でよく確認しておくことをおすすめします。学校事務には公務員と法人勤務があります。例えばは公立の高等学校、中学校、小学校で働く事務は公務員ですが、私立の教育機関で働く学校事務は公務員ではありません。ちなみに専門学校は法人ですので、そこで働く事務の方も公務員では無いので注意が必要です。

 

学校事務の仕事内容は主に支出、収入、服務、証明書発行、給与・福利厚生、旅費、施設管理、調査などです。”事務”と言っても口コミ体験談では結構体を動かす仕事も多いようです。例えば時と場によっては電球の交換や施設の修繕などを任させることもあるようです。結構重い荷物を運ぶケースも多いので案外男性が重宝されている職場のようです。学校事務と言えば女性が多いイメージがありますが、最近では男性の割合についても増加しているように思えます。また、学校の教員と上手に協力してコミュニケーションを取るのも彼等の仕事の1つです。基本的に不満や悩みで多いのは教員の存在のようです。これは人によるとは思いますが、なんとなく学校事務が下に見られているようで不快だったというような意見もあります。

 

続いてやりがいについてですが、学校運営に直接携わることができる点です。誰もが義務教育を経験していますので、学生として学校に通った経験はあると思います。そこで学校運営することができるのは貴重な体験でやりがいはいろいろなところにあると思います。生徒とコミュニケーションを取る機会も当然ありますし、体育祭・文化祭・修学旅行・入学式・卒業式など行事やイベントに関わることもできます。結構やりがいを感じて働いている方は多いのではないでしょうか?

 

学校事務になる方法には大きく2つのパターンがあります。1つは「学校事務」採用試験に合格することです。2つ目は学校事務の募集がそもそもない自治体のケースで「行政職区分」に合格して学校事務への配属志望を提出する方法です。2つ目については正直言って運に左右されることになりますし、継続して学校で働くことができる保証はありません。

 

難易度・倍率については一般行政区分に比べて低いので合格しやすい公務員試験の1つと言えるでしょう。但し、地方初級と地方中級では難易度に大きな差があるので注意が必要です。

 

学校事務試験の概要例(受験資格・科目)

 

平成26年度京都府職員採用試験【学校事務A】を例に紹介していきます。

 

募集予定数:15名

 

年齢条件:平成3年4月2日以降に生まれた人

 

1次科目:教養試験、作文試験、集団面接

 

2次科目:適性検査、個別面接

 

年収・給料・ボーナス・出世事情

 

一般的な行政公務員と同水準ですが、諸手当関係が少ないので若干少ないと思っておいた方がいいかもしれません。出世についてはスローペースで教頭クラスに当たる事務長になれれば出世頭と言えるでしょう。行政職採用の場合ですと学校以外の職場で働く機会も多いので、本庁課長、次長、部長、局長といった幹部クラスへの出世を狙いやすいと言えるでしょう。また、稀に学校事務採用で校長先生になれるケースもありますので、校長まで出世することを目標に頑張るのもいいと思います。

 

「学校事務の専門学校」のページは終了しました。

 

*上記の内容は一部情報が古い可能性があります。正確な情報については採用試験公式ページをご覧ください。