警察事務の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

警察事務の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

警察事務の専門学校・予備校で評判・口コミ評価の高いスクールをまとめて調査・分析しました。

 

その結果をふまえて、警察事務専門学校おすすめランキングを作成しました。【警察事務予備校を含んで比較】

 

警察事務専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

 

 

 

魅力・難易度・倍率【競争率】

 

警察事務試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

試験に合格して採用されると警察署・各都道府県の警察本部などに配属されて働くことになります。警察事務は学校事務と比較されるケースが多いようです。実際に結構仕事内容についても似ている部分が多いのが特徴的で学校事務は教員とコミュニケーションを大切しているように警察事務についても警察官とのコミュニケーションを大切にしているのが印象的ですね。学校事務がより良い教育現場作りに励むのであれば、警察事務は安心して住むことができる社会作りが目的になる仕事が多くなっています。直接パトカーで見回りや取締をする訳ではありませんが、安心して皆が暮らせるように企画・立案するのも警察事務の仕事の1つです。「企画・立案で警察組織を変えるんだ!」と気合を入れても実際には庶務的な業務がほとんどです。警察施設の修繕・管理、物品購入・管理、福利厚生、給料、旅費、文書などですね。

 

警察組織の予算を上手に利用して効果的に運営する能力が警察事務には必要になってきます。警察組織の縁の下の力持ち的な役割が多いのが印象的ですね。地域住民の方とコミュニケーションを取る機械も多く、上手に対話することができる能力が無いと務まらない仕事も結構多いので協調性のある方が警察事務には向いているのかなと思います。

 

警察事務のやりがいは何と言っても「利益を目的にしない」という点ですね。民間企業で働くとなれば当然利益を生む結果が求められます。それに比べて警察事務は公共にために仕事をすることができるのでやりがいを見つけやすいのだと思います。ただ「利益を目的にしない」と言って手を抜いて言い訳では当然ありません。公共にために役立つ業務をこなす必要があるのです。

 

難易度・倍率は公務員試験全体の中では低いと言えます。県庁や市役所の行政職と比較すると警察事務の難易度は低く、倍率についてもそれほど高くないことがほとんどです。正直言えば人気を考えれば一般的な行政職の方が受験者が多い傾向があるのです。事務系に公務員になりたい方にとって難易度の低い警察事務は狙い目です。

 

警察事務試験の概要例(受験資格・科目)

 

広島県の警察事務採用試験【高卒程度】を例に紹介していきたいと思います。

 

年齢条件:平成5年4月2日~平成9年4月1日までに生まれた人

 

試験科目【1次】:教養試験、作文試験、適性検査

 

試験科目【2次】:面接試験(個別面接)

 

年収・給料・ボーナス・出世事情

 

年収・給料・賞与(ボーナス)が民間企業より高いと囁かれている公務員ですが、警察事務の給料・出世事情はどうなっているのでしょうか?単刀直入に言えば警察事務の給料・年収は市役所・県庁で働く職員と同等の水準です。出世については短大卒程度までの採用しか実施していない自治体が多いので初級・中級でも管理職になれるチャンスは十分にあると思います。

 

「警察事務の専門学校」のページは終了しました。

 

*上記の内容は一部情報が古い可能性があります。正確な情報については採用試験公式ページをご覧ください。