教員採用試験の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

教員採用試験の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

教員採用試験の専門学校・予備校で評判・口コミ評価の高いスクールをまとめて調査・分析しました。

 

その結果をふまえて、教員採用試験専門学校おすすめランキングを作成しました。【教員採用試験予備校を含んで比較】

教員採用試験専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

 

 

 

魅力・難易度・倍率【競争率】

 

教員採用試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

学校の先生は公務員である認識が強いのですが、全ての教員が公務員である訳ではありません。出向などのケースで公立学校の教員が私立で働く可能性はありますが、一般的に私立学校の教員(先生)は公務員ではなく、民間のサラリーマンと同様の扱いになります。例えば高等学校の公務員教員になるには各都道府県の教員採用試験に合格する必要があります。私立の学校の場合は知り合いの紹介や縁故採用で就職できるケースはありますが、都道府県の教員採用試験であればまず縁故採用することは難しいと考えられます。教員採用試験対策の専門学校・予備校を利用するなど効率的に合格レベルに達する方法が考える必要があるでしょう。

 

教員の魅力と言えばやはり生徒1人一人の成長に携わることができる点ですね。実際に教員のアドバイスの影響によって目標を定めたり、モチベーションを上げて将来の夢に向かって頑張る学生は多いです。中には良い意味でも悪い意味でも人生を大きく変えることになるかもしれません。それだけ責任重大な仕事ですので、精神的に弱い方は正直向いていないかと思います。最近では昔の教育現場とは異なり、モンスターペアレントと呼ばれる過保護で理不尽な親が増えていると言われています。生徒とのコミュニケーションだけではなく、保護者との上手な付き合い方についても教員には求められているように思えます。仕事内容は授業をすればいいという訳ではありません。授業をするための計画、練習問題のプリント作成、テストの作成・採点、部活動の指導、各担当分掌、土日に模擬試験の監督をするケースもあります。

 

学校の先生の難易度についてですが、一般的な県庁の行政職に比べると倍率は低く、難易度もそれほど高くありません。教員採用試験と言えば難しいイメージがありますが、実は公務員試験全体で言えば難易度は普通より低いくらいなのです。努力次第では短期でも十分合格を狙うことができます。

 

教員採用試験の概要例(受験資格・科目)

 

平成27年度熊本県公立学校教員採用を例に紹介していきますね。

 

年齢条件:昭和50年4月2日以降に生まれた人

 

試験科目:免許・教科によって異なる

 

熊本県では社会人枠もありますので、是非民間企業経験者も挑戦してみてください!

 

年収・給料・ボーナス・出世事情

 

一般の行政職と比較すると給料・年収・ボーナスは高い水準にあります。但し、土日に部活動の指導をしている教員の時給計算をすれば間違えなく悲惨な金額が出るはずです。単純に教員への憧れだけで務まる仕事ではないということは認識しておきましょう。出世については主任→教頭→校長→都道府県の教育庁幹部となります。大体出世コースに乗っている方だと都道府県の教育庁や知事部局に出向して教頭・校長と出世するケースが多いです。

 

「教員採用試験の専門学校」のページは終了しました。

 

*上記の内容は一部情報が古い可能性があります。正確な情報については採用試験公式ページをご覧ください。