保育士公務員の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

保育士公務員の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

保育士公務員の専門学校・予備校で評判・口コミ評価の高いスクールをまとめて調査・分析しました。

 

その結果をふまえて、保育士公務員専門学校おすすめランキングを作成しました。【保育士公務員予備校を含んで比較】

保育士公務員専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

 

 

 

 

魅力・難易度・倍率【競争率】

 

保育士公務員試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

保育士は公務員【公立】タイプ、民間タイプ【私立】の2種類あります。仕事内容についてはほとんど一緒ですが、給料・待遇・福利厚生の差が激しいと言われています。民間タイプだと就職先によってバラバラですが、ほとんどの施設ではそれほど給料・賞与(ボーナス)は高くないと言われています。公務員タイプについても年功序列の給料制度になっているので最初こそ民間タイプとそれほど変わりませんが、勤務年数が5年、10年、15年と増えていくと明確に給料・年収に差が出てくるケースが多いのです。

 

公務員保育士の働く施設についてですが、オーソドックスな保育園、児童福祉施設などになります。

 

福利厚生の充実などを考えると正直な話お得度は公務員タイプにメリットがあると言えるでしょう。できれば頑張って勉強して保育士公務員採用試験にチャレンジしておきたいところです。試験は都道府県又は市で実施されていて6月~9月の夏場~秋にかけて実施されているケースが多いです。保育園で働くための専門知識や教養知識などが筆記試験では求められ、論文試験・面接試験などもあります。また、他の公務員試験とは違うのがピアノなどの技術的な試験がある点です。苦手な分野があるのであれば試験までに何とか克服したいところです。

 

見事試験を突破し採用後は公立の保育園に配属されることになりますが、私立保育園とは異なり、数年ごとに人事異動があります。せかっく慣れてきた職場を毎回離れないといけないのはデメリットと考える人も多いでしょう。また、最近では利用したい方も増えてきていて延長保育を導入している傾向が見られます。

 

試験の倍率・難易度についてですが、私立の就職試験に比べて難しい傾向があります。採用後は地方公務員の待遇になりますので、経験年数と共に給料が上がっていきますので、経済的なメリットは大きいですね。そのため公務員保育士は人気があり、受験生が多いので難易度が高いのです。倍率についても5倍~10倍くらいは覚悟しておきましょう。

 

「保育士公務員の専門学校」のページは終了しました。

 

*上記の内容は一部情報が古い可能性があります。正確な情報については採用試験公式ページをご覧ください。