都庁試験の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

都庁試験の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

都庁試験の専門学校・予備校で評判・口コミ評価の高いスクールをまとめて調査・分析しました。

 

その結果をふまえて、都庁試験専門学校おすすめランキングを作成しました。【都庁試験予備校を含んで比較】

都庁試験専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

 

 

 

 

魅力・難易度・倍率【競争率】

 

都庁試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

東京都職員【都庁職員】は特別な地方公務員であるイメージが強いですが、実は組織自体は他の道府県庁とほとんど同じです。ただ、エリートのイメージが強いのは規模の大きな仕事・役割が多いことが理由だと思います。日本の首都で東京には当然予算が集まりますよね?また、規模の大きな政策・施策が実施されるケースも地方に比べて多いのです。実際に東京都出身者以外でも都庁に入庁したいと上京してくる地方学生も結構多いです。関東圏内であれば地元の自治体と東京都庁を併願するケースはかなり多いと思います。それだけに毎年大卒程度(Ⅰ類)、短大卒程度(Ⅱ類)、高卒程度(Ⅲ類)、社会人経験者の全てで受験者数が非常に多くなっています。当然、受験者のレベルも大卒程度になるとかなり高くなっています。上位国立大学、上位私立大学の受験生が本気で勉強して合格を狙ってくるので、半端な覚悟で合格するのは難しいでしょう。都庁試験専門学校や予備校・通信講座など東京都職員採用試験の合格ノウハウを持っているスクールで対策することをおすすめします。実際に塾・スクールの都庁講座を受講している方は多いですからね。上記のおすすめランキングを参考にしてみてくださいね。

 

上記で説明したとおり都庁の難易度は高いのが現状です。倍率については特別他の地方公務員試験と比較して高い訳ではないのですが、それでも試験区分によっては10倍以上ありますからね。1年~1年半は最低でも勉強時間を確保しておきたいところですね。半年~3ヶ月の短期で合格する方も中にはいるようですので、ダラダラ対策するのではなく、集中して勉強することが合格するために大切になります。

 

年収・給料・ボーナス・出世事情

 

地域手当が多く貰えることや予算が豊富・物価が高いなどの理由で給料・年収水準は高いです。都庁の幹部ともなれば年収1000万円以上も狙えます。ただ、都内の平均家賃と地方の平均家賃など物価的な要素を比較してみると必ずしも高い生活水準の訳ではありません。ただ、福利厚生で単身・家族用で物件を格安で入ることができるなど上手に制度を利用すれば給料以上の生活レベルをおくることができるでしょう。しかし、こうした福利厚生は年々廃止されている傾向がありますので、今後はそのような厚遇を受けるのは難しいのかもしれません。

 

大卒・短大卒・高卒と学歴がバラバラの職員が東京都庁では働いています。実は高卒程度で入庁した職員で幹部ポストに就いている人は結構多く、学歴による出世の要素はそれほど強くないと考えられます。実際に過去に部長・局長まで高卒で登りつめている職員はいますので、どの学歴で入庁したかと言うよりは採用後の努力・結果が重要になってくると考えられます。

 

「都庁試験の専門学校」のページは終了しました。

 

*上記の内容は一部情報が古い可能性があります。正確な情報については採用試験公式ページをご覧ください。