特別区試験の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

特別区試験の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

特別区試験の専門学校・予備校で評判・口コミ評価の高いスクールをまとめて調査・分析しました。

 

その結果をふまえて、特別区試験専門学校おすすめランキングを作成しました。【特別区試験予備校を含んで比較】

特別区試験専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

 

 

 

 

魅力・難易度・倍率【競争率】

 

特別区試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

東京23区の区役所などで働きたいのであれば特別区採用試験を受験することをおすすめします。特別試験は23区に分かれて、それぞれの区役所の所在地は下記の通りになります。

 

足立区職員:足立区中央本町一丁目17番1号

 

荒川区職員:荒川区荒川二丁目2番3号

 

板橋区職員:東京都板橋区板橋二丁目66番1号

 

江戸川区職員:東京都江戸川区中央一丁目4番1号

 

大田区職員:東京都大田区蒲田五丁目13番14号

 

葛飾区職員:東京都葛飾区立石5-13-1

 

北区職員:東京都北区王子本町1-15-22

 

江東区職員:東京都江東区東陽 4-11-28

 

品川区職員:品川区広町2-1-36

 

渋谷区職員:東京都渋谷区宇田川町1-1

 

新宿区職員:新宿区歌舞伎町1-4-1

 

杉並区職員:杉並区阿佐谷南1丁目15番1号

 

墨田区職員:墨田区吾妻橋一丁目23番20号

 

世田谷区職員:世田谷区世田谷4丁目21番27号

 

台東区職員:台東区東上野4丁目5番6号

 

中央区職員:東京都中央区築地一丁目1番1号

 

千代田区職員:東京都千代田区九段南1-2-1

 

豊島区職員:豊島区東池袋1-18-1

 

中野区職員:東京都中野区中野四丁目8番1号

 

練馬区職員:練馬区豊玉北6丁目12番1号

 

港区職員:東京都港区芝公園1丁目5番25号

 

目黒区職員:東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

 

特別区試験は都庁試験と同じ位難易度が高いと言われている地方公務員試験です。特別区試験の専門学校を積極的に活用するなど早い段階での対策が合格のカギになってきます。また、特別区試験を受験するにあたって1つ注意点があります。採用された後の件ですが、実は特別区に就職する訳ではありません。23区の中から志願や採用面接を通じて就職することになります。例えば渋谷区役所に採用された人は渋谷区内の公的機関で基本的に人事異動を繰り返します。また、必ずしも自分が志願している自治体に就職することができる訳ではありません。成績順位が高ければ人気の区役所でも就職することができる可能性が高いですが、成績順位が下位になると中々自分の第一志望の意向が通りにくくなります。

 

自分の希望する区役所に就職するには単純に特別区採用試験合格すれば言い訳ではなく、できるだけ高得点で合格することがポイントになります。

 

特別区職員の魅力は大都会で仕事をすることができる点や物価の高い地域でも福利厚生で安くマンションやアパートに住むことができる点です。この件についてはテレビでも頻繁に取り上げられていて通常価格の3分の1で住めるケースもあるようです。しかし、最近では公務員の風あたりが強く、今後はどのようになるか全く予想付きません。福利厚生目当てで就職するのはおすすめできません。仕事内容については東京都庁と連携を取って仕事するケースも多いようです。都と協力して大きな事業に携わるケースも多いので、やりがいを持って働いていけるのではないでしょうか。また、都庁と比較すると区役所によって異なりますが、残業が少ない部署の数が結構あると言われています。ハードな仕事よりのんびり自分のペースで働きたい方は特別区に向いているのかもしれません。社会人経験者採用試験の募集人数も多いので、民間企業で働く社会人は公務員に転職するチャンスですよ!

 

年収・給料・ボーナス・出世事情

 

地方の自治体と比較して特別区職員の給料・年収水準は地域手当の関係で高い水準になっています。但し、区役所によって給料・年収にバラつきがありますので、注意が必要です。給料の差を言えば多い所と少ない所で比較すると平均年収が100万円~150万円くらい違います。

 

「特別区試験の専門学校」のページは終了しました。

 

*上記の内容は一部情報が古い可能性があります。正確な情報については採用試験公式ページをご覧ください。