市役所の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

市役所の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

市役所の専門学校・予備校で評判・口コミ評価の高いスクールをまとめて調査・分析しました。

 

その結果をふまえて、市役所専門学校おすすめランキングを作成しました。【市役所予備校を含んで比較】

市役所専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

 

 

 

 

魅力・難易度・倍率【競争率】

 

市役所試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

政令都市、中核市、一般市に大きく分けることができます。今一イメージが湧かない方のために千葉県で分かりやすい例を紹介していこうと思います。

 

千葉県の政令都市と言えば千葉市ですね。中核市は船橋市・市川市・松戸市などです。一般市については茂原市、銚子市、館山市などです。

 

人口条件で比較してみよう!

 

政令都市:人口50万人以上

 

中核市:人口30万人以上

 

ちなみに一般市は政令都市・中核市以外の市を表します。そのため人口条件等は特にないのです。

 

市役所職員の魅力は都道府県庁に比べて市民とコミュニケーションを取る機会が多い点がまず挙げられますね。市民と一緒に問題を解決したり、必要書類の手続き・案内をするなど直接対面する仕事が多いのです。人とのふれあいが好きな方や様々な年齢層とコミュニケーションを取るのが上手な方は市役所職員には非常に重宝されています。また、サービス残業が少ない部署が多いのも市の職員の特徴です。これは部署や市によってかなり異なりますが、一般的にのんびりと自分のペースで仕事をしやすいので、出世の野心がある人より安定感のある生活を望む人に向いているかと思います。

 

また、都道府県庁に比べて倍率は高くても難易度が低い自治体がほとんどですので、勉強に自信が無い方でも短期で合格を目指すことも可能です。倍率については自治体・その年度によって差がありますが、難易度が低い自治体だと3~5倍程度の倍率・競争率であるケースもあります。合格のしやすさで考えても市役所職員はメリットが大きいと思います。

 

ただ、公務員試験は相簡単に合格できるほど甘いものではありません。市役所試験対策の専門学校・予備校を活用するなど効率的に勉強を整える環境を作ることが重要になってきます。通学で市役所専門学校・予備校に通うのが難しいのであれば通信講座・通信教育を活用するのも1つの手です。市役所対策の通信講座であれば費用(価格・値段)を安く抑えることができ、自宅で勉強することができるなど忙しい学生・民間企業で働く社会人におすすめです。

 

年収・給料・ボーナス・出世事情

 

市役所の年収・給料・賞与(期末勤勉手当、民間企業のボーナスにあたる)は都道府県と比較して低いイメージを持っている方も意外といるかもしれません。確かに一般市など規模がそれほど大きくない市役所の場合は年収・給料がそれほど高くないケースが多いです。しかし、政令都市・中核市については県庁より給料水準が高いケースも多く、平均年収も高い水準である自治体も結構あります。実際に待遇で比較してみるとかなり優遇されている市役所は多いので、働きやすさを考えて市役所を選ぶ方はいます。

 

「市役所の専門学校」のページは終了しました。

 

*上記の内容は一部情報が古い可能性があります。正確な情報については採用試験公式ページをご覧ください。