県庁試験の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

県庁試験の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

県庁試験の専門学校・予備校で評判・口コミ評価の高いスクールをまとめて調査・分析しました。

 

その結果をふまえて、県庁試験専門学校おすすめランキングを作成しました。【県庁試験予備校を含んで比較】

県庁試験専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

 

 

 

 

 

魅力・難易度・倍率【競争率】

 

県庁試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

東京都庁、北海道庁、大阪府庁、京都府庁を含む特徴・魅力を紹介していきますので、県庁試験を受験する方意外も必見です。

 

魅力を紹介するとまず挙げられるのがステータスです。「県庁で働いています!」と言えば一般的に考えて非常に聞こえが良いですね。また、家族・親切ウケもかなりいいはずですし、当然、結婚相手の親の印象もいいはずです。また、男性、女性共に婚活・お見合いではかなり重宝されている存在です。また、人口の少ない田舎の市役所に比べて福利厚生が充実している・給料水準が高いケースが多いなど待遇面についても恵まれている点は県庁に就職・転職するメリットとしては大きいです。公務員は安定していると言われていますが、市町村区レベルだと財政によっては低い年収・給料になってしまっているケースは結構あります。実際に平均年収700万円と言われている地方公務員の中でも働いている自治体によっては平均年収が400万円~500万円台であるケースは意外とあります。安定感・給料水準で見ると魅力を感じる人は多いのではないでしょうか?

 

また、市役所と比較して上級ポストのランクが高いのは非常に魅力的です。例えば県庁で本庁課長級で働いている方が小規模市役所に出向になると部長・副市長など3ランク以上の上級ポストに就任するケースが結構あります。それを考えると出世欲・野心のある人は小規模な市役所に就職するより県庁や省庁に就職する方が向いていると思います。実際に県庁の最高幹部職で退職した方の中から副知事で選出されるケースはあります。将来県知事や議員など政治家志望の方にとっても都道府県で働く意味は十分にあるはずです。

 

全体的な県庁で働く特徴を言えば市民と話す機会が少ないことです。市役所は地域密着型の仕事が多いのですが、県庁の場合は国と市の中継役として機能しているタメそれほど直接住民と関わる機会は多くないのです。もちろん少なからず住民とコミュニケーションを取る場面はありますが、基本的に少ないと思っておいた方がいいでしょう。住民と関わる仕事より政策・企画・調査などの業務に携わりたい方は県庁向きだと思いますよ!

 

年収・給料・ボーナス事情

 

都道府県庁でそれぞれ年収・給料・ボーナスに差があります。多いところ、少ないところでは実に100万円~200万円程度平均年収に差があると言われています。

 

また、これは残念なお知らせですが、一般的に高給のイメージが強い県庁ですが、実は政令都市・中核市より平均年収が低いということはよくあることです。但し、最高幹部の給料は県庁の方が高水準のケースが多いので、出世願望がある人、ない人で県庁の魅力は変わってくると思います。

 

「県庁試験の専門学校」のページは終了しました。

 

*上記の内容は一部情報が古い可能性があります。正確な情報については採用試験公式ページをご覧ください。