自衛隊の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

自衛隊の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

自衛隊の専門学校・予備校で評判・口コミ評価の高いスクールをまとめて調査・分析しました。

 

その結果をふまえて、自衛隊専門学校おすすめランキングを作成しました。【自衛隊予備校を含んで比較】

自衛隊専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

 

 

 

 

 

魅力・難易度・倍率【競争率】

 

自衛隊試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

日本の平和や安全を守る自衛隊は陸上、海上、航空、統合幕僚監部に大きく分けられています。その中でも陸上自衛隊の数はダントツに多く、実に14万人以上いると言われています。【自衛隊全体で約20万人】日本全国に約160の駐(分)屯地が設置されていると言われていて、外国の侵略や攻撃を未然に防止するなど重要な役割を持っています。また、震災・飛行機墜落などの救助活動を実施するのも自衛隊の仕事の1つです。実際にこれまでに自衛隊の活躍により多くの国民の命が救われてきました。最近で言えば東日本大震災ですね。この時も救助活動を現場に出て行っていました。

 

陸上自衛隊の中には様々な種類部門があります。例えば普通科、機甲科、航空科、施設科、特科【野戦・高射】、武器科、通信科、会計科、需要科、会計科、輸送科、衛生科、警務科、化学科、音楽科・・・など自衛官の能力と適性に応じて様々な方が働いています。海上自衛隊・航空自衛隊についても陸上自衛隊と同様に様々な仕事がありますので、自分のやりたい仕事に向って働くのもモチベーションを継続して続けるコツの1つになるはずです。

 

採用試験【募集・学校】は数種類あります。

 

自衛隊幹部候補生【一般、歯科・薬剤科】、医科・歯科幹部自衛官、技術海上幹部・技術航空幹部、陸上自衛官【看護】、技術海曹・技術空曹、航空学生、一般曹候補生、自衛官候補生【男子】、自衛官候補生【女子】、防衛大学校学生【推薦・総合選抜・一般前期・一般後期】、防衛医科大学校医学科学生、防衛医科大学校看護学科学生【自衛官候補看護学生】、高等工科学校生徒【推薦・一般】、賃貸学生【技術】、予備自衛官補【一般・技能】

 

試験の難易度は区分によってかなりバラバラです。倍率・競争率についても同様のことが言えます。難易度の低い狙い目の試験も中にはあります。例えば予備自衛官補一般、自衛官候補生、一般曹候補生の難易度は他の採用試験と比較して難易度は低く、短期の対策でも合格しやすいと言えます。しかし、防衛大学や幹部採用の試験は難易度は非常に高いのが特徴です。特に防衛大学は旧帝国大学に匹敵にする難易度と言われているくらい難関です。対策方法として公務員専門学校・予備校でコースを見つけて講座を受講することです。忙しい方であれば通信講座・通信教育を視野に入れてみましょう。

 

ちなみ難易度の高い順に空→海→陸になります。

 

年収・給料・ボーナス・出世事情

 

自衛隊は体力仕事ですので、警察官・消防士と同様に一般の行政職・事務職と比較して給料・年収水準は高くなっています。基本的な給料については陸、海、空で同水準になっています。但し手当などの関係で平均年収には差があるようです。

 

「自衛隊の専門学校」のページは終了しました。

 

*上記の内容は一部情報が古い可能性があります。正確な情報については採用試験公式ページをご覧ください。