国家一般職の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

国家一般職【大卒・高卒】専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

国家一般職【大卒・高卒】の専門学校・予備校で評判・口コミ評価の高いスクールをまとめて調査・分析しました。

 

その結果をふまえて、国家一般職【大卒・高卒】専門学校おすすめランキングを作成しました。【国家一般職【大卒・高卒】予備校を含んで比較】

国家一般職専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

 

 

 

 

魅力・難易度・倍率【競争率】

 

国家一般職試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

主に高卒程度・大卒程度、社会人経験者枠に分かれて試験が実施されています。また、高卒程度の税務職員採用試験についても国家一般職高卒に含まれて説明されているケースが結構多いのが特徴的です。さらに大卒程度の国家一般職試験以外でも各省庁で実施されている採用枠も存在します。例えば農林水産省畜産系技術職員、農林水産省水産系技術職員、国土交通省造船職員、原子力規制庁原子力工学系職員などですね。

 

国家一般職の最大の特徴を伝えるためには日本三大国家試験の1つとされている国家公務員総合職の存在を忘れてはいけません。国家総合職を簡単に説明すると将来の各省庁の幹部候補になる職員を採用するための試験で最終的には「官僚」、「高級官僚」、「事務次官」、「局長」、「審議官」と呼ばれる公務員のほとんどが総合職採用試験【旧国家Ⅰ種】を突破した職員です。

 

一般職と総合職を比較した時の最大の相違点と言われているのが”出世スピード”です。簡単な例を挙げると通常の地方警察官の場合は警察署長になるには50代以降になります。それも出世レースを勝ち抜いた一握りのポジションです。しかし、国家総合職の警察庁採用組は20代中盤~後半で警察署長のポジションに就きます。圧倒的に出世スピードが早いのです。一般職の中では出世組という方の50代の階級と一般的な総合職の20代前半~後半で同じ位の階級であるイメージをした方がいいでしょう。

 

そのため地方ではあまり少ない20歳以上年下が国家公務員では上司になることが良くあります。出世を目指すなら間違えなく一般職ではなく、総合職で合格することをおすすめします。

 

しかし、正直言って国家総合職試験の難易度は一般職と比較して比べものにならないくらい高いのが現状です。何せ東京大学の学生が頑張って合格することができる試験ですので、一般レベルの頭脳で合格するのはかなり至難の業なのです。実際に合格者のほとんどは東京大学、京都大学出身者です。

 

ただ、国家一般職出身者でもメリットはあります。上記で挙げた難易度がそれほど高くない点、残業が少ない点、転勤の地域が狭い点、40代までは総合職との給料格差が少ない点などですね。

 

官僚は基本的に日本全国、さらには海外転勤までありますので、安定した生活を送るのは難しいのです。”激務”と呼ばれるのにふさわしい緊迫したムードで日々仕事をすることになりますので、精神的にも肉体的にも強くなければ勤まりません。実際に一般職と比較して総合職は離職率が高いとまで言われています。

 

年収・給料・ボーナス

 

平均年収は600万円~650万円程度と言われています。民間企業で言うボーナス【賞与】については平均的に約60万円程度です。

 

近年では人件費削減で給料・ボーナスが減額している傾向がありますが、それでも安定感のある年収・給料を魅力的と感じている方は多いのではないでしょうか?

 

「国家一般職の専門学校」のページは終了しました。

 

*上記の内容は一部情報が古い可能性があります。正確な情報については採用試験公式ページをご覧ください。