国家総合職の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

国家総合職の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

国家総合職の専門学校・予備校で評判・口コミ評価の高いスクールをまとめて調査・分析しました。

 

その結果をふまえて、国家総合職専門学校おすすめランキングを作成しました。【国家総合職予備校を含んで比較】

国家総合職専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

 

 

 

 

 

 

魅力・難易度・倍率【競争率】

 

国家総合職試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

合格するとエリートの世間的に認識・イメージの強い”官僚”と呼ばれる存在になります。将来性は抜群に高く、国を背負うエリート中のエリートとして男性の場合、合コンでは女性にモテモテの存在です。もちろんお見合いパーティーや結婚相談所などの需要も抜群に多いので、プライベートでは官僚であることで得すると感じたことのある方は結構多いのではないでしょうか?一般的な地方公務員でも親の自慢になり、世間体は抜群に良いのですから、職業的な魅力については申し分ないはずです。しかし、最近では「天下り撤廃!」、「白アリ官僚」、「官僚の高価な宿舎」、「高い給料」、「癒着」など激しいバッシングを浴びるようにもなってきています。

 

世間の酷い誤解の中には「官僚は仕事をサボっている」などと思っている一般人も多いようです。確かにそのような偉そうな官僚も中にはいますが、大半は日本のために全力で仕事をしている”働き者”ばかります。特に20代・30代の頃は笑えないほど毎日激務の日々が続くようです。忙しい時期はほとんど寝る暇なんてないようです。実は国家総合職合格組の官僚も若い頃は苦労しているのです。さらに40代・50代で高級官僚へと出世しても責任度は一層増し、そのプレッシャーは凄まじいようです。中には日本経済・政治を揺るがす重要な決断・交渉をするケースもあります。そう考えると入庁してから退職するまで結構大変な職業なのです。

 

魅力・特徴について簡単に説明すると、まず最初に挙げられるのは出世・昇任スピードの速さです。国家一般職採用の職員とは比べものにならない物凄い勢いで通常は出世していきます。しかし、上級ポストへの出世争いは非常に激しいのが特徴的です。20代の頃から出世コースの人間などは薄々分かりますが、40代あたりから出世レースに敗れた職員は早々に退官するのが官僚の世界では慣例になっています。野心の溢れている若者で国家公務員総合職試験を受験する人は多く、最終的にはほとんどの職員が「事務次官」のポストを狙います。しかし、各省庁で1人しか就けない最上級ポストですので、就任することができるのは本当に一握りの世界です。過去の歴代有名事務次官を挙げると消費税増税に関わった財務省の斎藤次郎、勝栄二郎などですね。2人の財務省元事務次官はカリスマ性に優れ大物政治家・大臣も一目置く存在だったようです。最近では勝栄二郎は「影の総理大臣」とまで言われた実力者になりました。

 

試験は院卒程度・大卒程度に大きく分かれ、行政、政治・国際、法律、経済、人間科学、工学、数理科学・物理・地球科学、化学・生物・薬学、農業科学・水産、農業農村工学、森林・自然環境区分などがあります。その他の準する試験として厚生労働省獣医系技術職員、農林水産省獣医系技術職員、特許庁意匠審査職などの採用試験も実施されています。

 

難易度【国家総合職】は知っての通り司法試験・公認会計士と並ぶ最難関です。国家総合職の専門学校や予備校を積極的に活用して効率的に勉強を進めることが合格の近道になります。また、自宅で自分で黙々勉強を進めたい方や社会人で働きながら勉強する忙しい方は国家総合職の通信講座・通信教育を視野に入れておくことをおすすめします。

 

年収・給料・ボーナス事情

 

平均年収については当サイトの40歳を例に算出した結果1000万円前後と予想しています。給料・賞与【ボーナス】についても国家総合職の平均年収に準じた金額になると予想!

 

「国家総合職の専門学校」のページは終了しました。

 

*上記の内容は一部情報が古い可能性があります。正確な情報については採用試験公式ページをご覧ください。