刑務官の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

刑務官の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

刑務官の専門学校・予備校で評判・口コミ評価の高いスクールをまとめて調査・分析しました。

 

その結果をふまえて、刑務官専門学校おすすめランキングを作成しました。【刑務官予備校を含んで比較】

刑務官専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

 

 

 

 

 

魅力・難易度・倍率【競争率】

 

刑務官試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

まずは職業の魅力について解説していきます。刑務官の主な勤務先になるのは刑務所・少年刑務所・拘置所になります。犯罪者を相手にする仕事ですので、ネガティブのイメージを持っている方も多いようですが、実は刑務官の仕事は重要不可欠です。受刑者の更生・社会復帰できるように適切に指導するなど社会貢献することができる魅力的な職業の1つでもあるのです。実際に刑務官の仕事内容にやりがいを感じて長年働いている方はたくさんいますので、働いている人だからこそ分かる魅力もあるのかもしれません。

 

仕事内容【刑務官】については日常生活の指導、職業訓練指導、受刑者の相談・悩み事の指導などになります。ちなみに刑務官の身分については法務省矯正局の国家公務員になります。稀に警察庁が管轄していると勘違いしている人もいますが、法務省が管轄していますので覚えておきましょう。

 

国家公務員試験【刑務官】の難易度ですが、全体的に見ると難易度は低い部類に入ります。ただこれは簡単に合格することができるという訳では無いので事前準備が一発合格に大切になります。刑務官試験に強い専門学校・予備校を活用するなど対策しておきましょう。

 

刑務官試験の概要例(受験資格・科目)

 

平成26年度刑務官採用試験について解説します。

 

試験地域区分:北海道、東北、関東甲信越、東海北陸、近畿、中国、四国、九州、沖縄

 

*刑務官A・B(武道あり・武道なし)、刑務官(社会人枠)

 

一次試験:基礎能力試験、作文試験、実技試験【武道】

 

二次試験:人物試験【個別面接】、身体検査、身体測定、体力検査

 

年収・給料・ボーナス・出世事情

 

出世:看守、主任看守、看守部長、主任看守部長、副看守長、看守長、矯正副長、矯正長、矯正監

 

刑務官の平均年収は一般的な公務員に比べて高い水準になっています。初任給の水準が高いのは新卒採用者にとっては嬉しい所です。実際に給料・ボーナス(賞与)に惹かれて刑務官採用試験を受験している方もいるようです。

 

「刑務官の専門学校」のページは終了しました。

 

*上記の内容は一部情報が古い可能性があります。正確な情報については採用試験公式ページをご覧ください。