入国警備官の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

入国警備官の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

入国警備官の専門学校・予備校で評判・口コミ評価の高いスクールをまとめて調査・分析しました。

 

その結果をふまえて、入国警備官専門学校おすすめランキングを作成しました。【入国警備官予備校を含んで比較】

入国警備官専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

 

 

 

 

 

魅力・難易度・倍率【競争率】

 

入国警備官試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

あまり一般の人は聞きなれない入国警備官の仕事内容について紹介していきます。まずどのような場所で働くかと言えば入国管理センター、入国者収容所などです。それぞれ各地方に設置されている機関ですので、人事異動の範囲は日本全国と幅広いのが特徴的です。本題のどのような仕事内容か?についてですが、基本的に海外から訪れる外国人を相手にする機会が多いのが特徴的です。そのため入国警備官には高いコミュニケーション能力に加えて語学力を求められています。

 

主な入国警備官の仕事内容については①違反調査、②摘発、③収容、④送還に大きく分けられています。

 

違反調査では入管法違反をしている外国人の情報収集をして探し出します。違反調査の仕事内容はドラマなどでお馴染みの刑事に似ているので意外と人気がある仕事の1つのようです。ただ一般人から事情聴取するなど入管法違反の外国人の情報を集めるのはかなり大変のようです。

 

摘発では入国警備官は裁判所に一定の許可を受け、違反調査で発覚した違法行為をしている外国人の捜査や身柄拘束をします。逃亡の可能性や暴れる可能性もありますので、身の危険があり現場は常に緊張状態です。警察官の一緒に仕事をすることも多いです。

 

収容では摘発された外国人の収容に関する様々な手続きをします。ここでも逃亡の可能性が考えられるので送還まで油断することはできません。

 

送還では不法残留等の外国人を国籍を元に在日外交館と協力して送り返します。

 

仕事内容【入国警備官】についての説明は簡単に終了させて頂きますが、実は入国警備官は警察庁の組織ではなく、法務省管轄の組織です。意外と皆知らないので覚えておきましょう。入国警備官試験の難易度・倍率については結構高いです。ただそれほど難しくないので公務員専門学校や予備校でしっかり対策をすれば短期で合格を目指すことも十分可能です。また、英語など語学の勉強を欠かさないように!

 

入国警備官試験の概要例(受験資格・科目)

 

平成26年度試験について紹介します。入国警備官試験は実は社会人経験者採用【民間企業職務経験者採用】を実施している国家公務員試験の1つです。高卒程度と社会人枠の試験が一般的です。

 

採用予定数:約30名【社会人枠については若干名】

 

試験実施場所:札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島市、高松市、福岡市、那覇市

 

年収・給料・ボーナス・出世事情

 

出世:警守、警守長、警備士補、警備士、警備士長、警備長、警備監の7階級に分けられています。

 

年収・給料・ボーナスについては一般事務や行政職に比べて若干高い水準ですが、地方の警察官に比べると平均年収は低いです。公安系公務員で年収を求めるのであれば警視庁など地方の警察官採用試験を受験することをおすすめします。入国警備官にはこの仕事でしか味わえない魅力がたくさんあります。是非、合格目指して専門学校や予備校を利用するなど頑張ってください!

 

「入国警備官の専門学校」のページは終了しました。

 

*上記の内容は一部情報が古い可能性があります。正確な情報については採用試験公式ページをご覧ください。