衆議院・参議院職員の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

衆議院・参議院職員の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

衆議院・参議院職員の専門学校・予備校で評判・口コミ評価の高いスクールをまとめて調査・分析しました。

 

その結果をふまえて、衆議院・参議院職員専門学校おすすめランキングを作成しました。【衆議院・参議院職員予備校を含んで比較】

衆議院・参議院職員専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

 

 

 

 

 

魅力・難易度・倍率【競争率】

 

衆議院・参議院職員試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。試験は総合職【大卒】、一般職【大卒】、一般職【高卒】に分かれて実施されています。

 

衆議院職員・参議院職員には国会職員で、事務局と衛視の2種類の採用試験があります。事務局は名前の通り事務的な仕事が多く、デスクワークが中心になります。一方衛視は国会の警備員と言われている存在で、仕事内容についても公安系になります。基本的に衆議院職員も参議院職員も仕事内容にそれほど違いがありませんので、事務局・衛視で仕事内容や魅力・特徴を紹介していきたいと思います。

 

事務局の仕事内容は会議運営部門、調査部門、活動補佐部門の3つに大きく分類されます。会議運営部門では議事部・委員部などがあり、本会議等の事務手続きや処理・補佐などをします。会議資料の作成・連絡調整なども仕事の1つです。調査部門は委員会調査、予備的調査、議員からの依頼調査などが主な仕事になります。議員個人とのやり取も多い部署ですので、コミュニケーション能力が欠かせません。国会議員と言えばプライドの高い人も中にはいますので、結構気を使う仕事でもあります。議員活動補佐部門では主に庶務的な仕事が多くなります。文書、会計、厚生事務、憲政記念館の管理・運営、資料収集・保管、議事速記など多岐に渡ります。議員活動補佐部門は何でも屋のイメージでいいと思います。

 

衛視の仕事内容は国会に不審者が不法侵入しないようにするためなど警備が中心になります。警察官と同様の権限が与えられている訳では無いので、警察官よりどちらかと言えば警備員の方が近いです。国会内の犯罪の予防などはしますが、調査・捜査・逮捕などはしません。

 

衆議院・参議院職員の事務局・衛視の両試験共に超難関試験です。数ある公務員試験の中でも特に倍率が高いことで知られていて、事務局については倍率100倍~200倍は当たり前のようにあります。宝塚歌劇団入学試験、アイドルオーディション、アナウンサーの入社試験などは超高倍率として知られていますが、それと同等以上の倍率と考えておくべきだと思います。衛視試験の場合でも倍率50倍くらいは年度によっては十分考えられます。非常に難易度の高い試験ですので、衆議院・参議院職員に強い専門学校・予備校を活用して早い段階で対策しておきたいところです。特に大卒程度の総合職・一般職は超難関!

 

年収・給料・ボーナス・出世事情

 

難易度については事務局の方が圧倒的に高いのですが、平均年収・給料になると別問題です。基本的に衛視は基本となる給与が高いので賞与(ボーナス)も多く、平均年収が高くなっています。事務局と衛視の給料差のイメージは県庁の行政職と警察官くらいです。

 

「衆議院・参議院職員の専門学校」のページは終了しました。

 

*上記の内容は一部情報が古い可能性があります。正確な情報については採用試験公式ページをご覧ください。