国税専門官の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

国税専門官の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

国税専門官の専門学校・予備校で評判・口コミ評価の高いスクールをまとめて調査・分析しました。

 

その結果をふまえて、国税専門官専門学校おすすめランキングを作成しました。【国税専門官予備校を含んで比較】

国税専門官専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

 

 

 

 

 

魅力・難易度・倍率【競争率】

 

国税専門官試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

最近では知名度が抜群に上がってきた国税専門官は公務員試験の中でも人気がある採用試験の1つです。試験に合格後は埼玉県和光市にある税務大学和光校舎で約3ヶ月程度の間、国税専門官として必要な基礎研修をします。修了後は各税務署に配属されます。人事は基本的に採用局管内で異動を繰り返すケースが多いのが特徴的です。

 

仕事内容については大きく国税調査官、国税徴収官、国税査察官の3つに分けられます。

 

調査官の仕事内容は個人や会社【法人】に対して納税指導、確定申告の書き方、申告内容の確認です。窓口対応が多い部署ですので、コミュニケーション能力の高い人材が求められています。また、個人事業主や会社に直接訪問するケースもあり、出張も意外とあります。確定申告の時期である2~3月は大忙し!

 

徴収官の仕事内容は滞納者に対して督促や差し押さえなど滞納処分をします。自治体を運営するために必要な歳入でもありますので、非常に重要な仕事になります。また、国税庁のエリート集団と言われている特別国税徴収官【特官】なども存在する部署です。

 

査察官の仕事内容は裁判所の許可を得て悪質な脱税者に対して強制調査・告発します。証拠を得るために家宅捜査するなど捜査過程が重要になってくる仕事で、国税査察官はドラマでも度々登場しますね。脱税している犯罪者を刑事告発する納税している個人や会社からは少々恐れられている存在でもあります。不正を暴くなど他の仕事ではなかなか味わえないやりがいを感じることができるのも国税査察官の魅力です。

 

採用試験【国税専門官】の難易度は普通程度です。決して難しい試験ではありませんので、努力次第では合格できる可能性は十分にあるでしょう。倍率・競争率についてもそれほど高くは無いので、勉強に自信の無い方でも対策次第では短期で合格することも可能です。

 

年収・給料・ボーナス・出世事情

 

税務職員ですので、諸手当関係が多いのが特徴的です。一般的な行政職・事務と比較して国税専門官の給料・年収は高い水準にあります。最近では国家公務員・地方公務員全体に言えることですが、賞与【ボーナス】の額が減少傾向にありますが、それでも民間企業に比べると優遇されている方だと思います。

 

「国税専門官の専門学校」のページは終了しました。

 

*上記の内容は一部情報が古い可能性があります。正確な情報については採用試験公式ページをご覧ください。