外務省専門職の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

外務省専門職の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

外務省専門職の専門学校・予備校で評判・口コミ評価の高いスクールをまとめて調査・分析しました。

 

その結果をふまえて、外務省専門職専門学校おすすめランキングを作成しました。【外務省専門職予備校を含んで比較】

外務省専門職専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

 

 

 

 

魅力・難易度・倍率【競争率】

 

外務省専門職員試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

外務省で働いていると言えば一般の人からすれば語学力がずば抜けて高く、海外をまたにかけたエリート集団のイメージが強い職業だと思います。実際にテレビでも外交官はエリート職として伝えられることが多いのが現状です。ただ、外交官の仕事内容を実際に知っている人は結構少ないのではないでしょうか?今回は外務職専門職員の仕事内容について少し紹介していきたいと思います。

 

まず仕事場についてですが、国内の本省と在外公館に大きく分かれています。基本的に入省後は本省だけに勤務するのではなく、在外公館と本省で人事異動を繰り返すことになります。ちなみに在外公館では大使館、総領事館、政府代表部などで働くことになります。

 

本省の仕事内容は外務省全体を調整・連絡したり、外交政策やそのタメの企画・立案をするなどスケールの大きな仕事も多くあります。実際に上級幹部まで出世すると日本の将来を左右するような重要な業務を任されることもありますので、やりがいはありますが、責任重大です。組織は大臣官房、総合外交政策局、機能局、地域局など多数の部門で構成されています。

 

在外公館では海外赴任することになります。特徴を言えば本省勤務に比較して手当等の優遇がありますので、高年収になるケースが多いです。特に赴任する地域によっては危険度の高いエリアもありますので、そういった場所に勤務するとかなり給料が高いようです。仕事内容については相手国との交渉・連絡・調整や日本の国を知ってもらうための広報活動など多岐に渡ります。また、海外の政治・経済の情報収集も外務省専門職の重要な仕事の1つです。ちなみに勤務地は研修語によって大きく左右されますので、自分の働きたい地域などよく考えて検討することをおすすめします。

 

ちなみに育児休業など子育て制度も充実しているので女性にとっても働きやすいと思います。実際に外務省ではそこそこの割合で女性が働いています。

 

外務省専門職試験の概要例

 

一次:憲法、国際法、経済学、基礎能力、時事論文、和文外国語訳、外国語和訳が出題される筆記試験

 

二次:個別面接、グループ討議【集団討論・グループディスカッション】、外国語会話試験、身体検査、

 

年収・給料・ボーナス・出世事情

 

初任給:203,196円【2013年12月現在】

 

初任給を見るとその他手当関係が充実していることを考えると公務員全体の中では給料が高い水準にあります。結論を言えば外務省専門職員の平均年収・給与・ボーナスは魅力的です。

 

「外務省専門職の専門学校」のページは終了しました。

 

*上記の内容は一部情報が古い可能性があります。正確な情報については採用試験公式ページをご覧ください。