法務省専門職員の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

法務省専門職員の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

法務省専門職員の専門学校・予備校で評判・口コミ評価の高いスクールをまとめて調査・分析しました。

 

その結果をふまえて、法務省専門職員専門学校おすすめランキングを作成しました。【法務省専門職員予備校を含んで比較】

法務省専門職員専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

 

 

 

 

魅力・難易度・倍率【競争率】

 

法務省専門職員試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

まずは仕事内容を知らない方のために簡単に法務省専門職員の仕事・業務内容について紹介していきたいと思います。名前の通り法務省で働く人間科学の国家公務員で、少年院や少年鑑別所において非行少年・少女のカウンセリング・コミュニケーション等により更生させて社会復帰されることが主な仕事内容になります。勤務先によって仕事内容は多少異なります。

 

職種については主に矯正心理専門職、法務教官、保護観察官に分かれています。職種や勤務する施設によって仕事内容は異なります。平成26年度試験の場合ですと心理A【男性】、心理B【女性】、法務教官A、法務教官B、法務教官A【社会人】、法務教官B【社会人】、保護観察官の試験区分で実施されています。

 

難易度【法務省専門職】については比較的高いと言えます。倍率についてもそれなりに高いので1~2年程度は勉強期間を設けたいところです。法務省専門職員の専門学校・予備校を活用するなど早い段階で対策することが試験合格のカギになります。また、クレアールの法務省専門職コースのように通信講座・通信教育を活用して合格を目指すのも1つの手です。

 

法務省専門職員試験の概要例

 

矯正心理専門職のケース

 

第一次試験地:札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島市、高松市、福岡市、那覇市

 

第二次試験地:札幌市、仙台市、さいたま市、名古屋市、堺市、広島市、高松市、福岡市、那覇市

 

試験科目:基礎能力試験、専門試験【多肢選択式・記述式】、人物試験【個別面接】、身体検査、身体測定

 

*専門試験では心理学、教育学、福祉、社会学などから出題されます。

 

年収・給料・ボーナス・出世事情

 

平均年収・給料【法務省専門職】は一般的な国家公務員と同等程度ですので、年収で言えば600万円~650万円程度です。期末勤勉手当【賞与・ボーナス】については60万円程度と言われています。
「法務省専門職員の専門学校」のページは終了しました。

 

*上記の内容は一部情報が古い可能性があります。正確な情報については採用試験公式ページをご覧ください。