労働基準監督官の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

労働基準監督官の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

労働基準監督官の専門学校・予備校で評判・口コミ評価の高いスクールをまとめて調査・分析しました。

 

その結果をふまえて、労働基準監督官専門学校おすすめランキングを作成しました。【労働基準監督官予備校を含んで比較】

労働基準監督官専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

 

 

 

 

 

魅力・難易度・倍率【競争率】

 

労働基準監督官試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

最近では超一流女優と言われているスタンダードプロモーション所属の竹内結子主演の日本テレビ「ダンダリン労働基準監督官」で職業の認知度が急上昇しました。このドラマには女優竹内結子の他に松坂桃季、トリンドル玲奈など若手実力派役者も出演しているので見ていない方はDVDをレンタルしてみてください!その他にも北村一輝など人気俳優も多数出演しています。

 

テレビドラマを見ていた方は大体の仕事内容については分かっていると思いますが、念のため簡単に労働基準監督官【厚生労働省職員】の仕事・業務内容について説明していきたいと思います。労働基準関係の法令に基づいて仕事をするのが基本になります。事業所に立ち入り労働条件・仕事上の安全衛生管理についてもチェック・指導・助言します。使命を簡単に言えば”労働者の権利を守ること”です。そのため企業経営者にとっては煙たい存在であるケースも結構あるようです。

 

また、労働基準監督官には法に乗っ取り権限が与えられています。例えば事業所への立ち入り、各種帳簿や書類の確認や労働者への尋問などです。従業員が適切な労働環境で働いているのか、時には厳しくチェックすることもあるようです。違反例で多いのは時間外労働、割増賃金を払わない、安全基準の確保が出来ていない、健康診断を実施していないなどが挙げられます。

 

また、労働基準法以外にも最低賃金法、労働安全衛生法、じん肺法、家庭労働法などの法律を取り扱った仕事をします。

 

仕事の魅力はやはり「人の役に立つ」ことができる点ではないでしょうか?社会的に弱者を救済する手助けをすることも可能で、大変ではありますがやりがいのある仕事です。仕事は主に臨検監督、災害調査、司法処分、安全衛生業務、労災補償業務に分かれています。

 

採用試験の難易度については国家公務員試験全体で考えればそれほど難しい試験ではありません。但し、労働基準監督官の専門学校・予備校などを利用して対策することをおすすめします。

 

労働基準監督官試験の概要例

 

A区分・B区分に分かれて採用試験は実施されています。

 

基礎能力試験【知能分野では文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈、その他知識分野】、専門試験【多肢選択式・記述式】、人物試験【個別面接・性格検査】、身体検査などが実施されます。ちなみにA区分、B区分の試験内容は多少異なりますの注意が必要です。

 

年収・給料・ボーナス・出世事情

 

平均年収・給料【労働基準監督官】は国家公務員の中では普通です。賞与・ボーナスについては中小企業と比較すると多いですが、めちゃくちゃ多いという訳でもありません。労働基準監督官の出世については本人の努力次第で幹部へ昇進することも十分可能です。

 

「労働基準監督官の専門学校」のページは終了しました。

 

*上記の内容は一部情報が古い可能性があります。正確な情報については採用試験公式ページをご覧ください。