税務職員の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

税務職員の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

税務職員の専門学校・予備校で評判・口コミ評価の高いスクールをまとめて調査・分析しました。

 

その結果をふまえて、税務職員専門学校おすすめランキングを作成しました。【税務職員予備校を含んで比較】

税務職員専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

 

 

 

 

 

魅力・難易度・倍率【競争率】

 

税務職員試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

国税庁で働く税務職員の仕事内容は主に個人課税部門、法人課税部門、酒税・酒類担当部門、資産課税部門、国税局査察部、国税局調査部、徴収部門、管理運営部門に分かれています。この中から一部の税務職員の仕事内容について紹介しますね。

 

個人課税部門では主に個人事業主を対象に所得税・消費税に関する業務を遂行していきます。対象が個人事業者ですので、法人と比較して規模が小さいのが特徴的です。申告に関する相談・調査・指導や自書申告の推進などをしています。

 

法人課税部門では会社【法人】を相手に仕事をすることが多いのが特徴的です。法人税など法人に関わる税法業務が主となります。最近では高度情報化の対応に力を入れている部門でもあります。

 

管理運営部門では租税債権等の管理が主な業務になります。

 

徴収部門では申告のルールを守らない人に指導したり、納税しない滞納者に対して捜査・調査などをして財産の差し押さえ、強制徴収します。

 

国税局査察部門についてはドラマ「半沢直樹」で一躍有名になりましたね。国税庁の中でも花形部署と言われているくらい人気があります。脱税の疑いがある人に対して裁判所の許可を取り、強制調査などをしています。また、調査内容を元に告発するのも査察部門の仕事の1つです。

 

資産課税部門では相続税・贈与税・資産譲渡について担当しています。それに関する相談・指導業務や土地評価で重要になっている路線価などを決めることも仕事の1つです。

 

税務職員採用試験【高卒】は国家一般職に比べて若干難易度が低いと言われています。そのため国家一般職は厳しいから難易度が下がる税務職員採用試験に挑戦する人もいます。倍率についてはそこそこ高いのですが、努力次第ではなんとかなるレベルです。税務職員試験に強い専門学校を活用して対策をしておきたいところです。また、通学講座だけではなく通信講座【通信教育】についても注目しておきたいところです。ちなみに採用後は税務大学校に入学して研修をすることになります。

 

年収・給料・ボーナス・出世事情

 

諸手当関係が多いので平均年収は若干高めです。給料・賞与(ボーナス)についても民間企業で働く社会人と比較するとやはり高い水準になっています。

 

「税務職員の専門学校」のページは終了しました。

 

*上記の内容は一部情報が古い可能性があります。正確な情報については採用試験公式ページをご覧ください。