航空管制官の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

航空管制官の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

航空管制官の専門学校・予備校で評判・口コミ評価の高いスクールをまとめて調査・分析しました。

 

その結果をふまえて、航空管制官専門学校おすすめランキングを作成しました。【航空管制官予備校を含んで比較】

航空管制官専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

TACで過去に合格者が出ています。

 

魅力・難易度・倍率【競争率】

 

航空管制官試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

航空管制官は国土交通省の職員で対策講座のある専門学校・予備校が少ないと言われている試験です。まず最初に航空管制官って何?という方も多いはずですので、仕事内容など簡単に説明していきたいと思います。主な仕事内容としては航空機の安全を確保するための支持や情報をパイロットに伝えることです。航空機同士が接触して事故が起きないように支持を出しているのが航空管制官です。空の仕事は常に事故などの危険が伴いますので、責任感の強い人で無ければ航空管制官は勤まらないでしょう。勤務先については航空交通管制部・空港になりますので、人事異動の際は全国を転勤することになります。独身の頃はいろいろな地域で働くことができて、楽しいようですが、結婚すると人事異動って大変ですよね。勤務場所によっては早番・遅番・夜勤の交替制で働くことになる可能性もあります。24時間体制で働く仕事ですので、半端な覚悟では航空管制官の仕事は難しいでしょう。

 

試験の難易度については「やや難しい」レベルです。簡単な採用試験ではありませんが、ある程度の対策は必須と言えるでしょう。

 

ちなみに平成25年度試験の倍率は下記の通りになっています。

 

受験者数:1,436
合格者数:87
合格率:6.05%
倍率:16.5倍

 

上記の通り、航空管制官の難易度はそこそこ高いので、公務員専門学校を利用するなど1次試験・2次試験の勉強を効率的に進めることが合格するためのカギになります。

 

航空管制官試験の概要例

 

1次試験実施地:札幌市、岩沼市、東京都、広島市、松山市、福岡市、新潟市、宮崎市、名古屋市、那覇市、泉佐野市

 

2次試験実施地:札幌市、所沢市、泉佐野市、福岡市、那覇市

 

試験内容:基礎能力試験【知能分野27題・知識分野13題】、適性試験、外国語試験【多肢選択式】、外国語試験【聞き取り】、外国語試験【面接】、人物試験、身体検査、身体測定など。

 

受験資格が一般的な国家公務員試験に比べて厳しい条件になっているので予め自分自身が受験資格・条件を満たしているかを確認しておくことをおすすめします。

 

年収・給料・ボーナス・出世事情

 

航空管制官の給料・年収は一般的な行政公務員と比較すると高い水準にあります。民間で言う賞与【ボーナス】についても高い水準です。航空管制手当、夜間特殊勤務手当、夜勤手当、休日給など他の公務員にはあまり付かない諸手当なども多いので20代・30代の航空管制官でも年収は結構高いです。出世についてはそれほど期待できませんが。

 

「航空管制官の専門学校」のページは終了しました。

 

*上記の内容は一部情報が古い可能性があります。正確な情報については採用試験公式ページをご覧ください。