気象大学試験の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

気象大学の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

気象大学の専門学校・予備校で評判・口コミ評価の高いスクールをまとめて調査・分析しました。

 

その結果をふまえて、気象大学専門学校おすすめランキングを作成しました。【気象大学予備校を含んで比較】

気象大学専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

 

 

 

 

 

魅力・難易度・倍率【競争率】

 

気象大学試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

この試験は高卒程度の公務員試験の中ではトップレベルに難易度が高いのが特徴的です。試験内容が大学受験と似ているので、一般大学受験からシフトチェンジして気象大学試験合格を目指す高校生も結構多いようです。受験資格の年齢制限が決まっているので、できれば一発合格を目指したいところです。難易度は国立大学、上位私立大学と匹敵すると言われていますので、倍率・競争率以上に難しい試験と考えておいた方がいいでしょう。気象大学試験対策をすることができる公務員専門学校もありますので、高校生現役合格できなかった人は入学して効率的に勉強を進めるのも1つの手だと思います。

 

気象大学の魅力は学生ながらに給料が支払われるという点です。勉強しながら給料を貰うことができるのは非常に有り難いですね。これも人気理由の1つになっています。家庭によってはお金が無く、私立だけではなく国立大学の進学させるのも難しいケースが有ると言われています。そのようなケースの方がいるのであれば気象大学を受験するのを検討してみてはいかがでしょうか?国家総合職採用組には出世で劣ると言われていますが、それでも通常の一般職と比較して出世のスピードは早いです。卒業生の多くは経験を積んで気象庁の幹部として活躍しています。合格後は大学部に4年間、研修部で1年間、将来の幹部候補生として様々なことを学ぶことになります。

 

教育課程について紹介すると論理学、科学史、文学、社会学、政治学、公共経営学、英語A・B・C・D・E、仏語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、中国語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、微分積分学Ⅰ、線形代数学、数理統計学、数学演習、物理数学A・B・C、力学、力学演習、熱学Ⅰ、物理学演習、熱学Ⅱ・・・など多数あります。大きく教養系列、基礎系列、専門系列に分かれています。

 

大学卒業生の中には気象庁だけではなく、世界気象機関(WMO)など国際機関で活躍している人もいるようです。キャリアを積むことで様々な活躍の場を広げることが可能です。主な勤務先は本庁、施設等期間、管区気象台等、地方気象台、航空地方気象台、測候所などになります。

 

気象大学試験の概要例(受験資格・科目)

 

平成26年度試験。

 

採用予定者数:15名

 

1次:学科試験【多肢選択式】、作文試験、基礎能力試験、学科試験【記述式】

 

*例年2日間実施されている。試験地は札幌市、仙台市、東京都、新潟市、名古屋市、大阪市、広島市、高松市、福岡市、鹿児島市、那覇市

 

2次:人物試験、身体検査

 

*試験地は札幌市、仙台市、大阪市、福岡市、那覇市

 

年収・給料・ボーナス・出世事情

 

入学当初こそ年収・給料・賞与【気象大学】は少ないのですが、卒業後は経験を積んで出世すれば年収1000万円以上も狙えるはずです。ただ、最近では公務員全体で減給の動きがありますので、今の学生が40代、50代になる頃には状況は変わっているはずです。

 

「気象大学の専門学校」のページは終了しました。

 

*上記の内容は一部情報が古い可能性があります。正確な情報については採用試験公式ページをご覧ください。