裁判所事務官の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

裁判所事務官の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

裁判所事務官の専門学校・予備校で評判・口コミ評価の高いスクールをまとめて調査・分析しました。

 

その結果をふまえて、裁判所事務官専門学校おすすめランキングを作成しました。【裁判所事務官予備校を含んで比較】

裁判所事務官専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

 

 

 

 

 

魅力・難易度・倍率【競争率】

 

裁判所事務官試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

公務員試験の中でも絶大の人気を誇る裁判所職員採用試験は主に総合職・一般職に分かれています。高卒程度・大卒程度・院卒程度の全てで難易度が高いのが特徴的で裁判所事務官総合職試験の合格者は上位国立大学出身者が多いと言われています。裁判所事務官の人気の理由は将来性の高さがあります。努力次第では書記官への道を開くこともですし、さらには簡易裁判官になれる可能性もあるようです。また、経験年数や条件によっては司法書士の資格をゲットすることもでき、公務員の中でもメリットが光る職業の1つと言われています。今回は一般の人はあまり知らない裁判所事務官の仕事内容について紹介していきたいと思います。

 

業務内容は主に裁判部門と司法行政部門に分かれています。

 

裁判部門が実質的に裁判所事務官の花形部署と言われています。裁判に必要な書類の作成・手続き・送付などスムーズに裁判が進むように事務作業をします。弁護士・検察官・裁判官など法律の専門官とのコミュニケーションも非常に大切になってきます。裁判部門の仕事内容は多岐に渡り、時には雑務的な仕事を任されることもあります。最近では裁判員制度に関連する業務なども多いようです。

 

司法行政部門は簡単に言えば総務部的な役割を果たします。仕事内容は多岐に渡り、収入・支出などの会計、物品購入、給与、福利厚生など様々な分野に分かれています。人事異動を繰り返すのが当然の裁判所事務官では初めての仕事に戸惑うケースも多いと言われています。

 

年収・給料・ボーナス・出世事情

 

公務員全体で考えると裁判所事務官の平均年収・給料は高い水準にあると言えます。特に書記官になると結構給料アップしますので、是非チャレンジしてみてください。出世についても本人の努力次第では高卒でも昇進できますので、頑張ってみてください!

 

「裁判所事務官の専門学校」のページは終了しました。

 

*上記の内容は一部情報が古い可能性があります。正確な情報については採用試験公式ページをご覧ください。