国立国会図書館の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

国立国会図書館の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

国立国会図書館の専門学校・予備校で評判・口コミ評価の高いスクールをまとめて調査・分析しました。

 

その結果をふまえて、国立国会図書館専門学校おすすめランキングを作成しました。【国立国会図書館予備校を含んで比較】

国立国会図書館専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

 

 

 

 

 

魅力・難易度・倍率【競争率】

 

国立国会図書館試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

本・書籍が大好きな人にとっては天職とも言える国会図書館職員の仕事内容についてまずは紹介しますね。ちなみに身分については国会職員の特別職国家公務員になります。

 

仕事内容については大きく調査業務、司書業務、一般事務の3つに分類されています。

 

調査業務では国会議員が調査をするために必要な書籍を探したり、立法活動全体を補佐します。政治・経済関連のなど国政に関する調査が多いので国立国会図書館職員にもある程度の知識は求められてくると思います。また、国会議員の日々協力して業務を仕事することになりますので、コミュニケーション能力が高い人材の需要があります。

 

司書業務では都道府県・政令都市などの司書のほとんど一緒の仕事内容になります。ただ国立図書館は非常に規模が大きいので貴重な書物も多いのが特徴的です。膨大な資料・書物の整理・収集・保管など管理することがメインの仕事になります。

 

一般事務は主に庶務的な役割を果たします。例えば予算・企画・立案や施設管理の他、部内の連絡調整役になります。

 

ちなみに配属先としては東京本館(東京都千代田区永田町)、関西館(京都府相楽郡精華町)、国際子ども図書館(東京都台東区上野公園)などがあります。

 

試験の難易度については募集枠が例年少ないことから倍率は200倍以上になることもあるほどの超難関試験です。公務員試験全体で考えても各学歴区分でトップレベルの難易度であることは間違えないでしょう。ただ、これだけの超難関試験を突破することができれば人生の自慢になりますし、自分にとっても大きな自信になる恥ずです。国立国会図書館を目指す価値は十分にあるはずです。公務員専門学校・予備校を利用するなど対策がカギになります。

 

年収・給料・ボーナス・出世事情

 

特別職の国家公務員として給与が支払われます。難易度は非常に高いのですが、国立国会図書館の平均年収・給料は至って平均的な水準になっています。しかも、リーマンショック・東日本大震災以降は賞与・ボーナスは減少傾向にありますので、今後も水準が維持されるとは限りません。

 

「国立国会図書館の専門学校」のページは終了しました。

 

*上記の内容は一部情報が古い可能性があります。正確な情報については採用試験公式ページをご覧ください。