栄養士公務員の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

栄養士公務員の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

栄養士公務員の専門学校・予備校で評判・口コミ評価の高いスクールをまとめて調査・分析しました。

 

その結果をふまえて、栄養士公務員専門学校おすすめランキングを作成しました。【栄養士公務員予備校を含んで比較】

栄養士公務員専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

 

 

 

魅力・難易度・倍率【競争率】

 

栄養士公務員試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

管理栄養士・栄養士公務員は非常に人気があることで知らています。各都道府県・市町村区での募集では管理栄養士・栄養士に分かれていますが。ここでは公務員栄養士に的を絞って説明させて頂きます。

 

公務員栄養士として採用されると保健所、保健センター、学校、病院、保育園、幼稚園などで働くことになります。実は公務員栄養士の活躍の場は幅広いのです。1つの機関に長年勤めるのではなく、様々な施設形態でキャリアを積んでいきたい方などに公務員はおすすめです。

 

民間であれば最近ではプライベートジム、完全個室のマンツーマンジムなどのダイエットジムで活躍する栄養士も結構いますし、健康関連・食品関連の企業での需要もあります。民間か公務員かで悩むところですが、自分がやりたい仕事は何なのか?ということが一番大切だと思います。例えばダイエットに興味があるのであれば上記で説明したようなダイエットジムに就職するのも1つの手です。公立学校に勤めて献立を作るなど子供の成長に携わりたいのであれば公務員試験を受験するといいでしょう。

 

日本でも欧米のように生活習慣病の方が増えてきているようです。そうした問題を改善させるための対策を練るのも栄養士の資格取得者の役割の1つだと思います。社会貢献できるやりがいのある仕事がたくさんありますので、是非就職成功に向けて頑張ってくださいね!

 

年収・給料・ボーナス・出世事情

 

初任給については資格免許職ということで行政職と比較して若干高く設定されているケースが多いです。しかし、出世するためのポストがそもそも行政職に比べて少ないので上級幹部への道のりは険しいのが現実です。40代・50代になると事務系公務員との給料・給与差が開くこともあるでしょう。しかし、一般的に考えると栄養士公務員の待遇は良いと言えるでしょう。民間企業の場合はいきなりボーナスカットという可能性も十分ありますが、公務員の場合は減額はあっても、いきなりボーナス0円になることは正直考えにくいです。

 

「栄養士公務員の専門学校」のページは終了しました。

 

*上記の内容は一部情報が古い可能性があります。正確な情報については採用試験公式ページをご覧ください。