資格スクエア宅建の評判・特長レビュー!

公務員専門学校比較

MENU

資格スクエア宅建の評判&口コミ!特長レビュー

宅建士試験に特化した講座を開設している学校や通信講座はたくさんありますので、ライフスタイルに合わせて自分にあった試験対策が可能です。ですが逆に、どこにすれば良いのか迷えわれる方も多いことでしょう。ここでは通信講座資格スクエアに注目!口コミ、体験談を交え、特徴や魅力をまとめていますので、参考比較としてご覧下さいね!

 

※こちらで掲載している情報は今後、変更、終了となることも考えられますので、公式HP,資料請求で確認して下さい。

 

 

資格スクエア≪宅建講座≫特徴

 

日本で最難関の司法試験・予備試験でも多数の合格者を生む資格スクエアは法律系資格に強みがあるのが特徴です。宅建の出題科目は宅建業法、権利関係、法令による制限、税法その他関連知識となっており、資格スクエアは宅地建物取引士試験にも強みのあるオンライン学習サービスとなります。

 

動画を観ながら講義資料を同時に読むことができ、スマホ1台で合格に必要なインプット学習ができますので、忙しい社会人の方も無理なく学習することができます。また、満点を目指さない、しかし、確実に合格点を取るというコンセプトで、試験に出題されやすいところに徹底的に絞った学習内容になっていますので、短期間でマスターすることができます。

 

受講ポイント

 

  • スマホやPCでスキマ時間を使って学習
  • 法律勉強のノウハウを凝縮したオリジナル教材
  • 合格に必要なことだけ学ぶスリム学習
  • 動画講義の時間は合計で約100時間

 

資格スクエアの宅建講座最大の特徴は、すべて過去問題が起点になっていることです。テキストを読んでから問題を解くという従来のアウトプットではなく、実際に出題された問題の周辺知識を先にインプットしその知識をアウトプットします。過去問頻出の周辺知識にフォーカスした講座で徹底的にアウトプットすることができます。

 

そして、出題頻度の高い問題、受験生が間違えやすい問題、法改正や出題傾向を踏まえ出題が予想される問題を厳選した「直前対策講座」で総仕上げすることができます。

 

今、宅建士講座(2019年向けお得な合格パック!)に申込みすると「クラウド宅建士OUTPUT」、暗記事項チェックシートを全科目分プレゼント中!

 

コース詳細

 

2019年向け宅建合格パック

 

受講料 64,800円
講座内容 ・インプット講座(約50時間)

・アウトプット講座(約40時間)
・直前対策講座(約10時間)
※問題演習機能・質問機能を省き、価格を抑えたプラン

テキスト ・オリジナルレジュメ ※講義にオンラインレジュメとして添付

・2019年版テキスト

 

資格スクエア宅建の口コミ&評判

 

田中講師の話し方がはっきりとしていて、テンポがよく、メリハリもあるので、集中しやすかったです。法律関係など複雑な項目も、実務に基づいたコメントや、わかりやすく噛み砕いた解説がとっつきやすく、記憶の定着につながった気がします。宅建試験合格を目標に割り切ったポイントで教えてもらえたので、要点が絞れて助かりました。

大手予備校のように一度の講義に1〜2時間もかからず、10〜30分程度の短い講義を沢山配信されているので、スキマ時間に大活躍しました。また、わざわざ講義の為にPCを立ち上げる必要もなく、動画再生も問題も全てスマホで出来る点が魅力でした。

倍速設定の他にも、動画と音声のみの切り替えも自由にできるなど、とてもユーザーフレンドリーな仕様となっており、インターネット環境さえ整えば、ストレスなく快適に学び続けることができました。隙間時間は場所を選ばない動画講座を視聴し、テキストを開ける時間や場所では問題演習をし、限られた時間の中でインプットとアウトプットを心がけた結果、短い学習時間であったにも関わらず合格することができました。

インプット講座では田中講師が濃淡をつけて解説してくださるので、ポイントを押さえた勉強ができ、大変助かりました。

 

資格スクエア宅建の合格者体験談を見ると、充実したカリキュラム、受講スタイル、田中講師についての好評の意見が目立ちます。スマホひとつでスキマ時間に勉強できるので、仕事で外に出ていることが多い人やまとまった勉強時間が取れない人などにおすすめの宅建講座となります。自分の時間配分で勉強できて、拘束時間も無く勉強時間をかなり圧縮することができると考えられます。

 

宅建士試験対策おすすめページ

 

 

 

公式サイト

 

資格スクエア