公務員専門学校・予備校の実態に迫る!

公務員専門学校【実態に迫る!】について紹介しているページです。公務員専門学校や公務員予備校ではどのような勉強をするのか?実際に合格することはできるのか?民間への就職率は?その詳しい実態に迫っていきたいと思います。

 

公務員専門学校・予備校の勉強手法について

 

勉強方法として大きく通学タイプ、通信タイプの2つの種類に分けられます。通学講座では直接最寄の校舎に登校して授業・講義を受けるのが一般的です。一方通信講座の場合は校舎に直接行かずに郵送されてきた公務員試験対策の教材で勉強を進めることになります。公務員通信教材はWEB、DL(音声ダウンロード)、DVD、テキスト教材の大きく4種類あります。

 

予備校では東京アカデミーのように生講義をしているケースもありますが、クレアールなど生講義以外の通信教材などで勉強するタイプのスクールもあります。公務員専門学校は基本的に講師・教師が授業する形式になっています。高校や中学の授業で内容が公務員試験対策と考えると分かりやすいと思います。

 

以上が主な勉強手法の実態でした。

公務員専門学校で実際に合格できる?

 

合格率・合格実績の実態について追及していきたいと思います。専門学校や予備校を活用して多額の学費・費用を使うのは公務員試験に合格するためですが、本当にそれだけのお金を払ってまで利用する価値はあるのか?実態について検証してみました。

 

資格の大原、東京アカデミー、資格のTAC、LEC東京リーガルマインドなど一部の公務員専門学校や予備校では合格実績や合格者数を資料やホームページなどで紹介しています。実際に合格率など実績を掲載している専門学校や予備校は自分の学校の結果について自信を持っている証拠です。実際に公務員試験に成功した学生はたくさんいることが多いです。

 

体験談・口コミで大原専門学校や東京アカデミー・TACなど公務員予備校で高い評価を受けているスクール・塾は結構多いので、独学と比較して充実した環境で試験対策することができるの間違えないでしょう。

 

教養試験・専門試験・論文試験など筆記対策だけではなく、個別面接・集団面接・集団討論(グループディスカッション)などの対策や練習を徹底的にできるのも専門学校や予備校の魅力です。

 

失敗したケースの民間企業就職について

 

いかにノウハウの高い公務員予備校・専門学校を活用しても全ての学生が合格できる訳ではありません。当然、1年・2年活用したけど不合格に終わってしまう人は出てきます。

 

専門学校・予備校を利用して公務員試験に失敗すると一生フリーター・アルバイト生活!?などと不安に思っている人も多いでしょう。

 

確かに公務員予備校の多くは公務員試験に合格させるために全力でサポートしてくれますが、多くの学校は就職までは対象外になっています。

 

一方専門学校の場合は例え公務員試験に失敗しても就職のお世話をしてくれるのが基本です。実際に大原公務員専門学校などでは民間企業に就職しても即戦力として働けるようにそういった授業もあります。

 

また、大原公務員専門学校では結構有名企業に就職している学生はいますので、就職にも強いのが特徴的です。