公務員専門学校【就職内定率】

公務員専門学校の就職内定率について分析していきます。公務員専門学校と言えば就職に強いイメージがありますね。実際に「就職率」、「一部上場企業内定者数」などを猛アピールしている公務員専門学校は多いですね。

 

一般的に専門学校の公務員コースに入学した場合、民間企業にも就職することができるようにビジネススキルを身に着けたり、資格取得を支援してくれるケースが多いようです。

 

専門学校によって身に着けるスキルや取得を目指す資格は異なりますが、主な例を挙げてみました。

 

  • 宅地建物取引主任者
  • 簿記検定
  • 漢字検定
  • 秘書検定
  • Word検定
  • Excel検定
  • 販売士検定
  • 電卓検定
  • 国内旅行取扱管理者
  • 総合旅行取扱管理者
  • 電話マナー

 

以上は一部のスキル・資格です。それ以外でも専門学校によって取得を目指している資格やスキルはありますので、公務員試験に万が一不合格になった場合のことを考えるとこうしたサポートが手厚い専門学校がおすすめです。予備校・塾などは公務員試験に合格することに1点集中しているので、就職のサポートは基本的に期待できないと考えておくといいでしょう。公務員専門学校ではこうした万が一の事態でも対応することができるように事前に対策を練っておいてくれるケースが多いので就職に関しては心強いです。

 

実際にどのような民間企業に就職するのか?【大原専門学校】

 

*公務員コース以外の学生についても含まれています。

 

JR九州・東海・東日本・北海道、阪神電気鉄道、東京メトロ、かんぽ生命保険、ゆうちょ銀行、北海道銀行、西京銀行、H.I.S、近畿日本ツーリスト、京王プラザホテル、帝国ホテル大阪、プリンスホテル、京セラ、大正製薬、エイブル、ダイエー、ヨネックスなど多数の優良企業へ就職した生徒が大原専門学校の卒業生では多数います。

 

実際に大原以外でも企業の求人を多数持っている専門学校は多く、卒業までに公務員試験に合格することができなくても、就職まで全力でサポートしてくれるので安心して公務員試験にチャレンジすることができるはずです。また、公務員か民間企業への就職に迷っている方向けの併用して対策することができるコースなども学校によってはあるので必見です。