TAC教員採用試験通信講座の評判・特長レビュー!

公務員専門学校比較

MENU

TAC教員採用試験通信講座の評判&口コミ!特長レビュー

教員を目指す受験生は、大学生3割、既卒者、非常勤講師が7割としており、合格者全体の約半数は教職経験者としています。そして最終合否をきめる人物試験(論文・面接)では、教職経験の有無が回答のレベルを大きく左右することから、教職経験のない学生の方は特に入念な準備が必要と言えます。

 

ここでは公務員予備校として名高いTACに注目!教員採用試験対策の特徴や受講メリットを口コミ、評判を交え紹介!一発合格、最短合格を狙う受験生は学校選びの比較として参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

※こちらで掲載している情報は今後、変更、終了となることも考えられますので、公式HP,資料請求で確認して下さい。

 

TAC通信講座≪教員採用試験≫特徴

 

資格の学校TACは、小学校、中学校、高校、特別支援学校の教員採用試験合格実績があり、既卒者のほかに大学在学中に一発合格者もたくさんいます。TACの教採試験対策の受講メリットは、人物対策に重点を置いたカリキュラムで、筆記は効率的に仕上げ、通信メディアでも万全なサポートで合格まで導いてくれることがあげられます。

 

論文添削・面接練習が無制限

 

面接実施校舎:札幌校・仙台校・新宿校・渋谷校・立川校・横浜校・大宮校・津田沼校・名古屋校・京都校・梅田校・神戸校・広島校・福岡校

 

本科生は回数無制限にて論文答案を提出できますので、完成論文ができるまで何度でも気軽にまた積極的に取り組むことができます。そして面接練習は、講師が通年でマンツーマン指導!校長や教育委員会の経験者を含む教職経験豊かな講師が、個人面接・場面指導・模擬授業・集団討論(面接)を徹底的に実践指導してくれます。継続的に適切な指導を受けることで着実に本番に通じる力を養うことができます。

 

◦私は1週間に1つ論文を提出することを目標に、2次試験まで30回程度添削をお願いしましたが、さまざまな先生が毎回丁寧な添削をしてくださり、本当にありがたかったです。

 

◦私は面接が大の苦手でした。正直、このマンツーマン指導も最初は後ろ向きな気持ちでした。指導の直前まで「やりたくない」という気持ちがどこかにありました。しかし、実際にやってみると一つずつ丁寧に指導してくれ、悪い点だけではなく良い点もたくさん言っていただきました。練習の最終日には、とてもいい形で終わり、当日も練習の成果を発揮することができました。

 

Web・音声DLフォロー標準装備

 

  • Web通信講座:音声ダウンロード標準装備
  • DVD通信講座:Webフォロー音声ダウンロード標準装備

 

インターネット環境があれば、PC・スマホ・タブレット端末で、いつでも・どこでも・何度でも講義を視聴できますので、スキマ時間や通勤通学中など有効に活用して学習を進めることができます。そして1回の講義を分割受講したり、高速再生したりできるので、効率的・継続的な学習が可能で予習や復習にも最適です。

 

いつでも、どこでも、自分の好きなときに学習できる点がよかったです。大学に通いながら試験対策をすすめるとなると、なかなか教室講義のスケジュール通りには予備校に通えません。TACは教室講義を収録しているため、教室生と全く同じ講義をWebで受講することができます。校舎に行く時間がないときや、大学の空きコマの時間に学習したいときなどは、Web講義が非常に役立ちました。大学が忙しい時期も合間をぬって、1日1講義・1復習と学習を習慣化させることで、効率よく対策を進めることができました。

 

教員採用試験対策コース

 

速修本科生36回~・速修本科生PLUS53回~

 

  • 選択科目なし Web通信講座¥104,000 DVD通信講座¥141,000
  • PLUS 選択科目なし Web通信講座¥142,000 DVD通信講座¥192,000
  • 短期学習者向けにコースを再編成
  • 「一般教養」「専門教養」「県別対策」の科目は選択して受講可能

 

コースには必修科目として「教職教養」「論文対策」「面接対策」がパッケージされており、春から始める方向けのカリキュラムです。受験する自治体また校種・教科によって出題有無や内容が異なる「一般教養」「専門教養」「県別対策」は選択科目として用意。本科生は全26 種類の選択科目から選択して学習が可能です。

 

集中本科生48回~・集中本科生PLUS65回~

 

  • 選択科目なし Web通信講座¥111,000 DVD通信講座¥151,000
  • PLUS選択科目なし Web通信講座¥149,000 DVD通信講座¥203,000
  • 教職教養のアウトプットが充実した、速修本科生の上位コース
  • 「一般教養」「専門教養」「県別対策」の科目は選択して受講可能

 

ベースとなるコースには、「教職教養」「論文対策」「面接対策」について、合格に必要な教材とカリキュラム(INPUT&OUTPUT)がすべてパッケージされています。本試験まで追加受講料は一切かかりません。

 

人物本科生4回~・人物本科生PLUS31回~

 

  • 選択科目なし Web通信講座¥66,000 DVD通信講座¥89,000
  • PLUS選択科目なし Web通信講座¥77,000 DVD通信講座¥104,000
  • 人物試験特化型コース
  • 「一般教養」「専門教養」「県別対策」の科目は選択して受講可能

 

論文と面接に対策を絞ったシンプルなコースです。特別(特例)選考で筆記試験が免除になる方におすすめです。

 

TACの教員採用試験は、受験先に応じた試験対策ができるのも魅力で、また、初学者、受験経験者どちらにも対応しています。そして、上記の他に東京都に特化したコースも用意!「東京都 論文特訓ゼミ」は、最新の出題形式に合わせた東京都専用の論文対策を実施。詳細な過去問分析と出題予想を行う講義と、少人数で個別フォローを受けながら答案作成を行う実践を通じて、論文の実力アップを図ることができます。

 

TAC教員採用試験通信講座の合格体験談、口コミ評価

 

私が数ある予備校の中からTACを選んだ理由は2つあります。 まず1つ目は、WEB受講ができるという点です。私の大学の周辺には予備校がなく、通学での受講は金銭的な問題があるとともに、通学時間が無駄であると考えていたので、私にぴったりの受講方法でした。次に2つ目は、人物対策の練習が無制限であるという点です。様々な講師に見ていただくことができるので、様々な意見を頂ける環境であるという点が魅力的でした。

TACはWebで講義がみられるので時間の制約がなく自由に受講できるとことや、論文・面接を講師の方々が1対1で丁寧に指導してくれるところがよかったです。効率よく勉強していくにはTACが一番だと思います。

まず県別対策がよかったです。講義や教材がすべて受験先の出題傾向をもとに構成されていたので重宝しました。また問題集解説(旧:演習)もよかったです。TACでは解説講義があり、解説が丁寧でよく理解でき、時間の省略にもつながりました。

 

TACの教員採用試験評判は、面接、論文対策について高評価を得ており、無制限で練習できるため、万全な体制で試験に臨むことができたと実感している方は多いようです。また人物試験を見すえた講義や教材も口コミ定評があり、忙しい受験生にとってTACの通信講座は、効率的に学習効果UPができると好評です。仕事や子育てをしながらでも自分のスケジュールに合わせて学習を進めることができたといったコメントもあります。

 

 

TAC