TAC支払い方法~分割・クレジットカード払いOK

公務員専門学校比較

MENU

TAC支払い方法~分割・クレジットカード払いOK

ここではTACの支払い方法についてまとめていますので、クレジット払いや分割払いを検討している方は、参考としてご覧下さいね!また、受講費用の20%(最大10万円)がハローワークから支給される制度についても紹介!条件に該当している方はお得に受講することができます。

 

※こちらで掲載している情報は今後、変更、終了となることも考えられますので、公式HP,資料請求で確認して下さい。

 

TAC受講料の支払いまとめ

 

申込み方法による支払い方

 

校舎窓口申込 現金、デビットカード、クレジットカード(一括のみ)、TACの教育ローンの利用が可能
郵送申込 銀行振込み、郵便振替、TACの教育ローンの利用が可能
インターネット申込

(e受付)

クレジットカード(分割も可)、コンビニ支払い、ペイジー(銀行・郵貯決済)の利用が可能

 

TACは分割やクレジット支払いも可能ですが、申込みの仕方によっては対応していませんので、確認しておく必要があります。クレジットカード(一括)で済ませたい方は校舎の窓口、e受付での申込みとなり、クレジット分割払いは、e受付のみとなります。また教育ローン(分割)の場合は、窓口や郵送申込みに限り利用することができます。

 

TAC教育ローンで分割払い

 

  • 回数:1・3・6・10・12・15・18・20・24・30・36回
  • 頭金入金の有無は希望によって選択 ※デビットカード・クレジットカードによる頭金の支払いは不可
  • 月々均等払い・ボーナス併用払い・スキップ一括払い・スキップ後均等払いから選択

 

利用金額3万円以上、月々の返済5千円以上から利用することができ、講座受講料のみ対象となっています。学生、未成年者、勤続年数1年未満の方、無職の方は原則として連帯保証人(お勤めしている親権者)が必要となります(勤続年数が1年以上でも連帯保証人が必要な場合があります)。また専業主婦の方は原則として連帯保証人不要です。

 

そしてローンの利用にあたっては、信販会社の審査があり、場合によっては利用不可となることもあります。

 

窓口にて講座申込みの場合

 

当日の持ち物
印鑑(お引落口座の金融機関届出印) ※シャチハタ印不可
運転免許証もしくはパスポート(お持ちでない場合、以下のものから2点)
《学生証・健康保険証・社員証・定期券・クレジットカード・キャッシュカード》

 

窓口申込みの場合、即時ローン審査に入り、時間にしておよそ30~60分(目安)要します。連帯保証人付の場合、信販会社より連帯保証人予定者様宛に確認の連絡が入りますので、事前にその旨を伝えておくとスムーズに進みます。

 

郵送にて講座申込みの場合

 

  1. 講座申込書類と合わせ、TAC教育ローン申込書を郵送申込係宛に送る
  2. ローンの申込用紙は電話や校舎窓口もしくは、HPよりで請求できます

 

書面審査の場合も信販会社より数日以内に、本人および連帯保証人様宛で確認の電話が入ります。

 

教育訓練給付制度の手続き

 

  1. 自身が支給対象者の要件を満たしているか確認
  2. TACへ「教育訓練給付制度(一般)申請申込書」を提出 ※通学生は窓口、通信生は郵送
  3. 受講中は計画的に学習を進める
  4. 本人で住所を管轄するハローワークへ支給申請(申請期限は、原則として修了日の翌日から1ヶ月以内)

 

TACの修了要件

 

通学生

 

修了試験での正答率が60%以上であること
修了日までに出席率が80%以上あること

 

通信生

 

修了試験での正答率が60%以上であること
修了日までに添削答案提出率80%以上あること

 

教育訓練給付金を受け取るためには、上記の要件に留意して計画的に学習を進めていく必要があります。

 

 

TAC