公務員専門学校比較・口コミ

公務員専門学校比較

MENU

公務員専門学校・予備校比較・口コミランキング

公務員専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】を紹介しているサービスです。公務員専門学校比較ランキング【2016年最新版】でスクール選びをするなど参考にして頂ければと思います。当サイトおすすめ「公務員学校ランキング」のサイトは下記の通りです。(警察官・消防士など公務員試験全体を対象にしています。)

 

公務員試験予備校選びに迷っている方必見!通学~通信、高卒・大卒・経験者採用のあらゆる試験区分の公務員試験対策の予備校をランキングで格付けしています。ポイントは速報で順位を発表して、最新のランキング情報を維持している点です。公務員予備校選びならこのサイトはおすすめ!

 

*黄色い文字をクリックすると見れます。

 

通学講座・通信講座を比較!おすすめはどっち?

公務員専門学校や予備校で合格を目指す方で通学と通信講座で迷っている方は多いのではないでしょうか?通学・通信の違いを比較して行きたいと思います。警察官・消防士専門学校選びをしている方も必見ですよ!(一般的な違いを比較していますので公務員専門学校によっては異なる可能性があります。)

 

通学講座の特徴について

 

直接指導を受けることができる
分からないところを質問しやすい
同じ目標をもった友達を作りやすい(恋愛に発展することも!)
学費・費用・授業料・入学金が高い
通学までの時間に無駄が多い

 

通信講座の特徴について

 

学費・費用が安い
いつでも・どこでも勉強できる
無駄が無く効率的に勉強を進めやすい
意志が弱いと挫折する可能性が高い
リアルタイムで質問の返答が返ってこない

 

まとめると時間のある学生なら通学を選択するメリットは大きいが、社会人など働きながら公務員試験の勉強をする人にとっては通信講座の方が魅力的と分析しました。費用・学費を比較してコストパフォーマンスを考えると通信講座が一歩リードと考えます。実際に専門学校ではなく、予備校の通信講座を活用して合格している方は結構多いです。公務員・警察官・消防士試験を受験する方は自分に合ったタイプを選んで一発合格を目指しましょう!

独学で公務員試験合格するには参考書・問題集選びが重要

 

通信・通学の公務員専門学校やスクール・塾を利用しないで、独学で勉強して公務員試験対策するのも1つの手です。実際に難関試験を独学で突破している受験生もいますので、専門学校や予備校を利用しなければ100%合格できない訳ではありません。独学に不安を持っている人は無理かもしれませんが、自分の勉強・学習方法に自信があるのであれば費用・学費を安く抑えるという意味で独学はメリットがあります。

 

但し、独学で勉強するのであれば参考書・問題集・テキスト選びに力を入れてください。公務員試験を突破するための参考書・問題集は数種類あり、人によって勉強しやすい書籍は異なってきます。実際に参考書で合否が決まると言われているくらい重要なので、入念に選びましょう!1冊あたりそれほど費用は掛からないので複数購入するのもアリです!

 

一年制と二年制の公務員専門学校どっちがいいの?

 

メインとなる学科において短期で合格を目指す1年制とジックリ基礎から学ぶ2年制コースで構成されているのが一般的になります。入学においてどちらにすればいいのか?悩む方も多いと思います。

 

結論を言えば高卒程度の公務員試験を目指すのであれば一年制がおすすめです。理由はシンプルに4月に入学して9月の本番までにミッチリと対策をすれば十分に間に合うからです。

 

今後のキャリアを考えると1年でも早く合格をする方がメリットがあると思いますし、短期間であれば集中して学習に臨むことができるはずです。ちなみにほとんどの公務員専門学校では1年目に失敗した場合は2年目も継続することができる進級システムがあります。詳しい内容は各種異なりますので、入学先でご確認くださいませ。

 

土日・夜間の公務員専門学校ってどうなの?

 

仕事と勉強を両立する場合ですと試験対策に使える時間は限られています。その場合は夜間・土日に開講している公務員予備校・専門学校を利用するのが一般的だと思います。

 

但し、全日制に比べるとカリキュラムが少ないなど不安の声を挙げられている方は結構多いのが特徴的になります。しかし、実際には合格実績を考えるとそれほど大きな差は無いみたいです。

 

その理由としては限られた時間しか学習をすることができないので、その分メリハリを付けて効率的に勉強しやすいみたいです。夜間・土日の公務員学校だからと言って不利になる訳ではないので、安心して合格を目指しましょう。

更新履歴