簿記専門学校比較

公務員専門学校比較

MENU

簿記専門学校比較ランキング&おすすめ

 

簿記講座安い・格安費用・学費で受講したい!と考えている方も多いと思います。確かに簿記専門学校費用・料金は非常に大切で、誰でも安い・格安で簿記予備校のノウハウを借りたいと考えますね。当サイトは簿記2級をメインに簿記1級~3級通信講座おすすめランキングや通学専門学校比較など徹底的にスクール塾を分析して紹介しています。例えばクレアールは優れたWEB動画などがポイントで会計知識初心者の方でも安心して効率的に勉強することができます。教材の質が高いのに簿記講座の価格・値段が安いと評判&口コミです。ただ、通学スクールはなく、クレアールの場合ですと自宅勉強型である通信教育の学習スタイルになります。その他通信で人気があるのは業界大手のTAC、大原、LECを筆頭に近年人気を集めているネットスクール、フォーサイト、さらには通信スクールとして抜群の知名度を誇るユーキャン、たのまななど兎に角優良学校が勢揃いしているのが大きなポイントです。

 

通学講座に強い簿記学校おすすめは資格スクール大栄ですね。札幌、広島、福岡、神戸、名古屋、大阪、京都、、など主要都市を中心に仙台市、盛岡市、新潟県、岡山、徳島、愛媛、香川など幅広い地域に簿記予備校・塾があります。大栄以外だとTACが通学において人気がありますね。首都圏である東京(池袋、渋谷、新宿を中心に)、千葉、埼玉、神奈川(横浜市)に強いのが印象的です。実際にTAC簿記講座は評判&口コミ評価に優れていて、上記以外でも神戸、広島、大阪、京都、岡山、福岡、札幌など様々なエリアに校舎があります。簿記専門学校比較ランキングについてはページ最後に掲載しています。

 

個人事業主や法人経営者必須スキル?

 

日商簿記試験と言えば国家資格の中でも受験生が抜群に多いことで知られています。なんとその人数は年間にして60万人以上と言われています。(日商簿記1級、2級、3級、4級の合計)

 

なぜこれほどまでに簿記はニーズがあるのか?魅力・メリットについて簡単に紹介していきたいと思います。

 

皆がこぞって日商簿記試験対策に頑張るには理由があります。最初に挙げられるのは民間企業への高い需要です。簿記を取得していることで会計の基礎が分かっているという知識の証明になります。会計・経理業務は個人事業主でも法人の会社でも必須の仕事になりますので、単刀直入に言えば全ての社会人にとって必要不可欠の知識になります。実際には簿記に関する知識が全くない方は大勢いますので、簿記の資格を持っていなくても仕事で活躍することは十分可能です。しかし、自分が働いている会社の経営状況を把握することが出来ないなど、実は気が付かないだけでデメリットは存在しています。

 

会社のお金の流れを知ることで様々な事業戦略に活かせるケースもあります。例えばミーティング、会議、さらには出張先での事業商談など簿記の知識がないために話についていけない営業マンは結構います。そのような話しになった時でもスムーズに対処することができる最低限の知識は身に着けておきたいところです。

 

さらに言えば雇用されている社員ではなく、個人事業主・会社経営者取っては欠かせないと言っても過言ではありません。事業・会社の経営状況を把握することが出来ない人材がトップを務めればいろいろ問題が出てきますからね。税金対策など様々なメリットを考えると個人事業主なら簿記3級、法人経営者なら簿記2級は最低でも取得しておきたいところです。簿記専門学校比較や簿記通信講座ランキングについては少々お待ちください。

 

また、実はこのようにビジネスの世界だけではなく、実は高校生の時に取得しておくと結構お得だったりするのが簿記の魅力です。例えば専門学校や大学の入試試験で優遇措置を取っている学校は結構ありますので、進学を有利にする目的でゲットする学生も多いのだとか。将来的に様々な役割において重要なビジネスマン必須のスキルですので、高校生、大学生の内に取得しておきたいところです。また、社会人の方でも20代、30代だけではなくベテラン層の40代、50代についても是非目指してもらいたいですね。

 

簿記の知識を活かせる就職・転職先について

 

続いて紹介するのは初心者向けの簿記4級、人気の簿記2級、3級、さらには難易度の高い簿記1級取得後にどのような就職・転職先があるのか?検証してみました。まあ、簡単に言えば転職エージェントや求人サイトで調べるのが早いのですが、一般的に簿記の有資格者で重宝されるのは2級以上です。経理分野でキャリアを積んで行きたいのであれば簿記1級・・・さらには税理士の資格取得を目指すのもいいと思います。基本的に資格ととったから専用の求人・募集がある訳ではなく、どの会社でもアピールポイントになると言ったところでしょうか。この業界に就職したいから取得するのではなく、会社の採用試験においてPRするために取っている方が多いというが印象的です。

 

平均年収・給料について

 

簿記の平均年収・給料については取得者の数が多すぎて不明です。

 

難易度・合格率推移

 

簿記4級については早い方で数週間程度でマスターして合格を狙うことができます。ほとんどの方は簿記専門学校や予備校【通信・通学】は利用しないで独学で勉強するのが基本になっています。難易度は低いです。

 

簿記3級は勉強期間の目安で言えば1ヶ月~3ヶ月程度、簿記2級は4ヶ月~5ヶ月程度、最難関の簿記1級については10ヶ月程度を目安に学習を進めるといいでしょう。簿記3級の難易度は低い、2級は普通、1級はやや難しいと言ったところですね。

 

続いて合格率についてですが、試験区分によって大分異なります。

 

1級:約10%

 

2級:約25~35%

 

3級:約40%

 

4級:約40~50%

 

合格率推移については年度によってバラバラです。簿記2級試験でも稀に10%台の低い合格率のケースもあります。かなりムラがあるのが特徴的の試験です。

 

簿記予備校比較!通信講座&通学ランキング!

 

簿記専門学校比較ランキングについて紹介!簿記専門学校おすすめはココだ!

 

なお、当サイトは評判&口コミ評価の人気簿記スクールを比較してランキングを作成しています。

 

簿記予備校・講座・塾をお探しの方はまずは気軽に複数の学校へ資料を請求しておきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簿記専門学校評判&口コミの総合評価まとめ

 

簿記専門学校おすすめ&人気スクールで欠かせないのランキング7位の大原ですね。特に通学講座で評判なのですが、和歌山、松山、神戸、姫路市、浜松市、名古屋、京都、大阪など簿記学校が全国各地にありますので、上位の資格スクール大栄、TACと共に通学で勉強するのであれば視野に入れておきたいところです。

 

簿記通信講座ランキングの中で多いのが通信教育専門のスクールですね。ネットスクール、フォーサイト、ユーキャン、たのまな、クレアールなどが挙げられます。簿記学校おすすめの中で通信が多いので、通学で考えている方も自宅近くに校舎が無いのであれば簿記通信講座おすすめのクレアール、ユーキャン、たのまななどを視野に入れてみてはどうでしょうか?メリットを挙げると費用・学費の値段・価格が安い・格安であるケースが多いという点です。通学の方が簿記講座の費用の金額が高い傾向がありますので、コストを重要視する方、社会人で働きながら勉強と仕事を両立させたい方などにおすすめです。