公認会計士専門学校ランキング

公務員専門学校比較

MENU

公認会計士専門学校比較ランキング&おすすめ

 

人気のあるTAC公認会計士講座は横浜市、金沢市、池袋、渋谷、新宿、水道橋、八王子市、町田市、札幌市、津田沼、さいたま市、仙台市・・・など全国に通学教室がある業界大手です。その他の資格の大原やLEC東京リーガルマインドについても実力派ですので公認会計士専門学校評判&口コミ評価には優れています。さらに忘れてはいけないのが近年人気のある公認会計士通信講座おすすめの1つであるクレアールです。会計士講座には力を入れているので注目度は高いと言えるでしょう。

 

会計のスペシャリスト

 

会計系資格の中では最も専門性に優れている国家資格の1つです。

 

東証一部上場企業を筆頭に株式公開している企業や資本金が一定金額以上になっている規模の大きな会社については適性な経営をしているか、法律を遵守しているか?など様々なポイントにおいて監査される義務が発生されます。特に監査においては財務・会計書類のチェックですね。企業には収支を記録している書類がありますので、それらを細かく監査するのが主な公認会計士の仕事内容・業務内容になります。ちなみに公認会計士専門学校比較&評判についてはページ最後におすすめランキング共に掲載してるのでチェックしてください。

 

会社の内部だけで経営書類をチェックするのでは、やはり適性に判断するのは難しく、第三者の立場で未然に改善や粉飾決算等の事件を防ぐことに繋がりますからね。特に上場企業の場合ですと個人投資家、法人投資家など様々な株主によって支えられていますので、そのようなスキャンダルをすることで大勢の損失を招く結果になりますので、公認会計士の監査の仕事は欠かせないと言っても過言ではないはずです。

 

メインとなる仕事は監査ですが、実は多岐の分野において活躍することができます。実は公認会計士は税の上級資格と言える存在ですので、税理士の仕事をこなすこともできます。税理士会に登録するなど一定の手続きは必要ですが、税理士として活躍することができるのは大きいですね。そのため、事務所を開業することはもちろん、確定申告の代理業務、税務相談などをこなすことができるのです。

 

さらに最近で多いのはコンサルティングです。これは簡単に言えば公認会計士としての知識を依頼者に与える代わりにアドバイス料を貰う業務内容のことです。経営戦略の知識が豊富な会計士は多いので、コンサルティングとして企業に重宝されやすいのが特徴的です。コスト削減に悩んでいる企業はたくさんありますからね。公認会計士コンサルタントとしての需要は十分にあると言えるのではないでしょうか?

 

独立開業・就職・転職について

 

続いては公認会計士の資格取得後の就職・転職先や独立開業について解説していきたいと思います。

 

就職先として公認会計士で養った知識を活かせる職場は数多くありますが、その中でも就職・転職先に選ぶ方が多いと言われているのは監査法人です。日本の代表的な会社を挙げると新日本有限責任監査法人、有限責任あずさ監査法人、有限責任監査法人トーマツ、あらた監査法人になります。日本においてビック4と呼ばれているようです。その他の有名どころで言えば東陽、京都、太陽ASG、仰星、三優などが挙げられます。就職・転職を考えている方は注目しておきたいところです。補足で付け加えると四大会計事務所と呼ばれているのはアーンスト&ヤング、デロイト トウシュ トーマツ、KPMG、プライスウォーターハウスクーパースはまさに世界的な大規模会計事務所です。

 

ちなみに等ページでは公認会計士専門学校ランキング&口コミを紹介してます。予備校や通信講座を比較したい方はページを先飛ばししてみてくださいね。

 

また、公認会計士の転職・就職先として一般企業についても需要があるのが特徴的です。特に新興企業(ベンチャー)についてはM&A事業に力を入れているケースもありますので、財務・会計のスペシャリストである公認会計士のコンサルティングの需要はあります。

 

さらに独立開業・起業についてですが、資格取得後にすぐに会社を作るパターンより、一定年数経験を積んでから独立開業するケースが多いと言われています。仕事内容についてはかなり高度な内容になりますので、ある程度は勉強して力を付けてから独立を検討することをおすすめします。

 

平均年収・給料や将来性について

 

続いては多くの資格対策をしている方が気になる取得後の平均年収・給料についてです。合格までの勉強期間・学習時間が長いと言われている公認会計士試験ですので、平均年収・給与をモチベーションに日々頑張っている方も結構多いのではないでしょうか?将来性と一緒に解説していきます。

 

ズバリ!公認会計士の平均年収は800~1000万円程度と言われています。民間企業の平均年収が400万円弱のことを考えると相当な高収入であると言えるでしょう。ただ、注意しておきたいのが公認会計士の有資格者は近年増加傾向にあり、一括りに年収1000万前後を簡単に稼げる訳ではありません。実際に就職先が見つからない公認会計士をはじめ、独立開業しても稼げない人は結構います。将来性については安定感のある需要とニーズで、数多くある国家資格の中でも期待できると思いますが、昔に比べるとライバルが増えている分、新規で1人勝ちするのは難しい状況にあると言えます。公認会計士予備校費用・学費安い比較についてはもう少しで紹介しますので、ページ下へGO!

 

公認会計士の難易度・合格率推移

 

司法書士、国家総合職(官僚になるための試験)と並び日本三大国家試験の1つとされてます。難易度は凄まじく高く、合格率についても低いのが特徴的です。受験生のレベルもかなり高い水準にありますので、行政書士などの合格率の低さと比べても格別に難しいことが分かります。公認会計士試験の難易度は国内最上級である。今後の合格率の推移についても注目ですね。

 

公認会計士予備校ランキング【最新版速報】

 

公認会計士専門学校比較ランキングについて紹介!公認会計士専門学校おすすめはココだ!

 

なお、当サイトは評判&口コミ評価の人気公認会計士スクールを比較してランキングを作成しています。

 

公認会計士予備校・講座・塾をお探しの方はまずは気軽に複数の学校へ資料を請求しておきましょう!

 

 

 

 

 

公認会計士専門学校評判&口コミの総評

 

コストパフォーマンスを意識して安い・格安公認会計士専門学校を探すのであれば上記の4社は必見です。特にクレアールは超小規模の資格スクールですので、値段・価格の金額設定が比較的安いと評判になっています。公認会計士予備校費用・学費に注目するのであればクレアールは必見ですね。TAC、大原、LECの公認会計士講座については費用・学費にそれほど差はありません。

 

今回の公認会計士専門学校ランキングではやはりTACが上位に食い込みました。人気の理由は全国各地に通学講座があることや通信教育の教材レベルの高さです。また、講師陣の評判&口コミにも優れているので、TACは公認会計士試験を受験する方、独学で勉強中の方にも視野に入れておいて頂きたいところです。