保育士通信講座ランキング

公務員専門学校比較

MENU

保育士通信講座比較ランキング&おすすめ

 

保育士になるには

 

よく、「中卒・高卒で保育士になる方法を教えてください。」とインターネットのQ&Aサイト、掲示板などで質問をしている方がいますので、ここでお答えするとズバリ高卒では可能ですが、中卒で保育士になることはできません。なぜなら保育士になるには条件がいろいろとあるからです。保育士になるにはどうすればいいのか?についてまずは徹底解説していきたいと思います。なお、保育士通信講座ランキング、更には保育士通信教育比較などスクール・塾についての評判・口コミ等のおすすめ情報についてはページ下記で紹介していますので、保育士国家試験対策の予備校選びに奮闘中の方はそちらへどうぞ。

 

保育士になる条件については下記の通りになります。

  1. 大学・短大・専門で保育士養成課程を修了
  2. 保育士国家試験に合格する

 

ちなみに保育士国家試験は受験資格があります。

 

主に学歴条件、高卒の場合ですと児童福祉法に定められた児童福祉施設で2年間従事した人となりますので、一度社会人として働く必要があるようです。一般的に考えると大学・短大で一定の保育士養成課程を修了するのがベストの道かなと個人的に思います。保育士に関する必要な知識・技能を身に着けることができますし、就職についてもパイプ等でしやすいかなと思います。また、大卒・短大卒の違いですが、やはり4年制と2年制では初任給等に差が出てきますので、できるだけ高い給料を貰いたいのであれば大学への進学をおすすめしますが、2年間短大卒の場合ですと早く働くことができる点、結婚・出産を期に早期退職する女性保育士が多いので平均年齢が低い業界ですので、生涯賃金を比較するとそれほど差はないと思われます。

 

但し、4年制の大学と2年制の短大卒を比較すると2年制の方が4年制に比べて短期でカリキュラムをこなさなければいけないので忙しい毎日を送ることになります。のんびりと学生生活を楽しみたいのであれば大学の方がメリットがあるように思えますが、早く社会に出てバリバリ働きたいのであれば短大がおすすめです。ちなみに中卒で保育士を目指すとなると結構時間が掛かりますし、大変です。まずは受験資格を得るために下記のステップを踏む必要があります。(1つパターンとしてお考えください。)

 

高卒認定→保育士専門学校・短大

 

となりますので、まずは高卒の資格を取得することが第一歩になります。

 

仕事内容・業務内容※魅力やメリットを徹底解説!

 

公務員でも民間の保育所や保育園でも仕事内容はそれほど変わりません。シンプルに言えば資格名称の通りで「保育」をすることが大きな業務内容になります。

 

仕事に通じて実感しやすい魅力やメリットについてはやはり子供と遊んだり、教育・指導したりと成長を見守ることができる点ですね。他の職業ではなかなか体験することが出来ない魅力を実感することができます。

 

大切なのは子供好きだけで勤まるほど甘い職業ではないという点です。子供の保護者の相手をするのも保育士の役割の1つとされています。近年、モンスターペアレンツ化する親が多く、些細なミスでも激怒されるケースもあるようです。若い新米保育士の場合ですと保護者と上手に付き合うことが出来ずに辞めることを決意される方もいるようです。その他、子供の相手だけではなく雑務・庶務的な仕事も数多くありますので、頭を使って体を動かす必要があるので体力が無いと継続して続けるのは難しいでしょう。

 

就職・転職先について

 

保育士の就職について最初に皆さんが悩むのが公務員か民間企業か?についてです。簡単に言えば待遇・働きやすさを考え将来的に長く保育士として活躍して行きたいのであれば公務員にメリットがあると考えられます。また、メインになる就職・転職先である保育所以外でも児童厚生施設、乳児院、助産施設、児童養護施設、知的障害児施設、童家庭支援センター、情緒障害児短期治療施設、知的障害児通園施設、重症心身障害児施設など幅広い就職先が保育士にあるのが特徴的です。保育士の転職サイト・求人サイトを幅広く活用して自分に合った職場を見つけてみてください。

 

平均年収・給料・賞与(ボーナス)

 

民間と公務員で大きく保育士の平均年収・給料は異なります。初任給についてこそ私立・公立共に16~19万円程度とほとんど変わらないですし、最初の数年程度は一緒の水準の給料であることがほとんどです。しかし、勤務年数10年を超えてくると差はどんどん広がっていきます。30代、40代、50代と長期的に続けて行きたいのであれば仕事内容についてもほとんど一緒ですので、公立保育士になるために地方公務員試験にチャレンジすることをおすすめします。保育士の平均年収と言えば低いで有名ですね。同じ40代で例えると一般的に私立であれば300万円~400万円程度になります。公務員保育士だとそれが600万円前後になりますので、2倍くらいの差がつく可能性があると考えられます。私立の場合ですと経営状況によって賞与(ボーナス)の金額等が異なりますので、何とも言えませんが、一般的に公務員の方が待遇面で優れていると言えるでしょう。

 

保育士の難易度・合格率推移

 

保育士国家試験の合格率は10~20%程度で推移していますので、簡単に合格することができる甘い試験ではないことは確かです。しかし、保育士の難易度を全体的に考えてみるとそれほど難しい試験とは言えませんし、受験生のレベルについてもそれほど高くはありません。努力次第では大抵の方は合格を狙える難易度になっています。ちなみに公務員保育士になるには資格試験に合格後にさらに高い倍率の市職員や県職員の採用試験に合格する必要がありますので難易度はさらに高いと考えておくべきです。これから保育士国家試験予備校評判・口コミを紹介しますので、受験する方は是非参考にしてくださいね!

 

保育士通信講座や通学スクールを徹底比較!

 

保育士通信講座比較ランキングについて紹介!保育士通信教育おすすめはココだ!

 

なお、当サイトは評判&口コミ評価の人気保育士スクールを比較してランキングを作成しています。

 

保育士予備校・講座・塾をお探しの方はまずは気軽に複数の学校へ資料を請求しておきましょう!

 

 

 

 

 

総合評価を分析リサーチ

 

教材・サポート体制に優れている東京アカデミー保育士講座評判・口コミ評価に優れているのが大きな特徴の1つであると言えます。東京アカデミーと言えば公務員試験対策予備校としての実績も優れているので保育士スクールとして期待がもてる。また、ヒューマンアカデミーたのまな講座、ユーキャン、LEC東京リーガルマインドなど保育士通信教育で口コミ・評判になっているスクール予備校が多数あるのも嬉しいところですね。通信で選びならユーキャン、たのまな、LECで比較。通学なら全国展開している東京アカデミーがおすすめです!

保育士通信講座ランキング記事一覧

電気工事のお仕事をしている方や将来起業を考えている人にとって登竜門とも言えるのが電験3種になります。技術系の資格の中では特に有名で活用意味に優れていることは周知のことであると考えています。ただ、実際にどのような仕事内容や平均年収・将来性などについて詳しく知らないという方がほとんどではないか?と推測することができます。今回はなるにはどうすればいいのか?から電験三種の専門学校おすすめ比較まで幅広く解説...

長期高齢化社会において注目を集めているのは病院・クリニックでニーズのある医療事務になります。最近では専門学校や通信講座などを利用して関連の資格を取得して就職活動にPRする方は多いと言われています。男女の比率で見ると圧倒的に女性でなりたい!希望者が多く、最近では活躍の場も広がりつつあるので、注目しておいて決して損は無いでしょう。今回は医療事務の専門学校おすすめ特集や比較する方法などスクール・塾の選び...