中小企業診断士専門学校比較

公務員専門学校比較

MENU

中小企業診断士専門学校比較ランキング&おすすめ

 

TAC・クレアールの中小企業診断士講座口コミ&評判が優れていると話題に。このコンテンツでは中小企業診断士専門学校比較&おすすめ厳選ランキングなど予備校・スクール講座選びに迷っている方向けに構成されています。中小企業診断士学校費用・学費安い・格安のスクールや通信講座比較などについても触れていきます。なお、さっそくランキング結果が知りたい!という方についてはページ最後へレッツGO!通学でおすすめのTACは全国ネットワークで様々なエリアに校舎を構えていることで知られています。例えば北海道の札幌市をはじめ、東北地方最大級の経済規模を誇る仙台市、千葉県、新宿、渋谷、池袋、埼玉、神奈川(横浜)などの東京を中心として首都圏。その他でも中小企業診断士専門学校が大阪、神戸、名古屋、福岡、広島などにあります。

 

希少価値の高いコンサルタント系の資格

 

シンプルに言えば経営コンサルタント系の経済産業省大臣が登録する国家資格です。「経営コンサルタント」の肩書を持っている人は皆「中小企業診断士」の国家資格を持っている訳ではなく、特に独占業務は無いのが特徴的です。仕事内容については名前の通り、大企業より中小規模の会社を相手に相談・コンサルタント業務を中心になっています。会社経営には財務会計、企業法務、店舗運営、管理、人事労務・・・最近だとWEB・インターネットマーケティングなども重要になっています。経営に関する知識は幅広く必要でそれに対処することが出来ない規模の小さな会社に助言や経営の診断をする重要な役割を果たしているのが特徴的です。これらの業務は決して中小企業診断士の国家資格を持っていなくても経営コンサルタントの肩書を名乗ることはできますが、有資格者であればそれだけ顧客からすれば信頼性の高い担当者という印象をもってもらえるケースが多いのが特徴的です。また、試験科目には経営に関するアドバイスをするにあたって非常に重要な知識を学ぶことができるので、実務に活かすという意味でも取得しておいて損はなく、多少勉強に時間を使ってでも取得するメリット・価値のある資格だと言えます。ちなみに中小企業診断士専門学校比較&評判については後ほど紹介します。

 

また、ゼネラリストとして幅広い業務をこなす有資格者もいますが、今後は専門性を問われるケースが多く、スペシャリストとして活躍する人が増えてくるだろうと思います。自分の専門分野を作ることで需要が増えると思われます。例えばインターネットを使った経営戦略に優れているのであればSEOやWEBコンサルタントなどもいいですし、財務会計などお金に関する分野を専門的にするのもいいでしょう。実は中小企業診断士には幅広い選択肢が容易されていて、自分の得意分野を最大限活かせるチャンスがあるのです。結構、仕事内容・業務内容については感謝されるケースも多く、やりがいを感じている方も多いようです。中小企業診断士専門学校費用・学費安い・格安情報についてはページ最後に掲載!

 

独立開業への道、転職&就職先一覧について

 

就職・転職先についてはコンサルティング会社がメインになります。コンサル会社によってメインの分野が異なるので、自分が将来積んで行きたいキャリアに合わせて中小企業診断士の資格を活かして転職・転職するのがポイントです。例えばIT企業、M&A、アパレル・ファッション、不動産、銀行・金融系など様々ありますので、専門性を磨くのもいいでしょう。また、中小企業診断士求人・募集などで調べると応募することができる会社を紹介している転職サイトがなどがありますので、そちらの転職エージェントを見ることで具体的にどのような就職先があるのか、調べることができます。意外と企業内コンサルタントとして求人を出している会社もありますので、いろいろチェックしてみてくださいね。

 

誰もが夢見る独立開業に中小企業診断士は挑戦しやすい資格の1つです。理由はシンプルでコンサルティングが主な仕事になりますので、商品開発等は基本的にしないので、在庫が必要ありません。また、賃貸する事務所についても広い場所を借りる必要はなく、見栄えを気にしなければ1Rの事務所用マンションで十分です。簡単に言えば継続する経費がほとんど掛かりませんし、初期に準備する資金についてもまとまったお金が無くても十分始めることができます。起業するハードルが低い業界の1つなのです。ただ、同じ士業である弁護士、公認会計士、不動産鑑定士、弁理士のように独占業務がありませんので、顧客獲得はそれなりに営業努力が必要になります。簡単に起業することはできても、簡単に成功することができる業界ではないので気を引き締めて独立開業することをおすすめします。また、他の資格と活かしたビジネス展開も可能です。例えば労務系分野に力を入れているのであればFPや社会保険労務士などもいいでしょう。不動産関連のコンサルタントとして活躍したいのであれば宅建やマンション管理士、難易度は高いですが不動産鑑定士を目指すのもアリだと思います。その他税務関連であれば税理士など工夫することで様々なビジネスチャンスがあります。

 

難易度・合格率推移

 

試験の特徴は兎に角出題範囲が膨大にありますので、合格するまでに勉強時間・期間が掛かります。目安で言えば800時間~1000時間、1年~1年半くらいは確保したいところです。1次試験、2次試験共に難易度は高く、合格率についても低い推移が例年続いています。目安になる中小企業診断士試験の合格率については1次で低い時で15%、2次で低い時10%程度です。最終的な合格率については数%になりますので、中小企業診断士の難易度がいかに高いかが分かると思います。スクール・通信講座おすすめランキング情報はこの先に発表してます。

平均年収・給料を検証

 

試験合格・資格取得する前に知りたいことと言えばやっぱり平均年収・給料・ボーナスですね。果たしてどのくらいの収入があるのか?検証してみました。平均年収は概ね500万円~600万程度ですね。一般的なサラリーマンの平均年収と比較すると高い水準にありますが、稼げる資格と言われている弁理士や司法書士・税理士と比べるとそれほど高い平均給料ではないことが分かります。ただ、1人一人の収入には結構バラつきがある業界でもあります。人気の中小企業診断士だと年収1000万円以上独立開業して稼いでいる方もいますし、年収300万円未満の方も結構います。まさに実力によって収入が大きく変わってくる業界なのです。

 

中小企業診断士通学・通信講座おすすめランキング【最新】

 

中小企業診断士専門学校比較ランキングについて紹介!中小企業診断士専門学校おすすめはココだ!

 

なお、当サイトは評判&口コミ評価の人気中小企業診断士スクールを比較してランキングを作成しています。

 

中小企業診断士予備校・講座・塾をお探しの方はまずは気軽に複数の学校へ資料を請求しておきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

中小企業診断士専門学校評判&口コミの総合評価

 

診断士スクール比較!をしてみましたか?今回は評判&口コミ評価に優れている中小企業診断士講座や通信教育に厳選しました。やはり費用・学費の値段・価格・料金が安い・格安と言えるのは通信講座でお馴染みのクレアール、ユーキャン、通勤講座、レボの4社ですね。中小企業診断士予備校費用安い・格安で選ぶ方やコストパフォーマンスを意識するのであれば魅力的なスクール講座と言えるでしょう。

 

やはり中小企業診断士予備校おすすめランキングの上位に食い込むのは資格スクール業界の名門・大手であるTAC(タック)ですね。TACの中小企業診断士講座はコースの種類が豊富で受験初心者の方でも経験者の方でも安心して効率的に勉強を進めることができる仕組みが出来上がっているのが大きなポイントになっています。中小企業診断士学校の合格実績を視野に入れたスクール講座の選び方を考えているのであればTACは視野に入れておきたいところです。また、社会人の方でも仕事の両立することができるように中小企業診断士の夜間講座があるのもTAC評判&口コミ評価の理由になっていますね。

 

クレアールの中小企業診断士講座口コミ&評判は良好で人気があります。特徴はTACのように通学講座・校舎がなく、通信教育に特化している点です。実際にクレアールは中小企業診断士通信講座おすすめランキングにおいて上位に入るケースが多く、WEB動画を筆頭に通信教材の質に優れている点で評価されています。他社とは違った学習システムを導入していて効率的に勉強することができると評判です。

 

ユーキャンについてはテキスト・教材が分かりやすい・使いやすいと人気があります。費用・学費の値段についてもお手頃の金額になっているので、知名度が抜群のユーキャンに即決で決める方も多いようです。特徴は受験経験者向けと言うより初心者向けのテキスト構成になっていることです。初めて勉強・学習に取り組む方におすすめです。

 

その他、大原、LECはTACと比較されるケースが多いほどの大手中小企業診断士スクールです。LEC、大原専門学校についても視野に入れておきたいところです。

 

ちなみに大原専門学校は通学に強く、福岡、沖縄、大分、宮崎、札幌、千葉、仙台、水戸、宇都宮、さいたま市(大宮)、大阪、名古屋、神戸など全国の主要都市を中心に様々な地域に通学校舎があります。