宅建専門学校比較

公務員専門学校比較

MENU

宅建専門学校比較ランキング&おすすめ

 

不動産系資格の登竜門

 

不動産、建築、銀行、証券会社など様々な業界で需要のある資格です。例年約20万人程度が受験する超人気資格であり、マンモス試験でもあります。宅建と呼ばれることが多いのですが、正式には宅地建物取引主任者の名称になります。不動産業界を中心になぜ宅建が人気があるのか?簡単に説明しますね。

 

実は宅地建物取引主任者の設置義務というのが宅建業者にはあり、自分に従事する者の5分の1以上は宅建の資格を有するが必要があるのです。例えば宅建の10人中1人しか宅建資格保有者が居ない場合は一定期間内に是正しなければしないことになり、その期間に出来なければ設置義務違反になってしまうのです。

 

さらに宅建には独占業務が認められていて、物件に関する重要事項の説明や重要事項説明書への記名押印、契約内容記載書面の押印記名などを仕事をすることができます。アパートやマンションの賃貸契約を経験したことがある方の中には物件の案内をする人と重要事項の説明をする人が違った方もいると思います。宅建の資格を持っていないと一通りの契約を1人だけではこなすことが出来ないのです。そのため不動産業界では今後キャリアを積んで行きたい方や一歩上の仕事を任されたいのであれば宅建は必須になります。

 

実際に就職や転職で重宝されるケースが多く、いつ今の仕事を辞めて転職や独立してもいいようにチャレンジする方も多いようです。また、配置義務や独占業務がありますので、不景気にも強いと言われています。景気が良くても、悪くても一定のニーズはありますので、安定感を求めたい方にもおすすめすることができます。不動産業界以外でも金融業界など関連する企業全てに重要な知識を勉強することができますので、自己啓発の一貫でスタートをきってもいいのではないでしょうか。中には行政書士や司法書士など他の資格と來未わせて独立起業する方もいます。宅建専門学校で勉強して資格を取得することで様々な可能性が広がるのは事実です。まさに登竜門と言える存在です。

ステップアップしやすい

 

キャリアアップの一歩で宅地建物取引主任者試験合格を目指すメリットはその後様々な分野に知識を活かすことができるし、関連の資格を取得しやすくなるからです。例えば宅建の出題内容と重なる試験を挙げるとFP(ファイナンシャルプランナー)、公務員上級試験、行政書士、司法書士、社会保険労務士、マンション管理士、土地家屋調査士、管理業務主任者、建築士、不動産鑑定士・・・など挙げるときりがないほど出てきます。宅建取得後にマンション管理士→不動産鑑定士とスペシャリストを目指すこともできますし、宅建と行政書士の相性も抜群です。

 

資格取得において宅建はステップアップしやすいのです。

 

ちなみにページ最後に宅建専門学校比較やスクールランキングを作成しているので、飛ばしておすすめ宅建講座をチェックしてもいいでしょう。

宅地建物取引主任者の試験概要・難易度

 

上記でも説明しましたが、宅建試験は毎年多くの方が受験していて規模が大きいのが特徴的です。

 

合格率は14%~18%程度くらいですので、6人中1人くらいの割合で合格できることになります。

 

この試験には合格基準点が設定されているのですが、その合格点は毎年異なります。

 

30点~36点程度で例年合格ラインが定められていて、確実に合格をしたいのであれば8割以上の正解を目指したい【40点】ところです。業界ではここ10年以上のMAXが36点であることから、36点取ればまず合格することができるだろうと言われています。ちなみに合格ラインはその年の難易度によって変わっていて、合格率に合わせていると言われています。例年、試験後に合格点を予想する宅建予備校や専門学校・・・さらにはカリスマ講師の公式サイトが注目を集めています。ちなみに筆者は平成24年度に2ヶ月150時間で合格チャレンジ企画を実施しましたが、残念ながら32点で不合格という苦い体験をする結果になりました。(その年は33点以上で合格)

 

勉強や暗記には自信がある方ですが、あっけなく落ちましたので、実際結構ショックでした。

 

難易度格付けでは普通程度とされていますが、不動産関連の仕事に付いていない方にとっては馴染みのない問題出題が多いので、やはり確実に合格を目指したいのであれば200時間~300時間程度は対策したいところです。

 

バブル全盛期と比較すると受験者は大幅に減りましたが、現代においても安定的な受験者数をキープしている業界切手の人気資格です。

宅建専門学校おすすめランキング【最新版発表!】

 

宅建専門学校比較ランキングについて紹介!宅建専門学校おすすめはココだ!

 

なお、当サイトは評判&口コミ評価の人気宅建スクールを比較してランキングを作成しています。

 

宅建予備校・講座・塾をお探しの方はまずは気軽に複数の学校へ資料を請求しておきましょう!

 

TACe受付がおすすめ!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宅建専門学校評判&口コミ評価

 

今回の宅建専門学校ランキング【最新版】の調査分析は約1週間程度順位を決めるのに掛かりました。毎年宅建予備校おすすめランキングについては見直しを実施していますので、今通っている通学講座や通信教育の学校・塾を変えるのであれば当サイトを参考にして頂ければと思います。

 

ある程度ユーザーに的を絞って宅建学校を選んでもらうためにベスト10位までに順位の公開を絞らせて頂きました。ランキング上位の資格スクール大栄については大阪市(梅田・難波)、札幌市、仙台市、水戸市、東京都、新潟県、福岡県(北九州市や天神・博多等)、鹿児島市、那覇市・・・その他多数の地域に校舎を構える評判&口コミの宅建予備校・塾です。知名度が抜群である点はもちろん、サポート体制についても優れているので社会人で働きながらでも安心して受験に備えることができます。夜間講座や土日祝日対応は働きながらキャリアを積むサラリーマンにとっては嬉しい限りです。

 

続いては宅建通信講座を比較すれば分かりますが、安い・格安の料金・費用体制が評判になっている実力派のスクールであるクレアールです。当サイトの宅建専門学校比較ランキングでは毎回上位に入る人気で、ポイントは超効率的な学習システムです。通学可能な範囲に予備校・塾の校舎が無いのであれば通信講座というのも1つの手です。特に鳥取県、山形県、島根県、佐賀県、青森県、島根県、岩手県、福島県はスクールが少ないので視野に入れておきたいところです。また、ユーキャンについても宅建通信教育の評判&口コミ体験談で評価を得ている大手スクールで、テキスト教材のレベルが高いのがポイントです。ユーキャンと言えば初心でも分かりやすいようにカリキュラムが構成されているので、不動産業界で働いた経験がない方でも安心して勉強を進めることができます。現在、独学で勉強中の方についてもクレアールやユーキャンは視野に入れておいた方がいいでしょう。

 

その他、TAC、LEC、大原の宅建講座は比較されることが多く、3社は共に通学も通信も充実している学校です。札幌市、名古屋市、横浜市、千葉、埼玉、福岡、東京など主要都市を中心に全国に多数の校舎を構えています。ちなみに通信講座の教材には今話題のWEB動画、音声DL(ダウンロード)、DVDなどのタイプがあります。

 

当サイトで紹介している宅建専門学校を比較して自分に合ったタイプの講座を選びましょう!