行政書士専門学校比較

公務員専門学校比較

MENU

行政書士専門学校比較ランキング&おすすめ

 

街の何でも屋!書類作成代行のプロフェッショナル!

 

主な仕事内容は官公庁に提出する書類作成・代理、さらには相談業務(コンサルティング)などになります。書類の種類は非常多く、一説では1万種類以上の書類作成が行政書士の仕事の対象になるとさえ言われています。これだけの種類がありますので、それぞれ報酬単価が異なり、数千円程度~百万円近い案件もあります。しかし、実際には利益になるような仕事内容はそれほど多くなく、ほとんどの行政書士事務所では同じような業務内容をメインに対応している傾向があります。力を入れている案件の例を挙げると建設業許可申請・変更届、農地関連、車庫証明、風俗営業許可申請、古物商許可申請、入管・帰化関連、運輸関連、相続関連などですね。独立開業する場合ですと特定分野に絞って営業している事務所で成功しているケースが多いのが特徴的です。行政書士専門学校比較ランキングやおすすめスクール講座情報についてはページ最後に紹介してますので、チェックしておきましょう。

 

行政書士試験を受験する方で多いのは脱サラして独立開業したい方が多いのが特徴的です。結局のところ皆さんが気になるのは行政書士でどのくらい稼げるのか?という点が一番気になるはずです。折角決心して脱サラしても大幅に年収ダウンしてしまえば後悔するのがオチだと思います。稼げるかどうかについては本人次第ですが、一般的に平均年収は600万円~700万円程度と言われていますので、サラリーマンの平均年収より高い水準にあることが分かります。しかし、実際には行政書士で年間100万円以下の売り上げで食べるのに困っている方も結構いるのが実情です。その傍らで成功している方では年収1000万円以上の大台を超えている方や割合的には極わずかと言われていますが、年収1億円を超える大物行政書士もいるようです。行政書士の資格を取得すれば稼げるというモノではなく、結局は営業や独自のアイデアが成功のカギになっているケースが多いのが特徴的です。どの世界でも簡単に高収入を得ることは難しい時代です。行政書士の資格はある程度は強い武器になりますが、その武器を上手に使いこなせるかどうかが結局のところ大切になります。ただ本人の頑張りや努力で転職により給料アップを見込むことができる業界ですので、野心のある方や自分の努力を成果に反映させたい方におすすめです。

 

ちなみに雇われの正社員・アルバイトの行政書士の給料は大卒の初任給程度の薄給と言われていますので、いきなり独立しない方は修行と思ってある程度割り切って働く必要があるかと思います。

 

公務員は経験を積めば資格取得できるって本当?

 

実は公務員・・・その中でも行政事務を従事する者は一定の経験年数や条件を満たすことで資格取得が可能ということです。しかし、実際には公務員になれば誰でも行政書士の資格をゲットすることができる訳ではないのが現状です。その理由は公務員は民間企業との癒着を防ぐ観点から年十年も同じ部署で働くケースは滅多になく、部署によっては対象外になるケースが結構あるからです。公務員から行政書士に転職する場合は特認申請で登録・入会することができるか事前に確認しておくことを強くおすすめします。退職後に登録対象外だったなんて悲惨なことになら居ないように事前に確認・準備はしっかりしておきましょう。

 

行政書士試験の難易度や将来性

 

受験者数は例年7万人~9万人程度の人気資格の1つです。気になる行政書士の難易度ですが、合格率は5%~10%となっていますので、例年合格することができるのは10人中1人以下ですので、大抵の方は一発合格することは難しく、2~3年浪人する方もいますので、難易度は高い方と言えるでしょう。合格率を見れば分かりますが、誰でも合格することができるほど甘い試験ではなく、対策方法や行政書士専門学校・予備校選びが重要なカギになることは間違えないだろうと思います。ちなみに他の資格と比較するなら宅建より難しく、社労士よりは易しい試験です。

 

目安になる勉強時間・期間については大体500時間~600時間くらいですので、超短期合格を目指すなら3ヶ月でも十分狙えますが、一般的には早くて半年~1年、普通で1年半~2年、遅いと3年以上掛かるケースもあります。1日でどのくらい勉強時間に費やすことができるかが大きなポイントで、忙しい大学生、社会人と時間のあるフリーター・ニートで目標にする勉強時間が変わってきます。これから受験する方は行政書士は難易度が高い資格であると認識しておきたい方がいいでしょう。ただし、頑張れば勉強が得意でない方でも十分合格を狙えますので、諦めないで継続して頑張ることが大切です。

 

行政書士予備校ランキング【最新版】

 

行政書士専門学校比較ランキングについて紹介!行政書士専門学校おすすめはココだ!

 

なお、当サイトは評判&口コミ評価の人気行政書士スクールを比較してランキングを作成しています。

 

行政書士予備校・講座・塾をお探しの方はまずは気軽に複数の学校へ資料を請求しておきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通学講座・通信教育を徹底分析!

 

おすすめ行政書士予備校・専門学校は全国に多数ありますので、ランキングを公開することである程度はスクール講座を絞ることが出来たのではないでしょうか?当サイトは評判&口コミの行政書士専門学校に厳選してランキング掲載してますので、気になる塾・スクールがあれば気軽に公式サイトをいろいろとチェックしてみるといいでしょう。今回注目しておきたい司法書士予備校は通学・通信講座共に抜群の評判・口コミ評価を得ているTACです。コース・講座の種類が兎に角豊富にあり、初心者向けから受験を経験している上級者向け・・・さらには公務員試験と併願することができる行政書士講座までありますので、様々な受験生のニーズを満たしてくれます。さらに料金・費用についても質の高い教材やサポートを考えると当サイトで分析結果では安い・格安と言っても過言ではないだろうかと思います。行政書士専門学校の料金や費用を気にする方はTACのコストパフォーマンスを十分に知ってもらいたいので、公式サイトで詳細情報を確認しておくことをおすすめします。ちなみにTACは通学講座でも評価を得ていますが、通信教育でもWEB動画や音声DL(ダウンロード)など社会人の方でも仕事と両立することができる教材プランがありますので、注目しておきたいところです。

 

資格スクール大栄の行政書士講座は通学がメインと考えておきましょう。通信講座もありますが、どちらかと言えば力を入れているのは通学と言えます。人気の理由は法律初心者の方でも安心して勉強をすることができるようにとサポート・フォロー体制を充実させている点です。大学は法学部卒業である必要はないですし、高卒でも合格している方はたくさんいます。大栄で働きながら夜間講座や土日祝日講座を利用してチャレンジするのも1つの手と言えるでしょう。行政書士通信講座を比較するとTACに続いて評価が高いのはクレアールやユーキャンですね。クレアールは講義レベルが高いで有名ですね。短期合格を目指すために無駄なく効率的に勉強を進めていきたい方におすすめです。また、大手と比較する行政書士予備校の費用・料金が安い・格安と考えられる点も評価することができます。ユーキャンはすでに多くの方がお馴染みですね。CM等のメディア露出や流行語大賞など日本を代表する資格スクールです。その他、大原やLEC東京リーガルマインドなど大手行政書士学校・塾をはじめ、フォーサイト、エル・エー、東京法経学院は評判&口コミにも優れているので注目しておきましょう!