弁理士専門学校ランキング

公務員専門学校比較

MENU

弁理士専門学校比較ランキング&おすすめ

 

弁理士専門学校はTAC・LECで比較せよ!と昔から言われている弁理士通信講座・通学においてハイレベルの2社です。費用・学費で格安・安いのはどっち?と値段・価格など金額で選ぼうと思っている方もいるようですが、LEC・TACの弁理士予備校の費用・学費はほとんど同等程度です。TAC&LEC共に社会人向けの夜間講座や土日祝日講座があるのは非常に嬉しいポイントです。TAC弁理士講座評判&口コミで有名ですが、LECについても体験談口コミで優れた評価を得ています。受験者によってTAC、LECに好みが分かれるようですが、当サイトの分析、検証でTACが一歩リードしている結果になりました。詳しい弁理士専門学校・通信講座ランキングについてはページ最後をご覧ください。

 

名古屋、大阪、東京、神戸、横浜、仙台、札幌、千葉、埼玉、神奈川、浜松市、静岡、福岡、北九州市、沖縄など全国各地に様々な校舎がある大手予備校ですので、注目度が高い。

 

理系クリエイティブ資格!

 

日常生活において日々新製品は誕生し、我々の生活を豊かにしています。新製品を作るための発想・考案によって発明を成功させると特許権、意匠権、実用新案権、商標権などの産業財産権を弁理士に依頼するケースが多いのが特徴的です。弁理士の仕事内容・業務内容を簡単に説明すると産業財産権に関する幅広い分野の事務手続きの代行になります。特許に関する知識の無いド素人の発明家が即座にこのような高度な知識を理解し手続きを進めていくのは難しいので非常にニーズがあるのが特徴的でございます。新たに考えたアイデア・発明がすでに誰かの手によって登録されていないか?などの確認や調査をするのも弁護士の仕事内容の1つです。クリエイティブなアイデア・デザイン・発明に触れることができるので、そのような創造性を刺激されるとやりがいを感じるケースは多いのが特徴的です。また、弁理士は試験科目等の関係もありますが、文系出身者より理系出身者の方が一般的に向いていると言われています。文系でも弁理士として頑張っている方もいますが、資格の分類で言えば理系になります。弁理士専門学校比較や通信講座ランキング&口コミについてはページ下で確認。

 

弁理士の仕事は単なる特許の代理手続きでは終わりません。その独創的なクリエイティブな想像力を肌に触れて喜びを感じるだけではなく、特許関連・研究開発・発明のコンサルティングとしての需要もあるのが特徴的です。弁理士は実は希少価値の凄く高い国家資格の1つで、有資格者が日本に少ないのが特徴的です。そのため、特許・意匠・商標に関する知識においてアドバイスを求めたい一般企業が多いのです。今後はコンサルタントとして活躍する弁理士も益々増えていくことだろう。その他で言えば知的財産の仲裁、著作物に関する業務、技術売買、ライセンス契約など様々な業務・分野に仕事を広げることができるので、自分でどんどん開拓して行けるのが魅力的ですね。企業・個人の権利を守る、必要不可欠な職業!

 

就職・転職先・独立開業について

 

就職先・転職先の代表格になるのが特許事務所です。簡単に言えば弁理士が独立開業した事務所のことです。弁理士事務所ではなく、特許事務所と名乗るケースが多いのが特徴的な業界です。その他では企業の知的財産部などですね。弁理士求人・募集情報を見るとなかなかの高収入・年収・給料の案件が多いのが特徴的です。弁理士通信教育比較や弁理士専門学校ランキングは最後に要チェック!

 

また、転職エージェントで確認したところによると特許事務所の求人が多いのは東京・大阪などの主要都市で地方には少ない傾向があります。ちなみ口コミ・体験談では9時~17時と定時で帰れる職場が多く、働きやすいと感じている方が多いようです。人気のある資格の訳です。

 

また、独立開業・起業することも可能です。開業資金・初期費用が少なくても始めることができ、かつ在庫を抱えないので経費を少なく抑えることができるのが特許事務所開業の魅力・メリットです。営業努力によって顧客をゲットすることが大切になりますが、多額の借金を抱えなければ大きな失敗をするケースは少ないはずです。確かに弁理士とという希少価値の高いレア資格をゲットしても実力や努力が足りなければ成功することはできませんが、全く稼げていない弁理士はそんなには多くはないと言われています。むしろ起業・独立開業で成功すれば高収入を手に入れることも十分可能です。実際に年収2000~3000万円程度稼いでいる方も結構いるようです。将来性は数ある国家資格の中でも抜群に高いのがポイントです。

 

平均年収・給料

 

単刀直入に言えば稼げる理系資格として有名です。平均年収は800~850万円程度と言われています。これは不動産鑑定士、司法書士、税理士など高収入資格と比較しても若干高い水準にあります。

 

弁理士の平均年収・給料が高い理由はシンプルに有資格者がまだまだ日本に少ないからです。需要と供給のバランスの関係ですね。また、飲食店・小売業のように在庫がなく、知識をお金に変えることができるのは平均年収が高い水準になっている理由の1つだと考えられます。弁理士通信講座口コミ&評判やスクール塾おすすめについては後ほど紹介します。

 

難易度・合格率推移・勉強時間

 

国内最難関レベルの難易度です。10段階で言えば9~8くらいですね。理系では最上級の国家資格と言えるのではないでしょうか?弁理士の合格率については10%前後になりますので、極めて門戸が狭いと言えるでしょう。ただ、高卒、中卒などでも学歴要件が無いので受験することができますし、年齢制限もないので受験事体のハードルは低いと言えます。合格までの平均勉強時間・学習期間については概ね2500時間くらい掛かると言われています。期間で言えば2年~2年半くらいですね。社会人で働きながら勉強する方は弁理士予備校や通信講座など勉強環境を工夫することが合格の分かれ道になることもあります。ただ実際には2年で合格することができれば十分成功事例と言えるでしょう。実際には3年、4年勉強して合格にたどり着けない学生・社会人は非常に多くいます。できるだけ早期・短期合格するためには効率アップが欠かせない。

 

弁理士専門学校・通信講座おすすめランキング

 

弁理士専門学校比較ランキングについて紹介!弁理士専門学校おすすめはココだ!

 

なお、当サイトは評判&口コミ評価の人気弁理士スクールを比較してランキングを作成しています。

 

弁理士予備校・講座・塾をお探しの方はまずは気軽に複数の学校へ資料を請求しておきましょう!