建築士専門学校おすすめ

公務員専門学校比較

MENU

建築士専門学校比較ランキング&おすすめ

 

二級建築士、さらにはステップアップで一級建築士と上級資格を狙っている方のために取得するメリットやおすすめ建築士専門学校ランキング&評判など徹底的に紹介するページです。

 

なるにはどうすればいい?

 

この職業の最大の特徴は「なりたい!」と思ってもすぐになれるものではないという点です。建築士として働くためには国家試験に合格した選ばれた人材なのです。

 

また、実は国家試験を受験するには条件が存在するのも試験の特徴の1つです。なりたい!国家試験対策で勉強!などとスムーズに行くほど甘くはないのです。具体的に受験資格には①学歴②実務経験が存在します。
例えば大学・短大・高専で建築学科を卒業すれば実務経験なしで受験可能ですが、高校で土木科又は建築科卒業の場合ですと実務経験を3年以上積む必要があります。さらに言えば土木科、建築科を専攻していない場合は実務経験7年以上と受験ハードルは中々高いのが特徴的です。建築士になるにはできれば高校で土木科・建築科で卒業してすぐに実務経験を積むか、大学・短大・高専で建築学科を専攻して卒業するのが近道ということになります。

 

なお、業界における最上級の国家資格は何と言っても1級建築士です。2級建築士の場合ですと延べ面積500平方メートル以下を対象にした仕事と制限があるの対して一級建築士の場合は二級と比較して大幅に仕事の範囲が広がるのが特徴的です。その道のスペシャリストを目指すのであれば早い段階で2級合格、さらに1級合格を目指すことをおすすめします。なお、当サイトは1級・2級建築士専門学校比較ランキングを公開しているウェブサイトです。二級建築士講座口コミ・評判を探している方やさらには一級建築士通信教育費用格安を検索している人まで幅広く参考にして頂けるとありがたいと思っています。なるには?で大切なのは即行動である!ちなみに社会人からでもなれます。

 

仕事内容・業務内容の魅力・やりがい

 

仕事内容については大体は予想が付いているかと思いますが、建築物の設計が最大のメイン業務になります。設計図を描くスピードもそうですが、デザイン・センスが問われるなど才能があるか、ないかで大きく運命が変わってくる職業でもあります。20代、30代の頃はなかなか才能が認められなくても40代、50代で注目を集める建築士の方も数多くいます。また、仕事内容として設計図の作成を挙げましたが、それによって実行される建築作業現場での監督・指揮を取るのも非常に重要な役割の1つです。この仕事でやりがい・魅力を感じることができるポイントは自分のアイデアを形して残すことができる点です。そんな魅力的な仕事って他ではなかなか無いですよね?”結果が見える”というのは目標に向かってモチベーションを保ちやすい理由の1つになっているかと思います。高層ビル、高層マンションなどよりスケールの大きな建築物の設計をしたいのであれば、やはり一級建築士は取得しておきたい。どうしても二級建築士には制限があるので、キャリア形成が難しいので、バリバリ働きたいなら一級を目指そう!

 

この仕事に向いている方の特徴を挙げるとクリエイティブな発想と表現をすることができることです。固定観念を持っている方や固執した概念を持っている人にはユニークなアイデアは思い浮かびません。「ありがとう」と数多くの人に感謝され、大きな成果を実感することができる。これだけの感動を味わえる仕事はなかなか無いだろう。

 

ただ注意が必要なのは楽しいだけの仕事では無いという点です。もちろん、建築士の仕事の中で辛い・大変なこともあります。例えばミスは許されないという点です。他の仕事でもそうなのですが、この業界は特にですね。また、法律に関わってくるので常に勉強を欠かせない点、様々な人と上手にコミュニケーションを取る必要がある点、期限があるので残業が多く、激務の職場が多い点など大変・辛いと思われるポイントは結構あります。インターネットの建築士口コミ体験談、噂、2ch(2ちゃんねる)、Q&Aサイトなどを他人の意見をチェックするのもいいと思います。

 

就職・転職先の業界は?独立開業への道は?

 

せっかく苦労して建築士の資格を取得しても就職・転職先の会社からニーズがあるのか?という問題ですが、ハッキリ言えば建築士の資格を持っていても大手企業から採用される保証はありません。この業界は実力主義ですので、これまでの結果が重要になりますので、最初は多少待遇の悪い会社からスタートとして名乗りを上げるのもアリだと思います。このページは建築士予備校おすすめ比較!、さらには2級建築士専門学校ランキングなどを紹介しています。ページ最後に講座・スクールを比較しているページがありますので、ご確認下さい。

 

また、肝心な就職・転職先となる業界ですが、不動産業界、建築設計事務所、ゼネコン(建設会社)、リフォーム会社・・・さらには地方公務員や国家公務員の技術系である建築職としての活躍の場もあります。2020年に東京オリンピックを控えている日本において需要が期待できる業界の1つです。大学の教授、高等学校の教師などの進路もあります。建築士転職エージェントで求人・募集情報を一度チェックしてみるとイメージが湧きやすいと思います。

 

また、誰も一度は夢見る起業の道を開きやすいのも建築士の特徴です。いつかは独立開業で成功したいそう考えている一級・二級建築士は多いのではないでしょうか?独立すれば高い評価を受けやすいですし、自分の好きな仕事・報酬を設定することができるのでサラリーマン時代と比較して大幅に自由になります。それだけに苦労はありますが、挑戦してみる価値は十分あると思います。主に建築事務所として独立する方が多いのですが、一級と二級ではネームブランドにやはり差があるのが特徴的です。実力が同等程度であれば一級建築事務所に依頼したいというのが一般的な心理のはずです。独立するために費用・金額についてもそれほど在庫を抱える必要もないので少なく始めることができます。継続させるのは大変ですが、開始・スタートするのはそれほど難しくないのが特徴的です。

 

平均年収・給料を分析リサーチ

 

民間企業と公務員では差がありますね。一般的に一般企業より地方公務員や国家公務員の方が建築士の平均年収・給料の水準は高くなっています。安定感も抜群の職業ですので、民間企業からの転職で公務員試験を受験する方が多いのが特徴的です。地方公務員の場合ですと大卒程度・地方上級区分への受験がオーソドックスになります。

 

建築士の平均年収・給料をズバリ答えると概ね月収は35万円~50万円程度、賞与(ボーナス)は年額70万円~90万円程度、年収だと約550~600万円前後になります。ちなみに会社の規模によって待遇が違うケースが多く、大手だと年収700万円前後と言われています。

 

これはあくまで平均的な給与ですので、サラリーマンでも年収1000万円以上稼ぐ方は結構多いのが特徴的です。少し前までは公務員でも50代の定年近くになると順調に出世して行った方であれば年収1000万円以上を貰えた時期もあったようですが、現在においては都道府県・政令都市レベルの地方上級でもよほど階級が高いところまで昇給しないと難しいでしょう。建築士専門学校評判・口コミの発表や建築士予備校費用・学費安い・格安についてはページラストで徹底紹介!

 

また、独立開業した場合ですと稼ぐ人だと年収3000万円以上、稼げない人だと年収200万円以下と非常に差がある実力の世界です。

 

難易度・合格率推移・平均勉強時間

 

二級・一級建築士では難易度に差があります。二級についても難易度はそこそこ高いのですが、一級はそれをはるかに上回る超難関国家試験の1つである。建築・不動産系資格の中で言えば不動産鑑定士に次ぐ難しさだと思っています。合格率については2級建築士が20%前後、1級建築士が10%前後とかなり低い合格率推移になっています。勉強時間を考えても一級であれば1000時間~1200時間程度は学習期間に充てたいところです。

 

建築士通信講座及び通学ランキング※本気の試験対策はココ!

 

建築士専門学校比較ランキングについて紹介!建築士専門学校おすすめはココだ!

 

なお、当サイトは評判&口コミ評価の人気建築士スクールを比較してランキングを作成しています。

 

建築士予備校・講座・塾をお探しの方はまずは気軽に複数の学校へ資料を請求しておきましょう!

 

 

 

 

TAC・LEC・ユーキャン建築士講座を比較

 

上記のランキング結果はどうでしたか?通学ならTAC・LECで比較。通信教育であればTAC・LEC・ユーキャン建築士講座で比較するのが一般的です。受験者の多くは社会人ですので、多くの方は仕事と両立させることになりますので、できるだけ負担を軽くするために個人的には建築士通信講座がおすすめです。