社会福祉士対策講座ランキング

公務員専門学校比較

MENU

社会福祉士対策講座比較ランキング&おすすめ

 

社会福祉士対策講座費用・学費安い・格安など値段・価格に拘るのではなく、社会福祉士対策講座口コミ&評判を重要視して予備校を選ぶことが大切です。確かに安い・格安の社会福祉士学校・スクール塾は魅力的ですが、国家試験に合格できなければ意味はありません。学費格安の通信講座、費用・料金安い社会福祉士対策講座を比較することは確かに重要ですが、それ以外の点についても注目して見ていきましょう!おすすめランキングの最新速報についてはページ最後で発表していますので、参考にしてくださいね。なお、神戸市、札幌市、千葉、埼玉、仙台市、横浜市、名古屋市、大阪(梅田・難波)、京都、福岡、東京など全国の主要都市を中心に社会福祉士国家試験対策講座・予備校を探すと効率的ですので、是非参考にしてください!

 

福祉分野の上級資格!社会貢献を目指すならコレ

 

誰でも受験することができる国家試験ではなく、様々な受験資格・条件が存在します。最新の情報については試験実施要項について入念に確認しておくことをおすすめします。インターネットのウェブサイトですと古い内容や誤った情報を掲載している可能性もありますので、その点については非常に重要になってきますので公式を確認することです。

 

受験することができると勘違いして試験の勉強を開始しても途中で資格が無いことに気が付く人は稀にいますからね。時間を有効に使うという意味でも注意が必要です。(社会福祉士専門学校ランキングの最新版ならページ最後の通信講座比較&評判コーナーをご覧ください。)

 

ただ、個人的に社会福祉士になるためのルートとしておすすめなのは①福祉系の4年制大学②福祉系の短大・専門学校+実務経験の2つですね。この2つのパターンであれば効率的に社会福祉士の資格取得を目指すことができるかと思います。一般の大学や短期大学からのルートも存在しますが、高校の時からすでに社会福祉士試験を視野に入れているのであれば上記の2つのルートを参考にいろいろと調べてみることをおすすめします。

 

続いては仕事内容について簡単に分かりやすく解説していきたいと思います。これから国家試験を受験するくらいですから、既にある程度はご存知だとは思いますが、おさらいの気持ちで参考にして頂ければと思います。

 

主に日常生活において病院又は障害・ケガ等で困難になっている方の手助け(サポート)や自立の支援をするのが役割になっています。ソーシャルワークのように社会貢献度の極めて高い職業としてやりがいを求めて目指す方も多いと言われています。特に日本は65歳以上の年齢層の割合が多いとされている超が付く高齢化社会に突入していて今後その傾向は益々深刻化することが予想されています。需要は膨大にあるのですが、社会福祉士の人数が足りないという施設についてもかなり多く存在すると言われています。高校生の頃から目指す方もいますが、一度就職して、転職後に介護に仕事に出会い、社会福祉士試験にチャレンジするケースも珍しくありません。受験資格はいろいろとありますが、社会人で働きながらでも十分目指すことができる仕組みになっています。(社会福祉士国家試験対策の予備校おすすめ比較なら通信教育が人気!)

 

また、相談支援でサポートする仕事内容・業務内容についての比率は特に大きいのが特徴的です。悩みを抱えている方は高齢者以外にも存在しますし、様々な分野の不安・心配事を解決したいと訪問する方が多いので、それだけ社会福祉士には幅広い知識が必要とされています。それだけに日々の勉強が欠かせない職業の1つと言えるのではないでしょうか?その点については常に成長したいというモチベーションが無い方だと壁に当たりやすいのかなと思います。例えば相談内容で多いのは介護保険制度、障害者自立支援給付などですね。法律の改訂等もありますので、最新の情報を把握できるように努めるのも社会福祉士の使命であり、仕事内容の1つと言えるのではないでしょうか?

 

ただ、社会福祉士の資格を取らなければ悩める方の相談に乗ることができないかと言えばそうではありません。実は相談業務については特に社会福祉士の資格がある必要はないのです。但し、ネームブランドのある資格ですので、高度な知識を有している証明になり、信頼を勝ち取りやすいのは事実ですね。(社会福祉士通信講座ランキングならおすすめ予備校を徹底比較しているページラストへどうぞ!)

 

まとめると人と関わる機会が多く、1人一人との繋がりが大切になりますので、コミュニケーション能力・協調性・気配り等は必須項目と考えられます。人と話すことが好きでない方には到底勤まるとは思えませんね。また、介護・福祉分野の仕事を志す方はやはり社会貢献・人の役立つ仕事に重きを置く傾向が見られます。これからの社会にニーズのある職業にチャレンジしてみませんか?

 

就職&転職先!どこで働くの?

 

社会福祉士の主な活躍の場は福祉・介護系施設や医療機関になります。そのため転職&就職先については老人ホーム、知的障害者施設、精神障害者福祉施設、児童福祉施設などになります。また知識を活かして一般企業に転職・就職をする人もいますので、活躍の場は広がりつつあります。また市役所職員や県職員の資格・免許職として地方公務員として自治体で活躍することもできます。その場合ですと県や市が運営する施設に勤務するのが一般的ですが、場合によっては本庁で勤務になるケースもあります。自分のやりたい仕事や貢献したい分野によって就職先については変わってくると思いますので、まずはどのような社会福祉士求人・募集があるのか?転職エージェント等で確認しておくことをおすすめします。利用する転職サイトについても一社の人材紹介会社だけではなく複数の利用することで求める職場の求人を探しやすくなるかと思いますので、是非積極的に活用してみてくださいね。(社会福祉士専門学校比較&評判・口コミ評価を知りたい方は後もう少しでランキングページがありますので、早送りしてくださいませ。)

 

平均年収・給料・待遇はどう?

 

高収入を目指すから社会福祉士になろう!と目指す方は少ないと思いますが、いくら社会貢献をしたいと言ってもある程度の収入は確保して人並の生活水準を送りたいと平均年収・給料を気にする方は結構いると思います。確かにシングルマザーや一家の大黒柱ですと妻や子供に貧乏な思いをさせたくないという気持ちを持つは当然だと思います。社会福祉士の平均年収・給料について概ね答えるとサラリーマンの平均年収と同等程度または若干高い水準であると言えます。金額で言えば400万円~600万円程度の年収の方が多いみたいですね。

 

新卒採用者の初任給についても普通レベルですね。

 

ただ、社会福祉士は公務員か民間企業で働くかによって待遇が全く異なります。比較的、公務員の方が給与水準が高く、福利厚生についても充実している傾向がありますので、優秀な人材の多くは地方公務員になります。ただ、公務員試験は兎に角難しい就職試験ですので、なかなか合格することができない狭き門です。一度不合格になっても転職で働きながら再チャレンジする価値は十分ある魅力的な職業です。待遇を重視するのであれば公務員についても視野に入れておくことをおすすめします。

 

国家試験の難易度・合格率推移

 

続いてはそれくらい難しいのか?について着目して行きたいと思います。合格率については20%~30%程度になります。基本的に合格率は20%後半で推移していますが、年度によっては20%を下回るケースもありますので、注意が必要です。概ね4人に1人くらいが合格することができるので合格率が5%程度の国家試験があると思えばそれほど難しくないのかもしれません。但し福祉系の国家試験の中でもトップクラスの難易度になっていますので、ある程度の勉強時間・期間を設けて学習することをおすすめします。短期講座の社会福祉士予備校を利用して3ヶ月~4ヶ月程度で合格をする方もいるようですが、個人的に最低でも半年以上、できれば1年~2年は勉強したいところですね。つまり大学からストレートを狙うのであれば大学2年~3年くらいから準備しておきたいところですね。ただ大学4年からスタートしても合格を狙えるチャンスは十分にありますので、”いつから”でも挑戦してみてくださいね。ちなみに国家試験全体の難易度で比較すると社会福祉士国家試験は普通レベルになります。

 

社会福祉士国家試験対策講座の予備校おすすめランキング

 

社会福祉士予備校比較ランキングについて紹介!社会福祉士通信講座おすすめはココだ!

 

なお、当サイトは評判&口コミ評価の人気社会福祉士スクールを比較してランキングを作成しています。

 

社会福祉士予備校・講座・塾をお探しの方はまずは気軽に複数の学校へ資料を請求しておきましょう!

 

 

 

 

 

総合評価分析

 

社会福祉士対策講座、予備校・スクール・専門学校のランキングはいかがでしたか?東京で探すなら池袋、渋谷、新宿界隈は必須ですね。水道橋、御茶ノ水、立川市、町田市辺りについても要チェックしておきたいですね。その他で言えば神戸市、札幌市、横浜市、埼玉県、仙台市、名古屋市、大阪(梅田・難波)、京都、千葉県、福岡ですね。特に大阪は社会福祉士予備校が多いので自分に合ったタイプの講座・コースを選びやすいのかなと思います。また、静岡県、広島県、鹿児島県、岡山県、松山市なども穴場ですので、いろいろと分析リサーチしてみてください。

 

おすすめランキングの最終結果については通学でも通信講座・通信教育でも東京アカデミー社会福祉士口コミ・評判は非常に優れているのが印象的です。特に通学の学校を探しているのであれば東京アカデミー社会福祉士評判・口コミ評価は欠かせないと言えるのではないでしょうか?また、通信講座で評価が高いのは言わずと知れた大手通信教育の生涯学習のユーキャンですね。テキスト・参考書等の教材がシンプルで分かりやすい点やユーキャン社会福祉士講座の学費・費用・料金が安い・格安という点を考えると東京アカデミーとユーキャンで比較すると選びやすいと思います。ただできれば3校以上の予備校・専門学校で徹底比較してもらいたいので東京アカデミー&ユーキャンに加えて大原かLEC東京リーガルマインドを視野に入れておくことをおすすめします。

社会福祉士対策講座ランキング記事一覧

超高齢化社会において需要と供給のバランスが取れていないと言われているのが介護業界になります。老老介護という言葉が先走りになるように60代~70代が80代~90代を支えているような家庭は意外と多いのが現状になります。それくらい若い力が足りていない状況で需要はあるけど供給が追い付いていない状況が続いています。今後もそれについてはさらに広がってくると見込まれていて、「現場で働く方の待遇が労働に見合ってい...