社労士専門学校比較

公務員専門学校比較

MENU

社労士専門学校比較ランキング&おすすめ

 

社会保険のスペシャリスト&コンサルタント

 

労働&社会保険諸法令の基づく仕事が多いのが特徴的です。簡単に言えば労働問題・企業労務コンサルティングのエキスパートですね。少子高齢化社会を背景に急速にニーズが拡大傾向にある士業資格の1つです。例えば健康保険、雇用保険、労災保険に関することや企業の労働関連の帳簿作成・・・さらには独占業務以外の専門的な知識を活かしてコンサルティング業務をメインに活動している方もいらっしゃいます。(社会保険労務士専門学校を比較したい方や通信講座ランキングをチェックしたい方はページ最後へどうぞ!)

 

企業内での仕事では人事部を担当することが多く、人材の管理など労務関連全般を任されるケースが多いのが特徴的です。現在働いている会社で人事部のスペシャリストとしてキャリアを積んで行きたいと考えている方にはピッタリの仕事の1つだと思います。近年では高齢化社会の進行により年金受給者が増えてきているので、年金関連のコンサルタント業務についてもニーズが拡大傾向にあると言えます。社会保険労務士の仕事内容は多岐に渡り一概には言えませんが、独占業務を見る限り、派手な仕事は少なく、企業の縁の下の力持ち的な仕事内容が多いのが印象的です。ただ、今後コンサルティング業務の需要が拡大すると思われていますので、案件においては規模の大きい仕事を任せてもらえることもあります。

 

独立開業か企業社労士?あなたはどっち向き?

 

社労士の資格を取得する方は目標として大きく「独立開業・起業派」、「キャリアアップ派」の二通りに分かれていると思います。独立開業のメリットは頑張った分、結果を出した分、自分への成果として給料を受け取ることができる点です。努力が直に繁栄されやすいので、自分のビジネススキルに自信を持っている方や実力を試したい方などにおすすめです。さらに言えば社会保険労務士は独立開業の費用・資金が一般的な起業とは異なり、少額のお金で始めることができるので、皆が一般的にイメージしているより敷居が低いのが特徴的です。低予算で独立開業することができるカラクリは一般的に在庫を抱えていない点、従業員は最初は雇わなくても1人で会社を運営することができる点、仕事に必要な初期の設備投資が少ない点、それほど広い事務所を賃貸する必要はないので月々の維持費を抑えやすい点などが挙げられます。一番大きな点は在庫が必要ない点です。例えば食材を扱う会社であれば賞味期限があると捨てなければいけないことになり、ケースによってはマイナスになることもあります。しかし、社会保険労務士の仕事では商品を買ったり、売ったりする商売ではなく、サービスを提供する仕事になりますので、利益率が高く、参入しやすいのです。多くの方はお金を借りるにしてもそれほど大きな金額ではないので、失敗した時のダメージが比較的小さい傾向があるのも社労士独立開業のメリットと言えるのではないでしょうか。

 

逆にデメリットを考えるとやはり実力次第で売り上げが変わってくるので、会社勤め時代に比べて収入の大幅ダウンの可能性がある点です。成功すれば高収入を見込むことができますが、やはりリスクもある程度はありますので、その覚悟は必要でしょう。

 

また、独立開業する場合のアドバイスですが、行政書士、税理士、中小企業診断士など他の資格と組わせるといいですよ!

 

キャリアアップ派の方はおそらく現在働いている会社で社労士資格で勉強する知識を使っている方ではないでしょうか?サラリーマン社労士のメリットは安定的な収入を得ることができる点につきます。新規の仕事を獲得しないでも一定の勤務時間働けば毎月給料が支払われるので、安定した生活を望む方には理想的です。さらに会社によっては社労士資格取得が出世に繋がるケースや給料アップ又は資格手当の支給など収入面でのメリットがあるケースもあります。デメリットは企業内での仕事は雑務的な案件が多く、基本的に地味な仕事がメインになります。毎日同じような仕事で飽きる方も中にはいます。また、いくら頑張って仕事をしても給料には限りがあり、資格取得後も大幅の給料アップはなかなか見込めません。(社労士専門学校評判&口コミ情報をゲットしたい方はランキングコーナーへレッツGO!)

 

年収(給料)・難易度・合格率

 

社会保険労務士の平均年収は600万円~700万円程度と言われています。(年々バラつきがあり年度によっては平均年収300万円~400万円と言われいた時期もありました。)国家公務員よりやや高く、地方公務員と同じ位の給料水準ですね。ボーナスなしの月収で言えば約50万円~60万円程度であると予想できます。年収については独立開業組と従業員組でやや変わってくるのが特徴的です。

 

独立開業組では年収1000万円~3000万円程度の方は結構いますが、会社勤めの方だと高収入を得ている方は結構少ないのが特徴的です。年収1000万円を超えている方は実際になかなかいません。また、独立予備軍の社会保険労務事務所勤務の場合は年収・給料はかなり低いのdえ、独立前の勉強と思って割りきる必要があるでしょう。

 

続いては社労士の難易度・合格率についてです。単刀直入に言えばこの国家資格の難易度は高いです。労務関連の資格の中ではトップクラスの難易度で、合格までに必要な勉強時間は800~1000時間程度必要と言われています。短期合格する方でも半年、通常ですと1年~1年半くらい勉強して合格する人が多いようです。合格率についても7%~10%程度とかなり低い状況が続いているので、それなりの覚悟を持って対策する必要があります。法律系国家資格の行政書士より社労士は難易度が高いと言われています。

 

社会保険労務士専門学校おすすめランキング【最新版】

 

社労士専門学校比較ランキングについて紹介!社労士専門学校おすすめはココだ!

 

なお、当サイトは評判&口コミ評価の人気社労士スクールを比較してランキングを作成しています。

 

社労士予備校・講座・塾をお探しの方はまずは気軽に複数の学校へ資料を請求しておきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各社会保険労務士専門学校の評判&口コミ評価理由

 

業界で圧倒的に知名度が高いのはやはり大手のTACですね。TACの社労士講座は評判&口コミ評価に優れています。その理由はやはり高い合格実績と優秀な講師陣による講義ですね。さらに社会人でも安心の夜間講座や休日にガッツリ勉強することができる土日祝日開講ですね。学生でも社会人にもおすすめすることができる人気スクールです。さらに通学講座で選ぶのであれば忘れてはいけないのが資格スクール大栄です。札幌市、仙台市、盛岡市、神戸市、広島市、大阪(難波・梅田)、福岡など全国各地に校舎がありますので、馴染みのある方も多いのではないでしょうか?通学スクールとしての評判や体験談の口コミコメントで評価されているなど通学でも通信でも注目しておきたい社労士予備校です。ランキング上位のクレアールは通信講座専門の資格スクールです。取扱い講座は的を絞っていて、1つひとつの種類で力を入れてるのでクレアールの社会保険労務士試験対策はノウハウが詰まっているのが特徴的です。実際に費用・料金についても安い・格安社労士専門学校とコストパフォーマンスにおいて評価されているケースが多い学校で労務系資格分野では人気があります。

 

その他、誰でも知っていると言っても過言ではないユーキャンはテキスト・問題集等の教材に力を入れている会社で初めて受験する方でもシンプルで分かりやすい構成になっているので、初心者に人気があるのが特徴的です。難しい内容の問題でもかみくだいて解説しているので、インプットしやすいのが魅力です。また、ユーキャンの社労士講座の評判の理由で挙げられるのは講座の値段・価格が安い・格安である点です。費用・学費を最小限に抑えたい方におすすめ!さらに大原・LECなど知名度の高い有名社労士学校や近年注目を集めているフォーサイトは通信講座で人気があります。エル・エーについてもおすすめ社労士スクール比較してみてください。

 

学校を選ぶポイントで注意してもらいたいのは必ずしも通学に拘らないことです。自宅から離れているので無理に通っても続きませんし、せっかく高いお金を払っても逆に効率がダウンしてしまう可能性があります。そのような場合は上記の社労士通信講座比較ランキングを参考にスクール塾からいろいろ見てみてください!通学と変わらない本格的な学習を提供している会社は近年増えていますので!