皇宮護衛官の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

皇宮護衛官の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

皇宮護衛官の専門学校・予備校で評判・口コミ評価の高いスクールをまとめて調査・分析しました。

 

その結果をふまえて、皇宮護衛官専門学校おすすめランキングを作成しました。【皇宮護衛官予備校を含んで比較】

皇宮護衛官専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

 

 

 

 

 

魅力・難易度・倍率【競争率】

 

皇宮護衛官試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

まずは皇宮護衛官ってどんな仕事をするの?と疑問を持っている方のために謎に包まれている皇宮護衛官の仕事内容について解説していきたいと思います。

 

大きく「警備部門」、「警務部門」、「護衛部門」に仕事は分かれます。

 

警備部の仕事は皇居をはじめとする赤坂御用地、桂・修学院離宮、京都御所、正倉院、大宮仙洞御所、御用邸などに勤務して問題が起きないように警備活動をします。警備の業務を遂行するために日々訓練も重ねています。体を鍛えるのも仕事の1つと考えておいた方がいいでしょう。また、火災などの緊急事態が起きないように予防する業務などもあります。

 

警務部は簡単に説明すると会社で言えば総務部にあたります。皇宮護衛官の仕事が円滑に実施されるように庶務的な内容の業務が多くなります。主な仕事としては給料、福利厚生、収入・支出など予算管理、採用・人事などです。事務的な作業も多くなります。

 

最後に護衛部です。天皇皇后両陛下・皇族各殿下の護衛や警護をするのが主な業務で皇族を守る仕事であることから語学力など高い能力が求められます。時には白バイや騎馬で活動することもあります。皇宮護衛官の花形部署と言えるでしょう。行事に参加する皇族を護衛することができるなどやりがいを感じている職員も多いようです。

 

試験については大きく「高卒程度」、「大卒程度」で実施されています。募集枠が少ないので年度によっては「高卒程度」しか採用しないなど受験する方にとっても運が必要になってくる部分もあります。地方公務員の警察官採用試験に比べて難易度は高いのが特徴的です。倍率・競争率についても年度によって異なりますが、15倍~30倍は当たり前です。皇宮護衛官試験に強いの専門学校・予備校を活用するなど対策方法が重要になってきます。

 

皇宮護衛官試験の概要例(受験資格・科目)

 

平成26年度国家公務員皇宮護衛官採用試験(大卒程度)について簡単に紹介していきます。

 

採用予定数:16名

 

第一次試験:基礎能力試験(知能分野27題、知識分野13題)、課題論文試験(時事的な問題に関すること・具体事例課題)

 

*試験地は札幌市、多賀城市、大阪市、東京都、福岡市

 

第二次試験:人物試験、身体検査、身体測定、体力検査(基準に1つで達することができないと不合格)

 

*札幌市、仙台市、東京都、京都市、福岡市

 

年収・給料・ボーナス・出世事情

 

公安系の国家公務員ですので、事務・行政職に比べて給料・給与水準は高いので、平均年収・賞与(ボーナス)についても魅力を感じることができるはずです。出世についても努力次第では上級幹部まで行ける可能性は十分にありますので、高卒・大卒問わず出世目指して頑張りましょう。

 

「皇宮護衛官の専門学校」のページは終了しました。

 

*上記の内容は一部情報が古い可能性があります。正確な情報については採用試験公式ページをご覧ください。