海上保安官の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

海上保安官の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

海上保安官の専門学校・予備校で評判・口コミ評価の高いスクールをまとめて調査・分析しました。

 

その結果をふまえて、海上保安官専門学校おすすめランキングを作成しました。【海上保安官予備校を含んで比較】

海上保安官専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

 

 

 

 

 

魅力・難易度・倍率【競争率】

 

海上保安官試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

海の上の警察官と覚える人も多いようですが、警察官とは全く別の組織です。身分は国土交通省管轄の海上保安庁の職員の国家公務員になります。海上保安官は警察庁職員だと思っている人もいるようですが、それは間違えです。国土交通省になりますので、よく覚えておきましょう!最近では「海猿」など映画やドラマに登場してくる知名度の高い職業ですが、テレビで見ている仕事だけが海上保安官ではありません。ここでは少しだけ仕事内容について説明していきたいと思います。

 

業務内容は警備救難、海洋情報、海上交通に大きく分かれます。

 

警備救難業務では犯罪捜査など海上の治安を守るのが主な役割になります。例えば密航・密漁・密輸の取締りなどですね。その他、事故を未然に防ぐための指導・助言や海難事故が起きた時の人命救助を任されることもありますので、日々の訓練が大切になります。

 

海洋情報業務では水路の測量・海図の作成や海上の情報収集をするためにいろいろと調べます。

 

海上交通業務では灯台の航路標識の建設・運用などを実施しています。

 

試験は一般採用の海上保安学校学生、将来の幹部候補生の海上保安大学校に分かれます。察しの通り、難易度が高いのは海上保安大学校ですが、実は幹部候補生の公務員採用試験の中ではそれほど難しい試験ではありませんので、勉強が苦手な方でも十分合格を目指すことができます。倍率・競争率についてもそれほど高くはありません。海上保安官専門学校・予備校を活用して是非一発合格を目指して勉強してみてください!社会人で働きながら対策する方は通信講座もおすすめですよ!

 

年収・給料・ボーナス・出世事情

 

公安系の国家公務員ですので、事務系の職員と比較すると基本給が高いです。そのため20代前半~後半からでも海上保安官は一般平均より高い年収を受け取るケースが多いのが特徴的です。賞与・ボーナスについても基本的な給料が高いことから多く貰うことができます。

 

出世【海上保安官】については採用試験時の区分が結構影響してくるようですので、将来幹部を目指すのであれば国家総合職か海上保安大学校の合格を目指すことをおすすめします。

 

「海上保安官の専門学校」のページは終了しました。

 

*上記の内容は一部情報が古い可能性があります。正確な情報については採用試験公式ページをご覧ください。