食品衛生監視員の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

食品衛生監視員の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

食品衛生監視員の専門学校・予備校で評判・口コミ評価の高いスクールをまとめて調査・分析しました。

 

その結果をふまえて、食品衛生監視員専門学校おすすめランキングを作成しました。【食品衛生監視員予備校を含んで比較】

食品衛生監視員専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

 

 

 

 

 

資格のTACで過去に合格者が出ています。

 

魅力・難易度・倍率【競争率】

 

食品衛生監視員試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

技術系・理系公務員と呼ばれることもある職業の1つです。勤務場所については都道府県、政令都市、中核市、保健所設置市、厚生労働省、特別区などいろいろとあります。食品衛生監視員って何?どんな仕事をしているの?と気になる方も多いと思いますの業務内容や魅力について解説していきたいと思います。

 

飲食店等の営業施設の許可事務、営業施設に対する監視・指導、食中毒等の調査、食品検査、食品に関する苦情や相談への対応ですね。

 

営業施設の許可事務では営業許可基準を参考に合致しているか実地調査などをします。

 

営業施設に対する監視・指導では食品衛生法を基にに立ち入り権限、収去権限などで監視・指導を行います。

 

食中毒の調査では食品トラブルがあった時の他所や食中毒を起こした営業施設の行政処分や今後の防止などを行います。

 

食品の検査では事故・トラブルを未然に防ぐために食品の検査や規格や基準を基に確認します。
採用試験の難易度についてですが、国家公務員・地方公務員試験によって異なります。一般的に食品衛生監視員は国家公務員試験の方が難易度が高い傾向があります。倍率については全体的に10倍前後が多いのが特徴的です。試験対策の方法としては公務員専門学校や通信講座を積極的に活用することです。一般的に公務員スクールの講座では食品衛生監視員専門のコースは無いので、試験に対応できる別の講座を申し込むケースが多いようです。学生であれば通学、社会人であれば通信教育がおすすめです。

 

 

年収・給料・ボーナス・出世事情

 

年収・給料の平均的な数値については普通レベルです。行政職と比較して出世するためのポストが少ないので、最終的には同期から給与において差を付けられる可能性もあります。また、自治体・省庁によって給料が異なります。

 

「食品衛生監視員の専門学校」のページは終了しました。

 

*上記の内容は一部情報が古い可能性があります。正確な情報については採用試験公式ページをご覧ください。