財務専門官の専門学校

公務員専門学校比較

MENU

財務専門官の専門学校・予備校【評判・口コミ評価の高い】

財務専門官の専門学校・予備校で評判・口コミ評価の高いスクールをまとめて調査・分析しました。

 

その結果をふまえて、財務専門官専門学校おすすめランキングを作成しました。【財務専門官予備校を含んで比較】

財務専門官専門学校比較ランキング【人気予備校含む】

 

 

 

 

 

 

魅力・難易度・倍率【競争率】

 

財務専門官試験の特徴・魅力や難易度・倍率などの試験概要について説明します。

 

財政・金融に関する業務をする財務専門官の名前を聞いたことが無いという方も多いのでしょうか?実はこの採用試験の歴史はそれほど古くなく、比較的新しいのでそれも無理はないでしょう。仕事内容については大きく財政・金融・その他に分かれています。

 

財政では国の予算編成をチェックしてそれに対して無駄遣いが無いかなど確認します。災害立会、財政投融資、国有財産の有効活用なども財政部門の仕事です。

 

金融では地域金融機関の検査・監督、証券取引等の監視など専門的な知識を活かして仕事をする機会が多くなっています。

 

その他では地域経済の調査、広報・広聴などの仕事があります。

 

ちなみに職場としては北海道、東北、関東、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州、福岡の財務局管内などがあります。

 

試験の難易度【財務専門官】についてですが、公務員試験全体の難易度・倍率・競争率を考えると若干高いと考えておいた方がいいでしょう。最近では財務専門官試験対策の専門学校・予備校・塾なども結構ありますので、効率的に勉強を進めるために活用することをおすすめします。社会人など働いながら勉強する人は通信講座・通信教育【財務専門官コース】がおすすめです。

 

 

財務専門官試験の概要例

 

採用状況:平成21年度122名【男91、女31】、平成22年度83名【男55、女28】、平成23年度67名【男47、女20】、平成24年度94名【男65、女29】、平成25年度57名【男42、女15】

 

上記を見れば分かりますが、財務専門官の募集予定数は年度によってかなりバラつきがあります。また、女性が少なく、男性の割合が多いのが特徴的です。

 

1次試験希望地:札幌市、盛岡市、仙台市、東京都、新潟市、松本市、静岡市、名古屋市、金沢市、京都市、大阪市、松江市、岡山市、広島市、高松市、松山市、福岡市、熊本市、鹿児島市、那覇市

 

科目【1次】:基礎能力試験、専門試験(多肢選択式・記述式)

 

科目【2次】:人物試験(個別面接・性格検査)

 

年収・給料・ボーナス・出世事情

 

金融庁・財務省などで勤務することになりますので、財務専門官の給料・年収水準は高いと思われている方も多いと思います。しかし実際には他の国家公務員一般職の給料・給与水準とほとんど同じ位です。民間で言えば賞与・ボーナスの期末勤勉手当についても同水準です。

 

出世【財務専門官】についてはまだ試験事体新しいので調査・分析中に成ります。

 

「財務専門官の専門学校」のページは終了しました。

 

*上記の内容は一部情報が古い可能性があります。正確な情報については採用試験公式ページをご覧ください。